PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [IMCTOKYO2009]デイリーレポート ~時代に併せて進化する映像イベントIMC Tokyo 2009~

News

[IMCTOKYO2009]デイリーレポート ~時代に併せて進化する映像イベントIMC Tokyo 2009~

2009-06-12 掲載

毎年6月に行われてきた映画テレビ技術・Digital Production展は、昨年からIMC Tokyoに組み込まれた。

IMG_0749.jpg

今年は「デジタルシネマ ワークフローサミット」として共同ブース展開するとともに、国際会議場でカンファレンスが開催された。また、放送局などの取り組みについては、「ブロードキャスターズ イノベーション」として共同ブースが設けられた。

従来の映画テレビ技術・Digital Production展でフィルム撮影愛好家向けに好評だった中古コーナーやワークショップは、IMC Tokyoに融合した昨年からなくなった。昨年は発売となったばかりのRED ONEのプロモーション攻勢もあり、事実上、フィルム撮影からデジタル収録へと大きく舵を切った年となった。あれから1年が過ぎた。昨年のIMC Tokyoでは、RED ONEによる4K収録のプロモーション攻勢や、朝日放送の「4K解像度コンテンツのリアルタイム伝送」といった実証実験もあり、4K解像度が認知され始めた年となった。

IMG_0862.jpg

今年は、「ブロードキャスターズ イノベーション」への出展はキー局が中心となった小規模なものとなり、実証実験をするような出展はなかった。「デジタルシネマ ワークフローサミット」のカンファレンスでは、デジタルシネマで4K解像度やステレオスコピック3Dを扱うためのソリューションやワークフローおける現状と課題の整理が行われた。高解像度コンテンツを制作するためのファイルベースワークフローを、どう構築するのかというより実践的な内容になった。

4K解像度の編集・フィニッシングは、ハイスペックなワークステーション環境をもってしてもまだまだ大変な状況であることは確かだ。カンファレンスでは、ソニーPCLやマックレイなどポストプロの取り組みも紹介された。4Kコンテンツ制作ワークフローが、実制作の中で揉まれ始めたことから、問題点の把握がスムースになり、着実に、そしてこれまでよりも速く進化していくことは自明だ。


[ Category : , ]
[ DATE : 2009-06-12 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[IMCTOKYO2009]パナソニック システムソリューションズ ジャパンブース ~低予算HD制作でも活用できる製品群をアピール~

パナソニックシステムソリューションズ ジャパンは、低予算HD制作でも活用できる製品群をアピールした。 メモリーカードを使用したファイルベース収録には、業務用AVCHDカメラレコー... 続きを読む

[IMCTOKYO2009]西華産業ブース ~デジタルシネマカメラRED ONEを2台使用したステレオスコピック4K収録システムを出展~

西華産業は、アジア地域でRED Digital Cinema製品のテクニカルサポートを正式に担当することになった(後日詳報予定)。IMC Tokyoでは、「デジタルシネマ ワーク... 続きを読む

[IMCTOKYO2009]テクノハウスブース ~デジタルシネマトグラフィーカメラ用のビデオ/データレコーダーOB-1を展示~

テクノハウスは、デジタルシネマトグラフィーカメラ用のビデオ/データレコーダーOB-1を、ARRIFLEX D-21やSONY F35にマウントする形で展示した。OB-1は、HD-... 続きを読む

[IMCTOKYO2009]コンチネンタル ファーイーストブース ~3Dデジタルシネマ方式によるステレオスコピック映像の投影を提案~

ドルビーのデジタルシネマ製品を取り扱う商社のコンチネンタル ファーイーストは、ドルビー3Dデジタルシネマ方式によるステレオスコピック映像の投影を提案した。ドルビー3Dに対応したプ... 続きを読む

[IMCTOKYO2009]ナックイメージテクノロジーブース ~HDハイスピードカメラシステムMEMRECAM Hi-Motionを展示~

カメラ機材を扱うナックイメージテクノロジーは、HDハイスピードカメラシステムMEMRECAM Hi-Motionを展示した。1080フルHDで、600pの収録が可能なカメラだ。こ... 続きを読む

[IMCTOKYO2009]計測技術研究所ブース ~UDR-D100ディスクレコーダー製品を活用した非圧縮2K撮影ワークフローを紹介~

計測技術研究所は、UDR-D100ディスクレコーダー製品を活用した非圧縮2K撮影ワークフローを紹介した。UDR-D100は撮影・収録用マガジン型レコーダ。ビデオ系12V・映画系2... 続きを読む

[IMCTOKYO2009]アストロデザインブース ~56型液晶モニタDM-3410と3D液晶モニタSMシリーズを出展~

アストロデザインは、リアル10bit表示が可能な56型液晶モニタDM-3410と、ステレオスコピック収録時に3D映像を確認するための3D液晶モニタSMシリーズを出展した。DM-3... 続きを読む

[IMCTOKYO2009]コダックブース ~3Dコンテンツの上映に対応したデジタルシネマ機器を展示~

コダックは、3Dコンテンツの上映に対応したデジタルシネマ機器を展示した。デジタルコンテンツの取り込み/保存/再生をシームレスに行うデジタルシネマ用サーバのコダックSMS(スクリー... 続きを読む

[IMCTOKYO2009]フジノンブース ~35mm PLマウントを採用したシネスタイルレンズ群を出展~

フジノンは、35mm PLマウントを採用したシネスタイルレンズ群を出展した。75~400mm T2.8のHK5.3x75-F、24~180mm T2.6のHK7.5×24-F、1... 続きを読む

特集記事

inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
Avid Media Composerのインターフェースを誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017ををレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017 Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017
米国ハリウッドで開催された映画撮影機材の専門展示会 Cine Gear Expoをレポート。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。

トップ > 特集 > [IMCTOKYO2009]デイリーレポート ~時代に併せて進化する映像イベントIMC Tokyo 2009~