PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2011]Vol.06 CES2011のテーマは「テレビのスマート化」と「カムコーダーの3D化」
News

[CES2011]Vol.06 CES2011のテーマは「テレビのスマート化」と「カムコーダーの3D化」

#CES2011

2011-01-10 掲載

txt:西田 宗千佳 構成:編集部

今年のCES、を振り返る。特にAVに関わる業界のテーマはなにか?

International CES 2011が終了した。世界最大の家電ショーは、出展メーカー、製品、サービス、来場者など全てにおいて圧倒的だった。そこで本来の家電ショーであるCESの今年のテーマを探ってみた。テーマは大きく二分できる。「テレビのスマート化」と「カムコーダーの3D化」が2011年のテーマだ。

tab02.JPG
パナソニックが開発と2011年中の発売を表明した「VIERA tablet」。アンドロイドOS採用、テレビと連携を行う機能を持つとされるが、詳細は未公開

まず一つ目の「テレビのスマート化」。もうすこし別の言い方をするなら、「携帯電話に起きたことがテレビにも起き始めている」と言った方がいいだろうか。 ご存じの通り、携帯電話の世界では「スマートフォン」への移行が進んでいる。アンドロイドやiOSといった汎用OSをコアに、オープンなインターネットのコンテンツの利用と「アプリ」と呼ばれる小規模ソフトの追加ができる形を整えることで、電話から真のモバイルコンピュータへと姿を変えた。

tab03.JPG
ソニーエリクソンが2011年第1四半期に発売を予定している新スマートフォン「Xperia Arc」。すでに日本語で動作しており、春には日本でも販売を開始する

ハードウエアメーカーの動きは活発だ。LG電子やサムスン、モトローラといった、元々携帯電話を得意とするメーカーはもちろん、DELLやASUSといったPC系メーカーも一斉に、OSにアンドロイドを採用したタブレット端末やスマートフォンを主軸製品に据えている。中国系を中心とした、もっと小さな規模のメーカーは、デザインやクオリティ面で見劣りはするものの、積極的にアンドロイドを使ったタブレット端末を展示している。単にアンドロイドを使った機器を作るだけならどのメーカーにも可能であり、すでに特別な技術はない、というのが正直な印象だ。

アンドロイドをコアにした「スマートなデバイスの増加」が、今回のCESのトレンドであることは間違いない。

テレビの「スマート化」の隆盛を見る

tv01.JPG
サムスン電子が展開する「SmartTV」機能。2010年中より機能としては提供を開始していたが、スマートフォンとの連携やアプリを買って追加する「マーケットプレイス機能」などを強化し、2011年はビジネスを本格化する

韓国系の2社である、LG電子とサムスンが打ち出したのは、そのものズバリ「SmartTV」というコンセプトだ。高度なウェブブラウザを核に、アプリケーションの追加やインターネットベースのビデオ・オン・デマンドを搭載、操作はスマートフォンやタブレットからも行える、というのが、両者の基本的な考え方である。

それに対して日本メーカーはどうか…というと、実はしっかりやっているのである。パナソニックは2008年より展開していた「VIERA Cast」を「VIERA Connect」に改称、よりオープンで積極的なテレビ向けアプリサービスに変え、今回はUstreamの視聴にも対応した。シャープは「AQUOS Net」という名称で2009年よりサービスを展開中。そしてソニーはGoogleと組んで、俗に言う「Google TV」こと「Sony Internet TV Powered by Google」を2010年10月より発売している他、BRAVIAシリーズにも、「Quriocity」「Hulu」をはじめとしたネット配信サービスと、米ヤフーが提供する「Yahoo! TV Widget」を搭載している。

どこもやっていることなのに、会場ではなぜか「韓国勢がSmartTVという潮流を作り始めた」という印象を持つ人が多かったようだ。それはすなわち、スマートフォンやタブレットで先行する韓国勢が、それと同じようなイメージの用語を使って「テレビの多機能化をはじめた」というマーケティングキャンペーンをはじめた、というのが実情だろう。これは非常にうまい作戦だ。

韓国勢2社は現在、北米のテレビ市場でシェアトップを占めている。その元となったのが、2008年に、バックライトにLEDを使った液晶テレビに「LED TV」という名称をつけて販売したことである。画質よりも薄さとデザインと買いやすさ、そして「新しいイメージ」を持ち込むことで、ビジネスを成功に持ち込んだ。ネット対応における「高機能テレビ」でも、同じ作戦を採ろうとしているわけだ。

tv02.JPG
ソニーが「技術展示」として公開した、ヘッドマウント型の3Dディスプレイ。1280×720ドットの有機ELパネル2枚をディスプレイとして使い、目の前に二重像のない3D表示を実現する。商品化予定は公表されていないが、「このまま販売しても10万円を超えることはない」(ソニー関係者)という

それに対し日本勢は、すでにネット対応をすすめていることもあり、いくつかの新機能をのぞくと「3D」を軸とした画質方向での改善をアピールするものが多かった。昨年以降、東芝がグラスレス(裸眼)方式による3Dテレビの開発をすすめている関係上、ソニーもグラスレス3Dテレビやヘッドマウントタイプの3Dディスプレイを展示し、「うちもやればすぐできる」(ソニー関係者)ことをアピールする作戦に出ている。韓国勢が、特別な技術が不要で、低コストかつ「軽い」メガネが使える「偏光方式」重視に舵をきってきたこととは、対照的な流れといえるだろう。

なお、実はパナソニックも、3Dに関しては大きな発表を準備していたという。元々はCESにて「3Dメガネの統一規格」に関する発表を予定していたのだが、こちらは種々の事情によりキャンセルされ、会場や会見で見かけることはなかった。

カムコーダーの3D化が3Dの普及を促す?

cam01.JPG
ソニーの3Dカムコーダー「HDR-TD10」。レンズも撮像素子も2つなら、処理系のLSIまで「デュアルコア」だという。フルHD/60iでの撮影が可能

テレビの側は、3Dが「新しいもの」ではなく、より画質の良いもの・楽に使えるものを目指すフェーズに入ったのに対し、スタートのフェーズに入ってきたのが「3D対応カメラ」だ。特に注目は、ソニーとJVCが二眼式・フルHD対応の民生用カムコーダーを発表したことだ。多くのカメラは「サイドバイサイド」での収録であり、低コストで小さくまとめられる一方で、横方向の解像度に不満が残る。ソニーとJVCの製品は、どちらもそれなりに大きなサイズではあるが、解像度の問題はない。他方で、低価格な3Dウェブカメラや2D-3D変換機能入りの2Dカムコーダーも登場している。「そこそこの価格で民生用でもあなどれない高画質」という製品と、「200〜400ドルだが十分な画質」が両立しているあたりが、現在の市場のバランス感覚といえそうだ。

cam02.JPG
JVCのカムコーダー「GZ-HM960」。2D撮影用のレンズしかもっていないが、2D-3D変換機能と裸眼式の3D対応液晶ディスプレイを搭載し、その場の情景を3Dで残すこともできる、ユニークな存在

米Sony Electronics社長のPhil Molyneux氏は筆者に「2011年からパーソナルコンテンツの3D化が広がり、3Dのマーケットを後押しする」と話した。これはまったく同感で、下手をすると映画コンテンツ以上に「3Dテレビへの買い換え」を後押しする力を備えていそうだ。

2012年のInternationalCESは、1月10日から13日の予定で開催される。何が出てくるのかはまだ予想はつかないが、新しい技術や流れを掴むことができる事の展示会にまた来年期待したい。


[ Category : , ]
[ DATE : 2011-01-10 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2011]Vol.05 展示会から見たあれこれ~気になるガジェット編2~

気になるモノは、会場に落ちている。 展示会3日目である。会場内では「何か面白いものあった?」「それどこで見つけたの?」と挨拶代わりに互いに言葉を交わす。そんな風景を多々目にする。... 続きを読む

[CES2011]Vol.04 展示会から見たあれこれ~気になるガジェット編1~

txt:江口靖二 構成:編集部 気になるガジェットたちを追い求めて! 展示会2日目である。昨年が「3D」と「電子書籍」一色だったのに対して今年は、事前情報通り「タブレット端末」がそ... 続きを読む

[CES2011]Vol.03 展示会から見たあれこれ~初日発表されたキヤノンのカメラとは?~

本年も始まった展示会 世界最大の国際家電見本市、International CES 2011 が米国ラスベガスで絶賛開催中だ。そして本日いよいよ巨大な展示会場がオープンし展示会初... 続きを読む

[CES2011]Vol.02 ソニーがTVを再定義~その鍵は3Dのある日常?~

txt:Tom INOKAWA今年もライブ配信されたソニーのプレスカンファレンス 今年のソニーは、どこまでも一貫して3Dである。全ての領域に怒濤のように3Dのプロダク... 続きを読む

[CES2011]Vol.01 今年のテーマを探る「CES Unveiled」を覗いてみる

CES2011をスニークレビューするCES Unveiled開催 会場の外には多くのプレス陣が並ぶ。 電化製品全方向位の展示会のため取材陣だけでも大挙して押しかけてくるのが、Int... 続きを読む

[CES2011]Vol.00 CES2011開会直前に思う事あれこれ

会期2日前からプレスルームは、多くのプレス陣が...。    Txt:Tom INOKAWA お正月気分をぶっとばせ! 昨年の会場の様子 お正月気分が覚めやらぬままにやってくるの... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2011]Vol.06 CES2011のテーマは「テレビのスマート化」と「カムコーダーの3D化」