PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Inter BEE 2011の歩き方]最小限の力で最大の効果をもたらす5つの方法を伝授!
News

[Inter BEE 2011の歩き方]最小限の力で最大の効果をもたらす5つの方法を伝授!

#Inter BEE 2011の歩き方

2011-10-29 掲載

季節到来!

映像業界1年の締めくくりとも言えるあの季節がやってきた!Inter BEE(国際放送機器展)(#interbee)の季節到来である。2011年は、3.11東日本大震災などこれまでの物事を考え直す節目となった年とも言えるが、はたしてInterBEE2011では何が出てくるのか?興味深い所である。

開幕まで残すところあと三週間。もちろん今年もPRONEWSは11月16日から18日までの3日間、InterBEE会場のどこかに幕張特設スタジオを設け、リアルタイムにレポートをお届けする!きっと3.11の衝撃からよみがえる日本の力をInterBEEで見られるかと思う。

Post HD ―2011年のInterBEEは次の展開を感じる場所になるだろう

ようやくHDについては、掌に収まった感はある。これまで理想的な未来像が語られ、時期尚早と言われるプロダクトやサービスが生まれてきたが、ユーザーである我々が消費してようやく熟れるという時期に来たのではないか。HDが当たり前になった事によって、次はどこへ向かうのか?2K、3Dそして4K。大判センサーやDSLRも外せないキーワードだ。それに伴い、PRONEWSでも取り上げるファイルベースや圧縮・非圧縮の進化は押さえておきたいところだ。

実際に地デジ移行も終わり、本当の意味でも”Post HD“を標榜する時が来たようだ。HDをどう乗りこなしていくのか?そしてその先にあるものとは?メーカー発ではなく、ユーザーや映像制作クリエーターにとっては、これからが本当の意味でのスタートといえるだろう。

Inter BEE会場は昨年同様幕張メッセ4ホールから8ホールまでが使用される。昨年のブースマップとはどうやら顔ぶれが変わるようだ。JVCケンウッドのように社名が変わった企業、ブースとして復活したREDを扱う西華産業、アドビシステムズ等、多くの様変わりを見せそうだ。

そういう意味でも、毎年まず戸惑うのは、ブース配置だろう。入場レジストレーションが終わり、まず全体像を把握するために地図と格闘する。事務局側も効率よく巡回できるようにブース割を配慮しているが、これはあくまでも万人に対する施策だ。来場する人々の目的は様々であり、業種も違う。すべてのリクエストにこたえることが難しいのは、周知の通りで、自分が見たい製品のあるブースや自分の仕事内容に合わせてブースを探し出して効率よく回るのは至難の業だ。実際に会場に到着してホールに降り立つと、目に付いた新製品のブースに立ち寄り、巨大なブースを構えるソニーやパナソニックのブースに吸い込まれて、気付いたときには時間をかなり割いてしまった…という経験を持つ人も多いはず。

今年もPRONEWSでは、独断と偏見に十分に満ちたInterBEE2011の歩き方おすすめコースをご用意した。会場でもオリジナルMAP付きで配布されるこの「InterBEE2011の歩き方」は、目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られるガイドをお送りするのでぜひ参照いただきたい。

Inter BEE 2011の歩き方 オリジナルガイドマップ無料配布中!

[ Category : , ]
[ DATE : 2011-10-29 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Inter BEE 2011の歩き方]Eコース:音を巡る旅 -今注目の音の世界-

Inter BEEで網羅するオーディオは、テレビ放送だけでなくラジオ放送や公開放送用のSRシステム、連絡回線など実に多岐にわたるが、各社の新製品を中心にピックアップしてみよう。オー... 続きを読む

[Inter BEE 2011の歩き方]Dコース:映像の入り口「カメラ」を極める -カメラ最新事情-

3Dや大判センサーを搭載したカメラのほか、4kやハイスピードカメラなどセンサー部分に限っても様々なカメラが登場している。記録系はMPEG2やMPEG4由来のもの、非圧縮などもあるが... 続きを読む

[Inter BEE 2011の歩き方]Cコース:プロスーマ・ネクストソリューション -新しい時代の映像制作を考える-

制作機材全体の低価格化、高性能化によって、今後は映像制作がより一般に広まり、専門業者でなくても本格的な映像制作が出来る時代に突入した。こうした背景を受けて、業務用でありながら映像制... 続きを読む

[Inter BEE 2011の歩き方]Bコース:はじめてのInter BEE -初心者でも楽しめるコツ指南!-

Bコースは、これから映像業界を目指す学生や、映像業界にそれほど詳しくない一般の人向けにお勧めしたいコースだ。 Inter BEEは他の展示会よりも、見て楽しめたり体験できるブースが... 続きを読む

[Inter BEE 2011の歩き方]Aコース:デジタルシネマ・ニュートレンド -シネマライク映像作りから全貌を見渡す-

前回予告した通り、目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる編集部謹製「Inter BEE 2011の歩き方」をお送りする。 歩き方は、5コース用意。... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Inter BEE 2011の歩き方]最小限の力で最大の効果をもたらす5つの方法を伝授!