PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2010]ザハトラー・ジャパン株式会社ブースレポート

News

[InterBEE2010]ザハトラー・ジャパン株式会社ブースレポート

2010-11-20 掲載

Cine DSLR

sachtler-1.jpg
1~5kgのデジタル一眼レフカメラに最適なCine DSLR。通常よりも長い独特のカメラプレートを備える

注目の新製品は「Cine DSLR」と呼ばれる一眼レフをターゲットとした三脚。特徴は220mと従来の三脚よりも長いカメラプレートを搭載していること。また、プレートの取り付け位置がほかのプレートよりもわずかに高くなっているのが、レンズがプレートに干渉しないようにするための設計だ。また、カメラ取付部は1/4ネジの1点止めで通常のビデオカメラと違ってぐらついてしまうと思わるが、カメラ背面から抑えるような機構も追加されている。このようにいろいろなところで一眼レフカメラをメインターゲットにしているゆえの細かい配慮がいきわたっている。

sachtler-3.jpg zahato4.jpg
ぐらつかないようにボディを後ろから抑える仕組みが搭載されている スライダープレートなので自由な位置でロックすることが可能

VIDEO18SB&VIDEO 20S1

sachtler-5.jpg
従来機「VIDEO18SB」の後継機種の「VIDEO 18S1」

今年9月に発表したモデル「VIDEO 18S1」と「VIDEO 20S1」もザハトラーの注目製品だ。名機と呼ばれる「VIDEO 18SB」と「VIDEO 20SB」に比べて、両機ともカウンターバランスの数が多くなっている。また、ブーストレバーと呼ばれるスイッチで荷重域を切り替えることが可能。VIDEO 18S1の場合、LOWは2~15キロ、HIGHTは5~18キロに対応が可能になる。たとえば、ワンポイントで小さいカメラを使う場合で加重がかからない場合はLOWに切り替えれる。逆に大きなカメラを使う場合は軽くないのでHIGHTに切り替えて使う。つまり、1台の三脚で小型から大きなカメラまで対応できるというわけだ。

ペトロール

sachtler-7.jpg

ビデオカメラや放送機器用のバッグやケースで有名なブランド「ペトロール」というと「青」と「オレンジ」というイメージであった。創業10周年を迎えるにあたって今年からデザインを黒のクラシックなデザインに一新した。参考出品だが目を引いたのはCambioと呼ばれるバック。バックだけれども三脚として使えるというもの。75mmのヘッドを乗せて撮影に使うことが可能だ。

sachtler-9.jpg
普通のキャリーだが、小型ビデオの三脚として使用可能

[ Category : , ]
[ DATE : 2010-11-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2018]ヴァイテックプロダクションソリューションズブース:Flowtech 100と専用グラウンドスプレッダーを国内初展示

■ヴァイテックプロダクションソリューションズブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版G... 続きを読む

PRONEWS Radio ”10周年記念InterBEE2017特集号”

今年も好評!聞くだけでInter BEE早わかり! PRONEWS Radio InterBEE2017の見所まとめを最終日1回限りで“まるっ”と現地からラジオ番組でお届けします... 続きを読む

[InterBEE2015]会場を彩るイベントコンパニオン特集!

InterBEE2015会場で見かけた、ブースを華やかに彩るコンパニオンさんをご紹介します。皆さん快く撮影に応じていただけました。ありがとうございました! 写真をクリックする... 続きを読む

[InterBEE2012]会場を彩るイベントコンパニオン特集!

InterBEE2012会場で見かけた、ブースを華やかに彩るコンパニオンさんをご紹介します。皆さん快く撮影に応じていただけました。ありがとうございました! ... 続きを読む

Inter BEE 2012 スペシャルレポート

国際放送機器展 "Inter BEE"(インタービー)が、今年は11月14日(水)から11月16日(金)にかけて千葉幕張メッセにて開催されました。PRONEWSでは今年もInt... 続きを読む

[InterBEE2011]出口調査

InterBEE2011も無事終了しました。来場者の方々から率直なInterBEEの感想を直撃してみました。 出口インタビューに答えていただいた皆様ありがとうございました。やはり... 続きを読む

[Wonder7]miracle03:InterBEE3日目!最終日に映像新時代の夜明けを見た!

小寺信良 @nob_kodera 時代はオールインワン? InterBEE2011最終日は、ソニーのコンパクトスイッチャー「MCS-8M」を取材した。オーディ... 続きを読む

[Wonder7]miracle02:InterBEE2日目!お宝を掘り起こせ!

高野光太郎 @takanok 2日目、前々から気になっていたGoPro2を銀一ブースに観に行って来ました。GoPro1との違いはHDMI出力が付いたこと、画質が... 続きを読む

[Wonder7]miracle01:InterBEE初日!すばらしき映像業界のお祭りへようこそ!

高野光太郎 @takanok 今日はCanonブースでのEOS C300のセミナー仕込みに時間を取られ、残念ながら、ほとんど情報収集は出来なかった。またUst練... 続きを読む

特集記事

10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。

トップ > 特集 > [InterBEE2010]ザハトラー・ジャパン株式会社ブースレポート