PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2013]Vol.04 もう始まっている4K UltraHDについて考える
News

[CES2013]Vol.04 もう始まっている4K UltraHDについて考える

#Report NOW! #CES2013

2013-01-12 掲載

Txt:江口靖二 構成:編集部

4KのUltraHDに埋め尽くされている会場。各社の動きは?

CES2013が今年も1月8日にラスベガスで開幕した。事前の予測通り、会場内は4Kディスプレイで埋め尽くされていると言っても過言ではない。

CES2013_03_1892.JPG

4Kディスプレイは各社が競って新製品を発表した。まず、ソニーは56インチ4KのOLEDTVである。ソニーは2007年にすでに11インチのOLEDフルHDTVを発売していたが、その後のラインナップが途絶えたままになっていた。その後2011年にはマスターモニターとして25インチと17インチフルHDのOLED機を発売していた。また2012年のCESではCrystalLEDという、55インチのサイズに600万個のLEDを並べたフルHDTVを発表したが、これもその後我々の前に登場することはなかった。

CES2013_03_1764.JPG キーノートで56インチOLEDテレビを発表するパナソニックの津賀社長

今回のCESでは、56インチ4Kという大画面、高解像度で新たに登場したわけだ。担当者によると、OLEDTVが2007年以降に新製品が出て来なかった理由は、LCDの進化とテレビの価格低下、製造の歩留まりなどの理由のようだ。またCrystalLEDについても開発は継続しており、画面サイズに応じて製品化の機会を伺うとのことだ。

56インチ4KのOLEDTVの画質は素晴らしいの一言に尽きる。圧倒的なコントラスト比と4K解像度が、もはやディスプレイの存在を感じさせない程だ。最近ソニーが画質評価用に使用しているリオのカーニバルの映像は、前述のOLEDマスターモニターで表示させた場合と比較しても遜色ないレベルに仕上がっている。あくまでも参考出品であるが、今回の反応と市場動向を見極めながら年内の製品化を目指しているようだ。台湾のAUO社との共同開発である。

CES2013_03_1835.JPG パナソニックの56インチOLEDテレビ

パナソニックも初日のキーノートで津賀社長自ら、56インチ4KのOLEDTVを壇上から発表した。現時点で北米に1台しかないという実機の完成度はソニーに決して引けを取るものではない。同社のOLEDはRGBすべての素材を印刷によって塗布させたもの。

SHARP
CES2013_04_sharp.jpg

SHARPは日本ではすでに発表済みで2月に発売予定の「ICC PURIOS」を展示。同一ソースによるICC 4KとフルHD表示の比較を行なっている。

東芝
CES2013_03_1854.JPG 東芝の4K液晶テレビ群 CES2013_03_1858.JPG フルHDと新しいCEVOエンジンとの比較

東芝も新たに強化されたCEVOエンジンによる超解像で既存のフルHDソースからのアップコンバージョンで画質の向上をアピール。さらにLG、サムスン、さらにHisenseもそれぞれに4KのLCDTVを展示している。

LG
CES2013_03_1803.JPG LGの85インチ4K液晶テレビ
SAMSUNG
CES2013_03_1883.JPG サムスンの110型インチ4K液晶テレビ
Hisense
CES2013_03_1916.JPG Hisenseの84インチ4K液晶テレビ

このように各ディスプレイメーカーはこぞって4K時代のリアルティをアピールしていた。なお各社の4Kに対する呼称について、昨年までは4Kと言っていたのに対して今年はUHD(Ultra HD)と呼ぶ例が増えた。おそれくこれは、”4K”は技術用語であり、コンシューマー市場を睨んだ場合に業界全体としてUHDまたはフルHDに対してウルトラHDの方が差別化しやすいからであると思われる。本稿でもここからはウルトラHDと表記することにしよう。

ウルトラHDのコンテンツ供給は?

このように家庭内のテレビがウルトラHD化した場合に、ではソースどうするのか?という問題になる。このための現時点での解答はやはりフルHDからの超解像によるアップコンバージョンだ。既存の地デジやブルーレイと比較してその差を認識できなければ消費者は当然動かないが、その差は大画面になればなるほど歴然としている。

CES2013_03_1887.JPG ソニーの4Kメディアプレイヤー(モックアップ)

更に今回注目したいのは、ソニーの取り組みだ。ソニーも当然超解像エンジンを搭載しているが、やはりなんとかピュア4Kソースを家庭に送り届けるために、この夏から北米で自ら映画コンテンツのウルトラHDでの配信をはじめる。そのために新たにメディアプレイヤーを開発中で、会場内にモックアップで展示されている。さすがにUHDで映画一本分は巨大なファイルになるので、インターネットからダウンロードしてプレイヤー側に保存する。配信インフラの関係でまずは北米からということだ。

CES2013_03_1945.JPG ソウルの地上波UHD実験放送のシステム

また韓国ソウルではLGとKBSがすでに地上波テレビによるUHD放送の実験電波を24時間出し続けている。解像度は3840×2160、フレームレートは60P。エンコーダーはHEVC 35Mbpsで、これをDVB-T2、送信出力100Wで、UHF66チャンネルで送信中である。

こうした取り組みがテレビのワークフローやエコシステムのあらゆる階層で着実に動き始めていることを会場では感じることが出来る。


Vol.03 [CES2013] Vol.05

Twitterでの反応

CESに関連する皆さんのツイートを集めました。


[ Category : , ]
[ DATE : 2013-01-12 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2013]Vol.04 もう始まっている4K UltraHDについて考える