PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2013]Vol.00 CES2013開会直前に思う今年のトレンドは?

News

[CES2013]Vol.00 CES2013開会直前に思う今年のトレンドは?

2013-01-08 掲載

いよいよ開催直前CES2013

米国ラスベガスで開催されるInternational CES(International Consumer Electronics Show)が開催前に本日1月6日(米国現地時間)、お正月ののんびり気分を吹き飛ばすような人の熱気と共に展示会前のプレス向けカンファレンスや招待制イベントが2日に渡り行われている。会場であるLVCC(ラスベガスコンベンションセンター)とサンズコンベンションセンターに加え、今年はMandalayBayコンベンションセンターでもプレスカンファレンスが行われる。来場者15万人を超える世界最大のコンスーマーイベントだけあってPRESS登録だけで実に3000人を超すという。展示会は1月8日から1月11日まで開催される。CESでは、デジタル家電、オーディオ機器だけではなく、今や世の中の生活を支えるインフラとなったインターネットに関連する様々なソリューションが複合した世界最大の展示会だ。PRONEWSがカバーするプロユースの映像機器だけにとらわれる事なく、様々な機器やサービスを展示会場で見る事ができる。

混沌とする会場、見えてくるのか今年のテーマ?

CES2013_00_floor.JPG 昨年展示会初日の様子  ©CEA.

さらに全体のテーマは何なのか?各社からの情報がまた揃わない中、感じるのは、混沌とした状況だ。実にターニングポイントである事は間違いない。この漠然とした2013年だからこそ意味の分からないものが生まれるのかもしれない。象徴的な事は、15年間前夜の基調講演を務めてきたMicrosoftが今年は出展しないため、Qualcommの会長兼CEO、ポール・ジェイコブス氏が登壇する。

スマートTVは、4Kへ

昨年のテーマである”スマートTV”は引き続き牽引され、Apple社が高精細のRetinaをリリースしたように、TVもより高精細への道を進めている。4K2K(3,840 x 2,160)TVがSony、SHARP、TOSHIBA、LG、Samsungなど各社から発表される予定だ。また起業間もないスタートアップの若い世代が一旗上げようとして、出展者として多く参加しているようだ。実際に”Eureka Park”や、”StartupDebut”などアーリーステージ向けのCES内イベントもここ数年増えて来ている。

漠然とする中で大きく感じるのは自動車メーカーの台頭だ。トヨタとAudiなど過去最高の8者の自動車企業が一同に介する。モーターショーかと思わせる勢いである。いくつかの自動運転システムが紹介される予定だ。 昨年のCEATEC 2012でトヨタの友山常務が「スマホにタイヤがついたようなもの…」と言及したのも記憶に新しいが、そう遠くない未来には実現されるであろう。

大きく変わる周辺機器

Appleが出展していないのにiPhone周辺機器で会場は埋め尽くされる状況下、周辺機器も大きく変わると言われている。BluetoothやLightningコネクトを基軸に 自動車をはじめ、日常生活など これまで関わりのなかった分野の物が次々と、iPhoneやスマートフォンと繋がれて行く。またNFCセンサーを取り付けいままでコネクトしなかった物を連携して行く動きも、スマートホームのコンセプトから言及されている。

Sensors and New Interfaces

スマートフォンやタブレットなどタッチインターフェースの登場以降急激にユーザーインターフェースを変化した。またタッチパネルだけではなく、さらに音声やジェスチャーによる入力機器が出てきた。今年はさらにその流れが加速し タッチインターフェースとの組み合わせで、音声や目の動きと連動する物などそれに伴うサービスやプロダクトも多く展示される。

期待に満ちた展示会に思う

CES2013_map.jpeg 今年もこの6つの会場を駆け巡る

前記した混沌としたもの一つにアナログからデジタルへのシームレスな変換がテーマとして挙げあられる。現時点で見えてくる事を挙げればきりがないが、例年の通り、CESは各分野での既存のプロダクトやサービスだけではなく、未発表のプロダクトやサービスが数多く投入されるため、決してこれだけとは限らない。特に今年はCES直前に耳に入るはずのリークが殆ど無いのだ。逆にCESに足を運ばないと分からないことばかりなのである。

そのビジネスチャンスの可能性と、展示される様々な製品から、PRONEWSは読者へ出来る限りの熱量と新しい視点を踏まえながらレポートを行うべく今年もCESの会場に足を運んでいる。出来る限りレポートをしていきたいと思う。

今年もプレスカンファレンスがライブ配信

今年も1月7日午前10時(日本時間では1月8日午前3時)のPanasonicを皮切りに各社が会場からプレスカンファレンスがライブ配信される。一足先に情報を早く把握できるかもしれない。

Sony CES Press Conference 2013
Panasonic Live @ CES
Samsung Live from CES

[CES2013] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2013-01-08 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[IBC2019]Vol.08 聞こえてくる脱地上波への足音、OTTへのさらなる進展

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 OTT普及による映像業界への影響 IBCがいま最も先端の映像事情を垣間見れる展示会であることは本特集Vol.01でも言及... 続きを読む

[IBC2019]Vol.06 メディアやエンターテインメント領域のAIと機械学習

txt:江口靖二 構成:編集部 カンファレンス、セッションからみる現状と近未来 IBC2019ではブロックチェーンと同様に、AIや機械学習(マシンラーニング、ML)... 続きを読む

[IBC2019]Vol.04 IP、リモートカメラが変える映像現場の未来

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 急激に進むIP化の波 このIBCで特に目立ったのが、IPとリモートカメラによる各種制作ソリューションだ。特にライブイベント、リモ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.03 今後の映像業界を牽引するのはGAFAではなく中国勢になる

txt:江口靖二 構成:編集部 今年注目のキーワードは“8K+AI” IBC2019での注目キーワードは「8K+AI」だ。そしてそれらのほとんどは中国企業によって先導さ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.02 豊作の秋を感じる賑わう会場から〜カメラ、レンズなど注目の新製品と動向

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 豊作の秋を感じさせる賑わう会場より この秋のIBC2019のタイミングでは、Vol.01で紹介したソニーのFX9、Z750をはじ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.01 欧州放送展示会IBCに異変あり!今年の印象と目立つ新製品発表から

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 今年のトレンドを探る 毎年9月にオランダ・アムステルダム市街地にある、RAI会場で開催される、欧州最大の業務用映像・音響... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.09 DJI、Zhiyun Tech、FeiyuTech、MOZAの4大ジンバルメーカーに注目

txt・構成:編集部 FeiyuTech、未発表のジンバル「AK3000」を参考展示 BIRTVの展示会場で見逃せないのは、DJI、Zhiyun Tech、Feiy... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.08 Pilotfly、カメラをあらゆる方向に向けてもモニターの角度は保てるスマートトラッキングローラー「Pilotfly Cavalier」を展示

txt・構成:編集部 モニターやライトを一定方向に固定可能な「Pilotfly Cavalier」 Pilotflyは2013年設立の台湾を拠点とするブランド。主力... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.07 Aputure、LS C300dより20%明るくなった人気のLEDライト「LS C300d II」を展示

txt・構成:編集部 人気のLEDライトが更に明るくなって新登場 LEDライトメーカーのAputureは、ここ数年間で世界中のクリエイターが注目する急成長中のブラン... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [CES2013]Vol.00 CES2013開会直前に思う今年のトレンドは?