PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2012]Vol.04 展示会場で見かけた映像系あれこれ1 ~いろいろあります、ちょっと変わったディスプレイの使い方
News

[CES2012]Vol.04 展示会場で見かけた映像系あれこれ1 ~いろいろあります、ちょっと変わったディスプレイの使い方

#Report NOW! #CES2012

2012-01-13 掲載

txt:江口靖二 構成:編集部

思えば薄くなったものだ…

軽くて、薄くて、高精細。ディスプレイは様々な方向に進化している。今後ますますいろいろなシーンで使われていくであろうディスプレイ利用がCESにはたくさん提案されている。会場では一対何枚(かつては何台?)のモニターが使用されているのだろうか?展示会が始まり今年は、昨年より確実に来場者は激増。どこに行っても薄型モニターの前には黒山の人だかり。そんなにテレビが好きなのか?というくらいの反映ぶりである。そんな山積みモニターの切り口でいくつか紹介していこう。

4K2Kは大画面とは限らない パナソニックの20インチ4K IPSα液晶ディスプレイ

DSC_9794.jpgパナソニック 4K IPSα液晶ディスプレイ

CES2012でのディスプレイ関連のトレンドのひとつに4Kや8KといったフルHDディスプレイの4枚分、あるいは16枚分に相当する解像度の展示がある。こう書くと4倍や16倍の大画面をイメージしがちであるが、解像度と画面サイズはイコールではない。

パナソニックのIPSα液晶ディスプレイは4K2Kの解像度で画面サイズは20インチである。通常のディスプレイの4枚のサイズは一般家庭では設置が難しいため、20インチといったむしろ小型のサイズで高解像度を実現させることによって、見た目の印象も含めてより高精細で、設置もしやすく大きなセールスにも結びつけようというものだ。実際にデモ映像をみると人間の目のほうが追いつかかいといった印象がするほどディテールまでも再現される。やがてはベッドサイドのテレビも4Kという日がじきにやってくるのだろう。

メガネがないのはやっぱりいいね、東芝のグラスレス3Dディスプレイがさらに進化

DSC_9768.jpg東芝 グラスレス4K 3Dディスプレイ

東芝のグラスレス3Dディスプレイは何度目の展示会登場だろうか。昨年のベルリンでのIFAや、日本のCEATECからまた一歩リアルさを増して、4Kのモデルが展示されていた。昨年のCESではまさに各社とも3D一色であったが、メガネを掛けさせられるという非日常的な行為だけが原因ではないだろうが、国内の実際の3Dは期待ほど盛り上がっているとは言えないのは周知の通り。

東芝のグラスレス3Dはレンチキュラーレンズを可変させるという高度な技術であるが、その自然さは眼鏡なし部分もあわせてなかなかリアルだ。映像を見ていると我々が求めているのは決して立体視ではなく臨場感であることがよくわかる。他にも数社からグラスレス3Dディスプレイが展示されているが東芝がアタマ2つ以上先を行っている。

GoogleTVのリモコンはやっぱりキーボード付き

EGUCHICES2012DSC_9506.jpg ソニーのGoogleTVリモコン

初代のGoogleTVのリモコンは、テプラかと思うくらいのキーボードがどう見ても操作する気分を失わせるものだった。販売も絶不調で、ロジテックは撤退。代わりにサムスン、LG、Marvellなどが新規に参入した。これまでの不振の理由は、テレビ局側のメリットを見いだせないためにコンテンツが出て来ないことも大きな原因だ。12日に行われたYouTubeの基調講演でもGoogleTVに関する発表もなく、先行きは見えない。

初代のバージョンよりは確かに操作性は上がったのだが、テキストベースの検索から話が始まるという点は変わりがないようだ。そうである限り、事前にテレビ局からの放送メタデータを入手してサービス化することが不可欠なのだが、テレビ局と協調できる絵が未だに見えない。

DSC_9589.jpg LGのGoogleTVリモコン

いつでもどこでもフリースタイルAQUOS

DSC_9737.jpg

日本ではすでに発売済みのフリースタイル シャープアクオスが米国デビューした。サイズは40、32、20インチの3モデル。20インチタイプは内蔵バッテリーで2時間の視聴が可能だ。

デモンストレーションはファッションショーを模していて自由な視聴スタイルをアピールしていた。iPadなどのタブレットと被る部分もあるが、リビングから寝室、キッチンへというニーズは確かにあるように思う。またデモでは40と32インチはバッグの中にバッテリーを入れているようで、見た目にはワイヤレスでステージを自在に歩きまわっていた。商業施設やイベント、またデジタルサイネージなサンドイッチマンのニーズは冗談ではなくあるように思う。


Vol.03 [CES2012] Vol.05

[ Category : , ]
[ DATE : 2012-01-13 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2012]Vol.04 展示会場で見かけた映像系あれこれ1 ~いろいろあります、ちょっと変わったディスプレイの使い方