PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2014]Vol.08 総括-結局CESで何が起こっていたのか?
News

[CES2014]Vol.08 総括-結局CESで何が起こっていたのか?

#Report NOW! #CES2014

2014-01-13 掲載

トレンドを先回りして把握すること

およそ4日間の取材を終え、CES取材から帰国した。コンシューマ向けのショーとは言うものの、プロはコンシューマからのニーズがなければ、仕事が発生しない。その点でコンシューマのトレンドを先回りして把握することは、プロの作り手として重要だ。

CES2014_08_7362.JPGSkyworthの84インチ4Kテレビ

今日本の映像クリエイティブシーンでもっとも気になっているのは、4Kの行く末だろう。3Dのように短命なブームで終わってしまうのではないか、今投資するのはリスクが高いのではないか、そういう懸念が渦巻いている。

CES2014_08_7500.JPGTCLの湾曲型65インチ4Kテレビ

今年のCESでは、テレビメーカーで4Kを作らないところなどない、というのが現実だ。日本企業と韓国Samsung、LGはもちろん、中国大手のSkyworth、Hisence、TCLといったメーカーも4Kテレビを主力商品に据えている。もはや4Kテレビが作れることが競争力であった時代は、1年足らずで終わってしまった。

CES2014_08_7504.JPGHisenseも湾曲型65インチ4Kテレビを展示

日本からこの状況を見ると、「4K放送もやってないのに4Kテレビ買ってどうすんの? ぷ」という反応かもしれないが、米国の答えは明確だ。すなわち、「4Kはディスプレイ技術であって、フォーマットじゃない」という考え方なのである。

4Kにテレビに映すものは何?

CES2014_08_cap001.JPG

どういうことなのか?つまり4Kパネルに映すものは、ソースが4Kじゃなきゃダメだという考え方はない、という事である。シャープのプレスカンファレンスで、多くの米国人にテレビに求めるものをインタビューした映像が流されたが、多くの消費者が「でっかいこと」を第一の条件に上げた。Best Buyに行くために捕まえたタクシーの運転手は、こないだここで84インチのテレビを買ったのだと自慢げに話してくる。

それだけデカいと、HD解像度では画素が見えてしまう。どんなに画質に無頓着な米国人でも、それが美しくない事はわかる。だからドットをもっと細かく刻まないとダメじゃん、という理屈で4K(UHD)ならいいのかそうかそうか、というロジックなのである。

4Kソースがなければ画素だけ細かくしても無駄だよ、という議論は不毛だ。だったら超解像で刻めばいいじゃないか、要するに画素がわからなくなりゃいいんだから、そういう話で進んでいる。4Kソースは、そのうち出てくれば見るけど今はHDが綺麗に映ればいい、ということだ。

CES2014_08_7576.JPGフランスKALRAY社のLive 4Kエンコーダ

一方4Kソースの制作環境も、水面下で着々と整いつつある。番組情報サービス大手のRoviを取材したのだが、ここはDivXも買収して傘下に収めている。現在DivXはHEVC(H.265)のエンコーダプラグインをコンシューマ市場に向けて無償で配布している。なるべく多くのHEVCソースをユーザーに作らせれば、それが再生できるハードウェアが必要になる。それにはDivXライセンスのデコーダをテレビやSTBに搭載してくださいね、という流れだ。

放送向けの4K HEVCリアルタイムエンコーダも、日本ではまだそんなもの存在しないという認識である。だがHD解像度の24P/30P向けHEVCエンコーダは存在する。DivXのプライベートスイートでは、このボードを4枚挿して4K/30Pでライブエンコードするシステムが展示されていた。

CES2014_08_7581.JPG WOWZA、Elementalも独自のLive 4Kエンコードシステムからのストリーミングを展示

日本ではどうしても放送がターゲットなので、4K/60Pでなければ、という縛りがある。だが4Kを放送するつもりがない他国では、IPTVやストリーミングで映画のプレミアムコンテンツという形で4Kをやるつもりなので、ターゲットが24Pもしくは30P、ビットレートは10~15Mbps程度になる。これなら無理せず、今でも技術的に行ける範囲だ。

CES2014_08_7582.JPG MediaMarktのVODサービス

さらに言えば、現在H.264で行なっているVODサービスやテレビのネット再送信は、トラフィックを減らすためにHEVCに乗り換えようとする動きも出てきている。ドイツ系家電量販店「MediaMarkt」が展開するVODサービスは、現在DivX+ Streamingで配信されている。DivXのビデオストリーミングシステムは今後HEVCベースに切り替わっていくので、サービスそのものがHEVCベースになる可能性は高い。

4Kに架ける橋

日本において、4K/60Pという他国でやってない高水準の目標をいち早くセットすることで、技術的優位に立とうとする戦略はわかる。だがHEVCの浸透という意味では、4K/60Pにこだわらずどんどん使っていかないと、ストリーミングなどの利用ノウハウで負ける事になる。日本が4K/60P放送に注力しすぎるが故に、それが実現する頃には世界的浦島太郎になっているのではないか。そういう危惧を感じた取材であった。そんな未来が覗けるCES2015は、2015年1月6日から9日までラスベガスで開催される。

Txt:小寺信良 構成:編集部
Vol.07 [CES2014] Vol.00

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-01-13 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2014]Vol.08 総括-結局CESで何が起こっていたのか?