PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2013]Vol.05 解放されるモノ作りの到来。〜誰もが参加できる世界へ
News

[CES2013]Vol.05 解放されるモノ作りの到来。〜誰もが参加できる世界へ

#Report NOW! #CES2013

2013-01-12 掲載

Txt:安藤 幸央 構成:編集部

興味を引くモノ作りを感じる今年の潮流と展示

CES2013_05_nijya.jpg書籍のプロモーションは凄まじく、Tシャツ、キャラクター人形、ステッカーなど大量配布…、しかし内容は時代を示唆する良著

CESの主催団体であるCEA(全米家電協会)の会長Gary Shapiro氏が、「Ninja Innovation」という家電業界での成功事例をまとめた本を出版した。イノベーション(革新)の大切さとともに、忍者的な要素である、

  • 少数精鋭
  • 限られたリソースと困難な使命
  • 厳しい訓練のもとで身につけたスキルが大切だと

これらを説いている本とのこと。いささか「Ninja」に期待しすぎかもしれないが忍者像を知る人にとっては現代のNinjaの姿が想像でき、あながち間違ってはいない気もする。

今回のCES 2013で強く感じたのは、小さな企業の登場と躍進、スマートフォンの周辺機器やヘルスケアグッズなどのハードウェアを手がけるハードウェアベンチャーの増加。三次元プリンターを始めとする「作るための道具」や木の質感やファブリックを家電製品に生かすなどモノ作りへの回帰が多く見られた。また、米国で躍進中のクラウドファウンディングKickstarterで資金調達に成功し、プロジェクト進行中のいくつかの製品がCESで展示したり、重要な発表があったりと、今までには無かった新しい動きが確実に見られるようになってきた。

クラウドファウンディングは投資家ではなく、一般の消費者達に少額の資金援助をつのり、目標額に到達したらプロジェクトを開始できる資金調達の仕組み。Kickstarterの場合、開発資金を調達するだけでなく、応援者を集め、事前に製品の購入額を支払ってもらえるため、プロジェクトにとって大きな支援になる。2012年のKickstarterは総額約3億2,000万ドルの資金を集め、前年比221%増の躍進とのことだ。ただし、なんらかの理由で実際の製品が完成できなかったり、当初の予定より品質が低かったり、出荷が遅れる、または製品が他社の特許に抵触するなどといったリスクも心配されている。

もちろん大手家電メーカーも、立ち位置をはっきりとし、大手にしかできない、本当の意味での高品質なコンシューマー向けの新製品群を発表してきている。今後、ネット企業と家電メーカー、ネットも家電も得意とする企業内の横のつながり、家電ベンチャーと大手ネット企業など、さまざまなつながりとコラボレーションによってより良い製品やサービスの躍進が感じられたのが今年のCESであった。

メイン会場展示から目を引くガジェットたち

Canon PowerShot N : 上下の無い真四角なカメラ
CES2013_05_5477.JPG 液晶パネルを開いてスタンド状態にした例

CESで数多くのデジタルカメラの新製品が発表されるなか、特に会場の話題をさらっていたのが、デジタルカメラから「上下左右」という概念を取り払った新しいタイプのデジタルカメラPowerShot Nだ。カメラの背面全体がマルチタッチ可能な液晶パネルになっている。液晶パネルは90度まで開くことができる。パネルを開いた状態でそのままスタンドとしても機能する。最近のデジタルカメラは、タッチパネル液晶化し、通常のカメラシャッターだけでなく、液晶画面をタップすることでシャッターを切ることができる機種も数多い。

PowerShot Nでは、ほぼ全ての操作が液晶画面に集約されている。さらにシャッターは、人差し指で押し込むシャッターボタンが無く、液晶画面を触るオートフォーカスシャッターか、レンズ根元のシャッターリングを押し込むことでシャッターが切られるのだ。無線LAN機能も内蔵。カメラを撮影する時の姿勢や撮影スタイルそのものを変える可能性のある意欲的なカメラだ。スマートフォンの登場で、お株が奪われつつあるデジタルカメラに新しい領域を開くのかもしれない。

Condition ONE:パノラマ動画アプリ
http://www.conditionone.com/ CEO Danfung Dennis氏による紹介ビデオ。

Condition ONEは魚眼レンズで撮影した動画映像を、iPad、iPhoneでインタラクティブにパノラミックに再生することのできるアプリ。iPad/iPhoneの傾きセンサーの動きにあわせて、まるで窓を除いているかのように再生できるのが心地よい。特定のパノラマカメラに依存せず、撮影機器によらず利用できるのが特徴。余談だが、明らかにCES会場で、慌てて撮ったかのように見えるCEOのアプリ紹介ビデオが妙にカッコいい。CPOとしてインタラクティブデザイナーTakaaki Okada氏が活躍するプロジェクトだ。Condition ONEの機能だけを聞くと、旧来からあったパノラマ写真、パノラマ映像と同じではないかと思われるかもしれないが、Condition ONEを実際に見た後では、未来のスマートフォンの動画映像は、定点で四角く切り取られたものではなく、ライブ感の有るパノラマ映像なのではないかと、強く予感させるものであった。

Improv Boogie Board : 電子黒板
http://www.improvelectronics.com/us/en/ CES2013_05_8474.JPG Boogie Boardに描いた画像をパソコン画面と比較している様子。

変にデジタルな機能を持たない潔い電子黒板として登場したBoogie Boardも、市場のニーズに押されて、様々な機能を搭載したバージョンをリリースしてきた。今回展示されているBoogie Board SYNC は Bluetooth経由でパソコンにリアルタイムで画像転送し、描いた画像をメール転送したり、データ記録クラウドサービスEvernoteなどに保存できるようになった。要望の高かった、SDカードスロットやmini USBポートを搭載している。また、小型のBoogie Board JOT 4.5インチサイズも様々な現場で、ほぼ無限に使えるメモとして重宝しそうだ。

GoPro:アクションカメラ
http://gopro.com

数多くの放送局でも使われているGoPro、形は無骨に見えるかもしれないが、信頼性は抜群。今回GoPro HERO3が発売されたばかりで、ブース内も、実際にGoProを利用しているファンで盛況であった。ロケーションもIntelの横という好ロケーション。他社からも似たようなライブビデオカメラが続々と登場する中、性能アピールではなく、GoProがどのような状況化で活躍することができるのか、利用例を大きくアピールした展示が印象的であった。そのため、本体のアタッチメントや、水中写真のためのハウジングなど周辺の撮影機器とともに展示されており、様々な質問が飛び交っていた。

人気デジタルガジェットのプレゼンと投票:Last Gadgat Standing

LGS_news_head.gif

会期中超満員で長蛇の列でしられるガジェット対決セッションLast Gadget Standingが1月10日に開催された。今年はLenovoが後援。事前に候補のガジェットがWebで公開され、そのうち投票により10個のデジタルガジェットが短時間でプレゼンテーションされる。それらは最後に会場の拍手の音の大きさで、勝敗が決まる。また発表の隙間にトリビアクイズが出題され、各メーカー提供のデジタルグッズがプレゼントされていた。優勝者は、発表の演出も凝っていた、Lenovo の IdeaCentre Horizonという27インチのパソコンとしても使えるタブレット端末であった。

Luminae Keyboard+ キー配置自由な光るキーボード
http://www.translusense.com/ CES2013_05_7025.JPG Luminae Keyboard+ の左部分に地球儀付きのキーボード設定

Luminae Keyboard+ は全面タッチパネルの、暗闇で光るキーボード。キー配置は透明シートに描かれたものを貼付けているだけなので、自由に変更が可能。例えばビデオ編集用の専用ダイアル付きのキーボードに変更したり、ライブ放送用に、必要なキーだけを配置した専用キーボードを用意したりすることができる。また、キーボードの上でスワイプやピンチイン/アウトといったタッチパネル風の操作も可能。Luminae Keyboard+ の上に貼って使う、キーボードデザインを提供するオンラインサービスを予定しているそうだ。

Looxcie HD Explore取り付け自由なHDライブカメラ
http://www.looxcie.com/products-page/cameras/looxcie-hd-explore/ CES2013_05_7389.JPG Looxcie HDで転送された、会場の動画 looxciehdnewcamjt.jpeg

Looxcie HD Exploreは、主に頭に装着して、見ているものを撮影し、WiFi経由で1080p動画を無線転送するデバイス。製品がバージョンアップし、HD解像度に対応した。ただしFacebookへのライブキャスト時には低画質の設定となる。暗いところでの撮影性能が改善され、低照度用カメラセンサーが使われている。基本的にはスマートフォンと組み合わせて利用し、ネットカメラとして利用したり、ライフログとしてひたすら撮り貯めるためにMicroSDHCを利用することもできる。

CES会場の方は、最終日を迎えたが、まだまだ御伝えしたい事は多くある。次のレポートでは日本の家電ベンチャーや、日本発のプロジェクトなどについて報告する予定だ。


Vol.04 [CES2013] Vol.06

Twitterでの反応

CESに関連する皆さんのツイートを集めました。


[ Category : , ]
[ DATE : 2013-01-12 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2013]Vol.05 解放されるモノ作りの到来。〜誰もが参加できる世界へ