PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2014]Vol.03 画角前線異状あり!21:9のススメ
News

[CES2014]Vol.03 画角前線異状あり!21:9のススメ

#Report NOW! #CES2014

2014-01-08 掲載

小寺信良のCES2014初日レポート

現地時間の1月7日より、世界最大級のコンシューマエレクトロニクスの祭典、CES2014が米国ラスベガスでスタートした。PRONEWS的にはいつもNABがターゲットとなるが、あそこは完全にプロ向けの機材。一方映像制作がIT化して以降は、コンシューマ機材もプロの現場に多く入ってくるようになった。その意味では、映像のプロと言えどもある程度コンシューマの動向も知っておく必要があると思うのだ。今回はそんな視点で、“コンシューマ屋さんがプロに売りたい機材”がないか探してみた。

定型外アスペクトがプロにはいける!

CES2014_kodera_01.jpg リアル4Kモニター「31UM95」

大手メーカーがひしめき合うセントラルパーク。正面から一番近い入り口でドーンとでっかい3D映像を上映しているのが、LGである。まあ正直今さら3Dかよ、という気もしないではない。ただここが作っているPCディスプレイは、日本にも入ってくる可能性は大である。

PCディスプレイコーナーの中心に置かれていたのが、31インチのグラフィック用モニター「31UM95」である。4096×2160のIPSパネルで、色域はAdobe RGBの99%をカバーする。入力はDisplayPortとHDMIで、Thunderbolt2にも対応する。すでにモノ自体は昨年発表されていたが、現物はCESで初めて見ることができた。

CES2014_kodera_02.jpg 背面は中央部に厚みがあるデザイン

映像編集においてPCモニターで4Kが必要かと言われると、そこはワークフロー次第だろうが、CG系の人はレンダリング結果を等倍で確認する必要があるだろうから、いちいちなんらかのインターフェースを通じてテレビモニターに出力するよりは、確実にモニタリングできるのではないだろうか。

また隣には、世界初という34インチのウルトラワイドQHDモニター「34UM95」が展示されていた。これは21:9というアスペクト比で、解像度が3440×1440となっている。こちらもAdobe RGBを99%カバーし、Thunderbolt2に対応。このサイズ以外にも、21:9で29インチ、25インチといったサイズもラインナップされていた。

CES2014_kodera_03.jpg 21:9という変則サイズが使いやすい「34UM95」

多くのアプリケーションが表示されていたが、ノンリニア編集には通常よりも横長のディスプレイのほうが使いやすそうだ。現状でもBINウィンドウ用に別モニターを繋げている人も多いと思うが、アプリはこれ1つで完結し、片方に4Kモニターを繋ぐ、という使い方が理想かもしれない。

CES2014_kodera_04.jpg 34インチでビデオ編集作業中 CES2014_kodera_05.jpg 29インチモデルは縦表示で展示 CES2014_kodera_06.jpg 25インチはビジネス用途として訴求

Panasonicの4Kカメラ

プレスカンファレンスでもチラ見せしていたが、パナソニックブースでは4Kのウェアラブルカメラを展示していた。サイズはほぼ現行商品のウェアラブルカメラと同じで、実際に映像も出力されていた。最終フレームレートがいくつになるかはまだ非公開情報だが、展示機では30p出力だった。スポーツ用途だとするなら60pは欲しいところだが、最終仕様は2月のCP+で発表される模様。

CES2014_kodera_07.jpg ウェアラブルカメラ4Kは実動モデルを展示 CES2014_kodera_08.jpg 本体側も既存モデルと変わらない

一方モックアップであったが、LUMIXの4K撮影モデルも展示されていた。これはマイクロフォーサーズで4Kが撮れる、いわゆるGHシリーズとして開発を進めていることをアピールするもので、最終形状はこのままではないという。今年上半期までには商品化されるようだ。

CES2014_kodera_09.jpg 4KのGHシリーズも開発中

またそれと同時に展示されていたのが、書き込み速度240MbpsというUHS Speed Class 3のSDカード。当然そのスピードなら4K/60pの記録がターゲットになる。ということは、4K GHシリーズも60p記録を期待していいの、かな?

また同じくパナソニックで見つけたモノとして、骨伝導イヤホンの「RP-HGS10」は何かに使えそうな気がする。これは耳穴に入れず、耳穴の前にある骨っぽい部分に当てることで音が聞こえるアクチュエータだ。耳穴からはライブ音、骨伝導からは別の音がモニタリングできる。色はグリーンとピンクがある。

CES2014_kodera_10.jpg ファッショナブルな骨伝導イヤホン「RP-HGS10」

ライブ音があんまりうるさいと骨伝導側が聞こえないが、うまいバランスの環境では役に立つだろう。逆に外の音がうるさ過ぎる場合は、耳穴のほうは耳栓で塞いでしまって骨伝導だけでモニターするといった使い方もできる。あるいは耳穴のほうはイヤホンでモニターし、別系統の音を骨伝導で同時に聴くということもできるだろう。いろんなアイデアを試してみたくなる製品である。

まだ会期初日で、他にも回ってないブースが沢山ある。また面白そうなモノを見つけたらご紹介しよう。

Txt:小寺信良 構成:編集部
Vol.02 [CES2014] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-01-08 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2014]Vol.03 画角前線異状あり!21:9のススメ