PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2014]Vol.05 会場に点在する進化する撮影関係あれこれ
News

[CES2014]Vol.05 会場に点在する進化する撮影関係あれこれ

#Report NOW! #CES2014

2014-01-09 掲載

小寺信良のCES2014レポート2日目

ターゲットを自動追尾する雲台「AIMe」

サウスホール1階の右手側は、テーマを絞ったパビリオン形式の展示となっている。デジタルヘルス、フィットネス、シルバーサミットといった具合だ。その一角がロボティクスをテーマにしたパビリオンになっていたのでプラプラしていたら、面白いモノを見つけた。

CES2014_kodera2_01.jpg ターゲットを自動追尾する雲台「AIMe」を紹介

JIGABOTというベンチャーでは、「AIMe」という自動雲台を紹介していた。これはターゲットとなるビーコンを持っている人を追いかけてパン・チルトする雲台で、三脚とカメラの間にこれを挟むことで、ワンマン撮影が可能になる。1台のビーコンに対して何台でも追従させることができるため、3カメ自動、1カメはマニュアル、みたいな使い方もできる。

CES2014_kodera2_02.jpg 手に持っている白いのが「EmIT」と呼ばれるビーコン

価格は300ドルで、今年6月の発売予定。ただブースには現物の展示はなく、まあ、ある意味「そういう話」レベルである。いわゆるスタートアップ系の会社なので、ちゃんとできるかは保証の限りではないが、技術的には300ドル程度でこういうものがやれそうなところまで来た、ということである。

自動追尾雲台「SOLOSHOT2」

CES2014_kodera2_03.jpg こちらは動作モデルを展示した「SOLOSHOT2」

その隣で展示していたのは、これもベンチャーのようだがSOLOSHOT2という雲台。こちらは実機も展示してあり、すでに前モデルも出荷した実績があるとのことなので、もう少し信用できそうだ。今年6月発売予定で、価格は400ドル。

見た目もかなりゴツく、ビーコンは民生機カムコーダのLバッテリーぐらいの大きさ。ただサーフィン撮影なども可能なようなので、ビーコン側は防水仕様になっているということだろう。

具体的にこれらの製品のどっちを買おうかなーという話ではなく、もうこれぐらいのものなら、スタートアップ企業が300~400ドルで売って利益が出るぐらいのレベルまで来たということなのだ。何もかもアメリカから来るのを待っているのではなく、「我々日本人こそ自分たちが欲しいモノを自分たちでガンガン作っていく世界に転換していこうぜ」って事なのである。

瞬時に3Dモデルが完成「xxArray」

ニコンブースの一角に展示してあったのが、ニコンとヴィジュアルアーティストのAlexx Henry氏のコラボによって開発された「xxArray」という装置。これは周囲に64台のD5200およびD5300が配置されており、中に入った人間をワイヤレスのリモコンを使って一度に撮影する。その画像を高速処理して、リアルな3Dモデルを作ってしまう。

CES2014_kodera2_04.jpg 周囲にカメラを64個配置 CES2014_kodera2_05.jpg 内部から見るとこんな感じ CES2014_kodera2_06.jpg 64台のカメラで同時にフラッシュ撮影

それぞれのデータを専用ソフトウェアでつなぎ合わせて、高解像度の全方位ほぼ360度のマッピング用テクスチャーを、瞬時に作るわけだ。会場では実際に撮影したデータを人間のモデルに貼り付け、リアルタイムでゲーム風に動かすというデモンストレーションを行なっていた。

CES2014_kodera2_07.jpg 撮影したデータをマッピングしたゲーム風のアプリケーション

装置としてはかなり大がかりなものだが、撮影からデータ作りは一瞬で終わるので、常設できるスタジオがあれば、大量の人のアバターが作れることになる。ゲームだけでなく、群衆シーンのCGとかでマッピングが効率化できるといった使い方も可能かもしれない。

ヘリ撮影にも!Canon「VIXIA mini X」

今年のCanonブースはビデオ系の新製品が少ないが、昨年発売されて話題になった自分撮り用カメラiVIS miniの後継機「VIXIA mini X」が多数展示されていた。VIXIAはiVISシリーズの米国でのブランド名なので、おそらく日本名はiVIS mini Xになるだろう。

ボディがやや大型になったが、その代わりかなり性能の良いマイクがついた。音声もリニアPCMに対応したことで、ソニーのミュージックビデオレコーダ「HDR-MV1」とガチンコ勝負の様相を呈してきた。

CES2014_kodera2_08.jpg 左はすでに発売されている「iVIS mini」、右が「VIXIA mini X」 CES2014_kodera2_09.jpg 底面のスタンドも健在

前回はMP4でしか録画できなかったが、今回はAVCHDフォーマットでも記録できるようになっている。また前回弱点であったバッテリー容量の少なさが改良され、倍以上となる1910mAhのものが付属する。

CES2014_kodera2_10.jpg 空撮ラジコンヘリに装着

会場ではダンス撮影が可能なブースとして展示されていたほか、空撮用ラジコンヘリに取り付けて撮影するといったスタイルも紹介されていた。米国では3月の発売で、400ドルとなっている。日本ではまだ発表されていないが、これまでの例からすると日米で同じタイミングの発売となるだろう。

Txt:小寺信良 構成:編集部
Vol.04 [CES2014] Vol.06

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-01-09 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2014]Vol.05 会場に点在する進化する撮影関係あれこれ