PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2011]Day01:新時代の夜明けか?新領域カメラを総括する展示会
News

[InterBEE2011]Day01:新時代の夜明けか?新領域カメラを総括する展示会

#Inter BEE 2011

2011-11-16 掲載

新しいカメラが多方面からリリースされる

本日16日より千葉市の幕張メッセでInter BEE 2011が開幕した。昨年同様4~8ホールの5ホール分の開催となった。いろいろあった2011年だが、抜けるような青空で始まった初日は何かを予感させる日となった。

デジタル化とファイルベースワークフローが一般的になるにつれ、必ずしもテレビフォーマットにとらわれない制作環境が実現した。これにより、放送フォーマットに依存しない自由なシステムを運用することが可能になり、カメラを始めとした制作機材は様々なものが製品化されている。それは、映画クルーが扱いやすいシネライクなHDカメラであったり、ビデオクルーが扱いやすいデジタルシネマカメラであったり、スチールのカメラマンが扱いやすいカメラであったりするわけだが、放送フォーマットに準拠したハイスピードカメラや超高感度カメラなどの特殊なカメラも製品化が進み、従来ビデオカメラを製造販売していなかったメーカも参入している。

今年のInterBEEは、3Dや大判センサーを全面に打ち出していた昨年や一昨年と異なり、より充実した制作環境と映像に関わる誰もがテレビや映画の制作に参加できる土壌が本格的に整った年といえそうである。従来とても個人では購入できなかったシステムも高級乗用車を購入する程度で揃えることも不可能ではなくなり、才能あるクリエーターが育つ可能性も大きくなった。InterBEE初日はこうした視点から新領域ともいうべきカメラを中心にレポートしよう。

ある意味REDが先鞭をつけた新領域のカメラの世界は、キヤノンのEOSムービーやソニー、パナソニックなどのカメラメーカーがその後を引き継いでいる格好となっている。先般そのキヤノンから集大成ともいえるC300が発表となった。InterBEE前日には一般紙にも見開き広告を打つなど力の入れようが窺い知れる。

day1c300.jpg

今回の目玉とも言えるC300。CINEMA EOSは業界に何をもたらすのか?

day01DSC_4925.jpg

また、それ以前にデジタル一眼のフラッグシップモデルEOS 1Dxも発表になっていたこともあり、ブース内は午前中からごった返していた。

day01DSC_5146.jpg

アストロデザインは、マルチスキャンモニターなどの測定に使うジェネレーターや各種ビデオ用の測定器を開発していたが、4kのレコーダーやカメラも開発。今年は発売当初あずき色だった4kカメラがブラックになり改良版が出展されたほか、マイクロフォーサーズの4kカメラを開発。従来のカメラに比べ大幅に小型化された。

day01DSC_5392.jpg

医療など産業用のカメラを開発していたフローベルも4kカメラやEM-CCDセンサーを搭載した超高感度カメラなどを出展。超高感度カメラは、福島原発事故の際に活躍。報道やニュースなどの番組制作で活躍しているという。今年は更に高感度かつ小型なモデルを参考出品した。

day01DSC_5234.jpg

ARRI ALEXAは発表当初4モデルが予定されており、Plusはその一つだが、ヘッド部分が分離可能なALEXA Mが出展された。3Dリグに搭載するなど多様化する制作現場に柔軟に対応する姿は従来のフィルムカメラとは一味違った世界だが、見事に適応しているようだ。

day01DSC_5167.jpg

HDの醍醐味の一つにスポーツ中継があるが、その際欠かせないのがスローモーション撮影だ。トムソンのLDK8300は中継用のカメラとして光ファイバーによるベースステーションとの接続や競技場の照明によるフリッカー除去、3倍速までの撮影に対応可能などスポーツイベント収録に必要な機能を搭載している。

◀特集TOP [InterBEE2011 デイリーレポート] 2日目▶

[ Category : , ]
[ DATE : 2011-11-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2011]富士フイルム株式会社ブースレポート

昨年富士フイルムに統合され、フジノンが扱っていた放送機器等業務用の光学製品は富士フイルム光学デバイス事業部の扱いになった。2006年に富士フイルムの100%子会社になったころから業... 続きを読む

[InterBEE2011]池上通信機株式会社ブースレポート

池上通信機は、Gateway to the FileBaseをテーマに16-bit 3G対応フルデジタルHDTVカメラシステム HDK-97A/APやフルデジタルマルチパーパスHD... 続きを読む

[InterBEE2011]出口調査

InterBEE2011も無事終了しました。来場者の方々から率直なInterBEEの感想を直撃してみました。 出口インタビューに答えていただいた皆様ありがとうございました。やはり... 続きを読む

[InterBEE2011]AJA VIDEO SYSTEMSブースレポート

アスクが国内代理店を行なっているAJA VIDEO SYSTEMSは、Ki Proや先般発表になったIo XTやアップ/ダウン/クロス・ミニコンバーターUDC、シネスタイルのカメラ... 続きを読む

[InterBEE2011]パナソニック株式会社ブースレポート

今年のパナソニックはLink together Link to the future ~Evolving AVC-World~をコンセプトにP2HD シリーズやAVCCAMシリーズ... 続きを読む

[InterBEE2011]Inter BEE 2011 ブースレポート

InterBEE2011に出展している各ブースの写真やレポートを掲載しております。 株式会社アイ・ディー・エクス 株式会社アスク アビッドテクノロジー株式会社 ... 続きを読む

[InterBEE2011]ヴィンテン ジャパン株式会社ブースレポート

Vision blue メインの展示は、2Kg前後の小型軽量カメラ向けにヴィンテンが出したカメラサポートシステム「Vision blue」。ヴィンテンでは従来まで「Vinten P... 続きを読む

[InterBEE2011]株式会社計測技術研究所ブースレポート

UDR-N50 4K2K記録対応のコンテンツクリエーション向け非圧縮レコーダー「UDR-N50」がInter BEEで初公開されていた。同社のUDRシリーズと呼ばれる非圧縮レコーダ... 続きを読む

[InterBEE2011]ヤマハ株式会社ブースレポート

01V96i 注目の新製品はデジタルミキシングコンソール「01V96i」だ。大きく変わったところは、USBケーブル1本の接続でマルチトラックレコーディングに対応したことだ。従来モデ... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2011]Day01:新時代の夜明けか?新領域カメラを総括する展示会