PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2014]Vol.06 4Kテレビは普及フェーズ。CURVED=湾曲やwebOS、クラウドTVの提案も
News

[CES2014]Vol.06 4Kテレビは普及フェーズ。CURVED=湾曲やwebOS、クラウドTVの提案も

#Report NOW! #CES2014

2014-01-11 掲載

CES2014のテレビは言うまでもなく4Kが中心だ。4Kテレビはポラロイドの50インチ999ドルのように、低価格化が加速し、まさに普及フェーズに入ったといえるだろう。ポラロイドの4Kテレビは現時点での価格を考えれば十分な画質であると言える。その他の各社ともに新製品やラインナップの充実を図っている。

CES2014_06_01.jpg ポラロイドの999ドルの4Kディスプレイは50インチ CES2014_06_02.jpg シャープのクアトロンプラスはフルHDパネルで4K相当の高画質 CES2014_06_03.jpg ソニーの新型ブラビア CES2014_06_04.jpg 東芝の4Kラインナップ CES2014_06_05.jpg パナソニックの4K

こうした4Kテレビの中で、今年のCESではサムスンやLG、そして東芝が提唱する「湾曲4K」テレビのような新しい試みがある。昨年から韓国勢のサムスン、LGが湾曲テレビを提唱してきたのだが、今年はその勢いが加速してきている。

サムスンの湾曲4Kテレビは16:9の78、65、55インチの3タイプに加えて、フラッグシップとなるのが21:9で105インチLCDのモデルだ。解像度は5,120X2,160で、4Kではなく「5K」である。自動で映像深度を調整する「Auto Depth Enhancer」という機能が内蔵され、より奥行感のある映像を得られるという。

CES2014_06_06.jpg サムスンの105インチ湾曲LCD4Kテレビ CES2014_06_07.jpg サムスンの湾曲4Kテレビの展示風景

LGの湾曲4Kテレビも21:9で105インチLCDの。解像度は5,120X2,160でサムスンと同じである。また77インチのOLEDを搭載したモデルも展示されている。

CES2014_06_08.jpg LGの105インチ湾曲LCDテレビ CES2014_06_09.jpg LGの77インチ湾曲OLEDテレビ

東芝の湾曲4Kテレビは65インチ。コンセプトモデルということで商品化は未定。東芝は湾曲していないフラットな105インチ5Kテレビを参考出展している。

CES2014_06_10.jpg 東芝の65インチ湾曲LCD 4Kテレビ CES2014_06_11.jpg 東芝の105インチ5K LCDテレビ

同じ湾曲でも、異なる利用の仕方を提案しているのがパナソニックだ。XXインチのOLEDを5面つなげて配置し、デジタルサイネージ的に利用するものだ。従来であればこうした曲面ではプロジェクターを利用するか、フラットパネルで擬似的に曲面を構成するしかなかったが、完全な曲面構成は非常に目を引くものだ。

CES2014_06_12.jpg パナソニックの凹凸それぞれの56インチOLEDを組み合わせた美しい曲面

なお昨年のIFAではフルHDの湾曲テレビを参考出展していたソニーからは今回展示はなかった。

こうした湾曲テレビがひとつのトレンドとしてどの程度市場に受け入れられていくかはまだ未知数だ。筆者の個人的な感想では、55インチ以上でかつ4K解像度であれば、正面から見た場合に左右が若干手前にあるので、特に前後方向の動きがより流れるような感じでリアルになるのは確かだ。またLGはスマートフォン「G Flex」にも6インチのOLEDを搭載しているが、湾曲のもう一つのメリットとして、大画面、小画面どちらの場合も映り込みが目立たないことはもっとアピールされてもいいのではないかと感じた。

CES2014_06_13.jpg LGの湾曲OLED搭載のスマートフォン「G Flex」

また日本の場合はテレビを壁掛けで使う比率は相当低いと考えられる。壁掛けの場合は湾曲していると左右が飛び出すので、見た目にも安全面でも疑問がある。だが壁掛け設置が極めて少ない日本では、テレビ台の上に設置する分にはこうした問題もないと思われる。先入観で判断することなく、実際にご覧になることをお勧めしたい。

ディスプレイ以外の注目としては、LGがwebOSを採用したことだ。スマートテレビでは機能を上げることによってその操作速度が低下するという問題がある。それを解決するために、元々は携帯電話用の「軽いOS」としてwebOSに着目したわけだ。コンセプトは「Make TV Simple Again」である。例えばYouTubeを見ている時に地上波に切り替えたり、マルチタスクで動かしたりする場合でも、切り替えがサクサクとスムーズに行われる。

CES2014_06_14.jpg webOS採用のコンセプト CES2014_06_15.jpg webOSを採用したLGのスマートテレビ

サービス面ではソニーが注目すべき発表をキーノートで行った。「クラウドベースドTVサービス」だ。これはPlayStation 4をハブとして、テレビ、スマホ、タブレットに対して、放送番組をリアルタイム、オンデマンド、さらにはクラウドDVR機能まで提供しようというものだ。北米では年内に開始予定だが、日本では全く未定とのことである。キーノートの前に行われた開会のスピーチでは、CEA(全米家電協会)のシャピオ会長が、クラウドTVサービスを提供して米国のテレビ局と訴訟になっている「Aereo」をイノベーティブな企業として好意的に紹介したのも印象的だ。

CES2014_06_16.jpg クラウドベースTVサービスの発表 CES2014_06_17.jpg CEAのシャピオ会長 CES2014_06_18.jpg Aereoを好意的に紹介
Txt:江口靖二 構成:編集部
Vol.05 [CES2014] Vol.07

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-01-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2014]Vol.06 4Kテレビは普及フェーズ。CURVED=湾曲やwebOS、クラウドTVの提案も