PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2011]ヒビノ/ヒビノインターサウンド/スチューダー・ジャパンブロードキャストブースレポート

News

[InterBEE2011]ヒビノ/ヒビノインターサウンド/スチューダー・ジャパンブロードキャストブースレポート

2011-11-21 掲載

JBL PROFESSIONAL VT4883

目玉は、JBL PROFESSIONALのSRスピーカーシステムの新製品だ。フラッグシップモデルの「VerTec」シリーズというと、ドームなどの大型のスタジアムで使われるようなラインアレイのブランドだが、今回の新製品は、最小、最軽量を実現しているのがウリだ。今まで吊荷重や設置スペースの制約でラインアレイの導入が困難だった中小規模のコンサートやイベントに対応できるような仕様となっている。また、縦にアレイを組めるほかに、重量が軽くなったために水平にアレイを組めるのも大きな特徴だ。ライブハウス、ホールのコンサート以外にも企業のプレゼンテーションといったことにも使えそうなスピーカーシステムだ。

VT4883 中小規模のSRシーンに対応する軽量小型のラインアレイスピーカーシステム「VT4883」

Soundcraft Vi1

ライブSR用デジタルミキシングコンソールのVi1がブース前面に展示されていた。フラッグシップモデルでありながらもコンパクトなボディに凝縮したライブSR用の最新のデジタルミキシングコンソールだ。大型のディスプレイの中につまみがあり、ディスプレイの内容のすぐにそばで調整ができる優れた操作性を実現しているのが特徴だ。また、ライブハウスなどの暗い環境の中で操作をすることが多いので、フェーダーの中にLEDが組み込んであるのも特徴だ。光の状態で瞬時にわかるようになっている。

Soundcraftのフラグシップモデル「Vi1」 Soundcraftのフラグシップモデル「Vi1」 上下2段に分かれたスクリーンの各段に16個のつまみを配置している 上下2段に分かれたスクリーンの各段に16個のつまみを配置している 暗く、視認性の低いライブ会場でも機能の判別が瞬時に行え フェーダー内部のLEDカラーが変化する仕組みになっていて、暗く、視認性の低いライブ会場でも機能の判別が瞬時に行えるようになっている

Soundcraft Si Compactシリーズ 16/24/32

昨年のInter BEEでは試作機だったSoundcraftの小型デジタルミキシングコンソール「Si Compact」シリーズの実機が展示されていていた。Si Compactシリーズは、デジタルコンソールの中でもリーズナブルで扱いやすいのが特徴。16チャンネルモデルはラックマウントに設置できるようになっている。Vi1と同様に、各ストロークフェーダーの内部にカラーLEDを内蔵していて、AUX、FX、GEQなどの割り当てられた機能に合わせてLEDカラーが変化する仕組みになっている。

oundcraft Si Compact 32 32の入力フェーダー数を備えたSoundcraft Si Compact 32 Soundcraft Si Compact 24 24の入力フェーダー数を備えたSoundcraft Si Compact 24 Soundcraft Si Compact 16 16の入力フェーダー数を備えたSoundcraft Si Compact 16

CODA AUDIO

ヒビノインターサウンドのブロックの注目の新製品は、CODA AUDIOのスピーカーだ。昨年のInter BEEでは、新規取扱ブランドとして輸入代理を始めるということをアナウンスしたのがメインで、一部の機種を先行展示しているだけだった。今年はスタッキングの状態だったが、全ラインナップを展示していた。

CODA AUDIOのステージモニタースピーカーシステムやラインアレイスピーカーシステム CODA AUDIOのステージモニタースピーカーシステムやラインアレイスピーカーシステムなどが展示されていた

DiGiCo SD10/SD11

今年の8月に発売したDiGiCoのデジタルミキサー「SD10」と「SD11」の2つのモデルをが展示されていた。国内では初お披露目ということで注目を集めていた。DiGiCoはヨーロッパのほうでは非常に有名なブランドで、U2のコンサートなどでも使われているのも有名だ。ブランドとしての特徴は、システムが全部一緒なので、SD7を使っている人がいきなりSD11を使っても違和感がなく操作ができるようなところだ。

DiGiCo SD10 96kHzプロセッシングに対応したデジタルミキシングコンソール「DiGiCo SD10」 DiGiCo SD11 ラックマウント可能な小型デジタル・ミキシングコンソール「DiGiCo SD11」

DPA Microphones d:fine

デンマークのマイクロホンメーカーDPA Microphonesの新製品「d:fine」が展示されていた。Inter BEEで初お披露目の製品で11月25日より発売を開始する製品だ。どんな耳にも確実にフィットする新設計のイヤーフック部の採用と8.5グラムの超小型で、眼鏡やサングラス、カツラや帽子など多様なスタイルのアーティストにも快適に装着できる。ミュージカルのようなショーに最適な仕様となっている。

d:fine 最小サイズを実現したシングルイヤーヘッドセットマイクロホン「d:fine」

Studer OnAir 1500

ヒビノグループ スチューダージャパンーブロードキャストのブロックでは「OnAir 1500」が日本で初披露されていた。従来のモデルは、ちょっと高めの製品だったのが、OnAir 1500は値段を下げたモデルだ。今まで手が出なかった人でも検討ができるモデルといっていいだろう。

OnAir 1500ノ 12チャンネル、6フェーダーコンソールを備えた「OnAir 1500」

[ Category : , ]
[ DATE : 2011-11-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2017]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:ChromaVision用HDR対応LEDコントローラーやGEFEN社のIP対応ルーティングスイッチャーなど、多岐にわたる製品を展示

ヒビノはホール1にヒビノインターサウンドプロオーディオ部門とヒビノプロオーディオセールスDiv.のブースを、ホール2にはヒビノライティング映像制作/放送関連機材部門およびヒビノアー... 続きを読む

[InterBEE2016]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:取扱いメーカーのマイクロホンやアンプ、ミキサーなどを一堂に展示

ヒビノグループは同社が扱っているマイクロホンやアンプ、ミキサーなどのオーディオ製品をプロオーディオ部門2箇所と、映像制作/放送関連機材部門1箇所に出展したほか、INTER BEE ... 続きを読む

[InterBEE2015]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:映像・放送関連機材とプロオーディオの部門に分けて出展

ヒビノは今回、映像・放送関連機材の部門とプロオーディオの部門で並んで別々のブースで出展した。映像・放送関連機材部門では、Gefenなどのビデオ切り替え器などを扱うヒビノインターサウ... 続きを読む

[InterBEE2014]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:マイクやミキサーなどのイベント向け機材を幅広く展示

ヒビノはヒビノプロオーディオセールス Div.や、ヒビノクロマテック Div.などの関連部門およびグループ各社で共同出展しており、マイクやミキサー、アンプ、スピーカーといったオーデ... 続きを読む

[InterBEE2013]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:DPA Microphonesの「4017C」、Shureの「VP83/VP83F」など、新製品を多数展示

同社は、CALREC、CAMCO、CODA AUDIO、DiGiCo、DK-Technologies、DPA Microphones、Gefen、MUTEC、Rane、TUBE-T... 続きを読む

[InterBEE2011]富士フイルム株式会社ブースレポート

昨年富士フイルムに統合され、フジノンが扱っていた放送機器等業務用の光学製品は富士フイルム光学デバイス事業部の扱いになった。2006年に富士フイルムの100%子会社になったころから業... 続きを読む

[InterBEE2011]池上通信機株式会社ブースレポート

池上通信機は、Gateway to the FileBaseをテーマに16-bit 3G対応フルデジタルHDTVカメラシステム HDK-97A/APやフルデジタルマルチパーパスHD... 続きを読む

[InterBEE2011]出口調査

InterBEE2011も無事終了しました。来場者の方々から率直なInterBEEの感想を直撃してみました。 出口インタビューに答えていただいた皆様ありがとうございました。やはり... 続きを読む

[InterBEE2011]AJA VIDEO SYSTEMSブースレポート

アスクが国内代理店を行なっているAJA VIDEO SYSTEMSは、Ki Proや先般発表になったIo XTやアップ/ダウン/クロス・ミニコンバーターUDC、シネスタイルのカメラ... 続きを読む

特集記事

SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。

トップ > 特集 > [InterBEE2011]ヒビノ/ヒビノインターサウンド/スチューダー・ジャパンブロードキャストブースレポート