PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2011]ゼンハイザージャパン株式会社ブースレポート

News

[InterBEE2011]ゼンハイザージャパン株式会社ブースレポート

2011-11-21 掲載

コンデンサーマイク

一押しの新製品はコンデンサーマイクの「MK4」。24 金製1インチのトゥルーコンデンサーカプセルを搭載したスタジオ用マイクロホンだ。ボーカルはもちろん、楽器やギター、ドラムのキックにも使えるぐらいの高音圧に耐えられる設計になっている。

MK4 大型ダイヤフラムを搭載したスタジオマイクロホン「MK4」

MKH 8060/8070

今年の春に発売したコンパクトで多彩なショートタイプのガンマイク「MKH 8060」とスポーツ中継や自然音の録音に最適なロングタイプのガンマイク「MKH 8070」が展示されていた。両機種とも8000シリーズの流れを組むショットガンマイクロホンで、テレビ業界で広く利用されているMKH 416の後継製品だ。

発売中のMKH 8020/8040/8050と互換性があり、モジュール構造によってカプセルの交換で従来のマイクとの併用も可能となっている。カメラマウントした際も長さが若干短くなっているので邪魔にならなくなったり、音のキャラクターがMKH416とちょっと異なりオフになったときの音の消え方が自然に消えるような感じの作りになっているのも特徴だ。

MKH 8060 コンパクトなサイズが特徴の「MKH 8060」 MKH 8070 スポーツ中継や自然音の録音に最適な「MKH 8070」 MKH 8060/8070 デモ機 ブースには各モデルを体験できるデモ機も用意されていた

ADN CU1/ADN C1/ADN C1

デジタル会議システムも展示されていた。デジタル議長ユニットの「ADN D1」やデジタル参加者ユニット「ADN C1」のEtherケーブルをセントラルユニット「ADN CU1」につなぐだけで接続は完了。制御に関してはセントラルユニットのほうをPCにつないで、カンファレンスマネージャー ソフトウェアからコントロールできる。議長の負担も少なく、会議進行もスムーズにできるようになっている。

ADN CU1/ADN C1/ADN C1 デジタル会議システムはカンファレンスユニットやデジタル議長ユニット、デジタル参加者ユニットの3種で構成される

ミニライブ

ブース中央にはステージが設置され、定期的にミニライブが行われていた。その音をヘッドホン「HD25-1 II」やイヤーモニターで試聴できるようになっていた。

ミニライブをHD25-1 IIで視聴 ライブ中は多くの人が足を止めて演奏の様子を楽しんでいた

[ Category : , ]
[ DATE : 2011-11-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2011]富士フイルム株式会社ブースレポート

昨年富士フイルムに統合され、フジノンが扱っていた放送機器等業務用の光学製品は富士フイルム光学デバイス事業部の扱いになった。2006年に富士フイルムの100%子会社になったころから業... 続きを読む

[InterBEE2011]池上通信機株式会社ブースレポート

池上通信機は、Gateway to the FileBaseをテーマに16-bit 3G対応フルデジタルHDTVカメラシステム HDK-97A/APやフルデジタルマルチパーパスHD... 続きを読む

[InterBEE2011]出口調査

InterBEE2011も無事終了しました。来場者の方々から率直なInterBEEの感想を直撃してみました。 出口インタビューに答えていただいた皆様ありがとうございました。やはり... 続きを読む

[InterBEE2011]AJA VIDEO SYSTEMSブースレポート

アスクが国内代理店を行なっているAJA VIDEO SYSTEMSは、Ki Proや先般発表になったIo XTやアップ/ダウン/クロス・ミニコンバーターUDC、シネスタイルのカメラ... 続きを読む

[InterBEE2011]パナソニック株式会社ブースレポート

今年のパナソニックはLink together Link to the future ~Evolving AVC-World~をコンセプトにP2HD シリーズやAVCCAMシリーズ... 続きを読む

[InterBEE2011]Inter BEE 2011 ブースレポート

InterBEE2011に出展している各ブースの写真やレポートを掲載しております。 株式会社アイ・ディー・エクス 株式会社アスク アビッドテクノロジー株式会社 ... 続きを読む

[InterBEE2011]ヴィンテン ジャパン株式会社ブースレポート

Vision blue メインの展示は、2Kg前後の小型軽量カメラ向けにヴィンテンが出したカメラサポートシステム「Vision blue」。ヴィンテンでは従来まで「Vinten P... 続きを読む

[InterBEE2011]株式会社計測技術研究所ブースレポート

UDR-N50 4K2K記録対応のコンテンツクリエーション向け非圧縮レコーダー「UDR-N50」がInter BEEで初公開されていた。同社のUDRシリーズと呼ばれる非圧縮レコーダ... 続きを読む

[InterBEE2011]ヤマハ株式会社ブースレポート

01V96i 注目の新製品はデジタルミキシングコンソール「01V96i」だ。大きく変わったところは、USBケーブル1本の接続でマルチトラックレコーディングに対応したことだ。従来モデ... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2011]ゼンハイザージャパン株式会社ブースレポート