PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2011]Vol.04 展示会から見たあれこれ~気になるガジェット編1~
News

[CES2011]Vol.04 展示会から見たあれこれ~気になるガジェット編1~

#CES2011

2011-01-08 掲載

txt:江口靖二 構成:編集部

気になるガジェットたちを追い求めて!

展示会2日目である。昨年が「3D」と「電子書籍」一色だったのに対して今年は、事前情報通り「タブレット端末」がそれこそ星の数ほど展示されている。AndroidやWindows7を搭載したこれらの端末は従来のノートPCを同じように差があるといえばあるし、無いといえば無いといった感じだ。また苦戦が伝えられる GoogleTVもまだまだこれからといった感で各社から続々発表されているので今後の動向に注目したい。

CESは、なんと言っても玉石混合がおもしろい!その中から気になるモノが幾つも見つかるのだ。こうしたメジャーなニュースではないモノを中心にご紹介していく。

あのステディカムがiPhoneなどに対応して驚愕のプライスでついに発売

DSC_0350.jpg

ステディカムといえばプロフェッショナルの間では言わずと知れたスタビライザーの代名詞である。そのスティディカムがiPhoneや小型のビデオカメラに対応したのがこの「STEADICAM SMOOTHEE」だ。昨年のCESで発表され、日本ではInterBEEでもお目見えしたわけだが、ついに米国内で発売となった。さらに価格もなんど事前のアナウンスを下回る199USドルという設定である。

この手のギアは万人が使うわけではないにせよ、 YouTubeや USTREAMといった動画系サービスがますます注目、利用されている中で、手ブレや滑らかなパンやドリーといったプロカメラマンの特権が、またしても職人技ではなくなるという事態を招くわけである。

これは案外あるかも? デュアルスクリーンのアンドロイド端末

DSC_0385.jpg

大同小異といった感が否めないタブレット端末の中で、これは案外いいかもと感じたのがNECの「LT-W」だ。7インチ800×600のタッチパネル液晶を見開きで搭載しているAndroidタブレット機だ。

2画面の使い方だが、1画面でWEB、もう1画面で別アプリといった使い方や、最初から2画面を使うといった両方の提案をしている。2画面の前提の例としてはシステム手帳のようなものや見開きの書籍スタイルなどがデモされている。いわゆる電子書籍でも、活字だけの小説のようなケースは左右に見えるのは結局文字の羅列であるためさほど効果を感じないが、コミックや雑誌のような場合にはこれまでの紙媒体に慣れているせいなのだろうか、非常に読みやすく違和感が少ないのが印象的だ。

また大画面に2つのウインドウを展開したケースと比べても、1画面に1情報といった方がどうも人間には適しているように思われた。

早くもあのKINECTに強力ライバルが登場

DSC_0296.jpg

5日のキーノートで全世界ですでに800万台を販売したと語った「KINECT」。新しいマン・マシンインターフェイスとしてWiiリモコンを凌ぐとも言えるKINECTは XBOX360専用である。そのためになんとかPCでも使えないかと様々なハッキングが行われている矢先に、強力なライバルが登場した。ASUSの「XtionPRO」はUSB2.0接続でWindowsに対応したリアルタイムモーションキャプチャー製品だ。

DSC_0382.jpg DSC_0381.jpg
このWebカムで認識する 談笑している二人を認識している様子

PCゲームは勿論のこと、インタラクティブなデジタルサイネージなどにも応用範囲が広がりそうだ。


究極の3Dを手軽に実現

egDSC_0322.jpg

会場内には今年もメガネ有り無しを含めて3DTVに関する展示がこれまた溢れているといって過言ではない。そんな中でホログラムのように空間上に映像が浮かんでいるかのように見えるのが3次元(3D)ホログラフィック・ディスプレイ「HoloAD Diamond Series」だ。原理は案外ローテクで、筐体上部の天版の裏側に3枚の液晶ディスプレイが組み込まれており、ピラミッドのように斜めに設置されたガラス板に上からの映像が写り込んでいることで、180度どちらの方向から見ても立体的に画像が見えるというわけである。

egDSC_0325.jpg

これが家庭のテレビ用に用いられるわけではないと思うが、展示映像などではその効果を発揮しそうである。ただし価格が5000USドルというのが気になる。

クレジットカード自体にセキュリティ機能を付けてみました

DSC_0312.jpg

何かとセキュリティが問題となるクレジットカード。昨今はICカード化されてはいるものの、カードナンバーや名前、有効期限などはカード表面に思いっきり書かれたままだ。そこでカード自体にセキュリティ機能を搭載したのがDynamics Incの「The Dynamic Credit Card」だ。

egcDSC_0314.jpg

「Hidden」というサービスでは カード自体にABCDEの5つのキーが内蔵されており、これがもう一つの暗証番号となっている。 カード表面のカードナンバーの一部がマスキングされていて、正しい暗証番号を入力しない限りカード面には表示されないし、カード自体も有効にならないというものだ。他にも「MultiAccount」では、複数のカードナンバーを選択できたり、「Redemption」ではいわゆるポイントとクレジットのどちらかを選択できるというものだ。これはカードのセキュリティの標準となっていくのかも知れない。

音楽にマッチした画像を自動で選んであげる

DSC_0348.jpg

グレースノートといえばわずか二人が趣味的に始めたCDDBからスタートして、いまや特徴量抽出技術を核にした音楽メタデータ生成の中心的な企業であるが、一般コンシューマーが直接その名前を知るわけではない。数年前からCESに、昨年は日本のCEATECにも出展しており、今回のCESではサウスホール2階の入り口正面に巨大なブースを構えている。展示の多くはテレビメーカーやアップルに提供している楽曲メタデータサービスの紹介であるが、今回初めて、楽曲だけではなく画像に関する展示を行っていた。

egchDSC_0340.jpg

展示は車の中という設定で、実際にBMWを会場に持ち込み、カーオーディオが再生している楽曲に合わせた静止画を自動的に選択して、後部座席のディスプレイに表示するといったものだ。楽曲のメタデータにたとえばアップテンポとかムーディーとかいったようなメタデータが付加されていて、同様に写真にも付加されて同様のデータをマッチングさせるというものだ。

こうした技術を用いれば、ドライブコースに併せて自動選曲したり、部屋で流れている音楽に合わせてテレビに映像を表示するといったことも可能になるわけだ。ひょっとするとこの選曲や映像選択自体が「誰々セレクト」のような付加価値を生み出すのかも知れない。


[ Category : , ]
[ DATE : 2011-01-08 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2011]Vol.06 CES2011のテーマは「テレビのスマート化」と「カムコーダーの3D化」

txt:西田 宗千佳 構成:編集部 今年のCES、を振り返る。特にAVに関わる業界のテーマはなにか? International CES 2011が終了した。世界最大の家電ショーは... 続きを読む

[CES2011]Vol.05 展示会から見たあれこれ~気になるガジェット編2~

気になるモノは、会場に落ちている。 展示会3日目である。会場内では「何か面白いものあった?」「それどこで見つけたの?」と挨拶代わりに互いに言葉を交わす。そんな風景を多々目にする。... 続きを読む

[CES2011]Vol.03 展示会から見たあれこれ~初日発表されたキヤノンのカメラとは?~

本年も始まった展示会 世界最大の国際家電見本市、International CES 2011 が米国ラスベガスで絶賛開催中だ。そして本日いよいよ巨大な展示会場がオープンし展示会初... 続きを読む

[CES2011]Vol.02 ソニーがTVを再定義~その鍵は3Dのある日常?~

txt:Tom INOKAWA今年もライブ配信されたソニーのプレスカンファレンス 今年のソニーは、どこまでも一貫して3Dである。全ての領域に怒濤のように3Dのプロダク... 続きを読む

[CES2011]Vol.01 今年のテーマを探る「CES Unveiled」を覗いてみる

CES2011をスニークレビューするCES Unveiled開催 会場の外には多くのプレス陣が並ぶ。 電化製品全方向位の展示会のため取材陣だけでも大挙して押しかけてくるのが、Int... 続きを読む

[CES2011]Vol.00 CES2011開会直前に思う事あれこれ

会期2日前からプレスルームは、多くのプレス陣が...。    Txt:Tom INOKAWA お正月気分をぶっとばせ! 昨年の会場の様子 お正月気分が覚めやらぬままにやってくるの... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2011]Vol.04 展示会から見たあれこれ~気になるガジェット編1~