PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2011]ヤマハ株式会社ブースレポート

News

[InterBEE2011]ヤマハ株式会社ブースレポート

2011-11-21 掲載

01V96i

注目の新製品はデジタルミキシングコンソール「01V96i」だ。大きく変わったところは、USBケーブル1本の接続でマルチトラックレコーディングに対応したことだ。従来モデルでもUSBポートを搭載していたが、PCと接続してエディットやデータの管理をするまでしかできなかった。01V96iでは、サンプリング周波数最大96kHzの16イン/16アウトUSBオーディオストリーム機能に対応し、マルチトラックレコーディングが可能になった。PCとミキサーの親和性が高まったところで、SteinbergのDAWソフト「Cubase AI 6」が同梱。PCにインストールするだけで簡単に録音環境を構築することができる。

また、従来モデルでは「ADD-ON EFFECTS」としてオプションとなっていたエフェクトを標準で装備するようになった。細かいことろでは、色が黒になり、マイクプリアンプの音質をさらに向上している。

01V96i 2012年1月発売に発売するデジタルミキシングコンソール「01V96i」

MY8-LAKE

ヤマハMini-YGDAI規格のLake Processingカード「MY8-LAKE」が展示されていた。MY8-LAKEは非常にユニークなフィルターを使ったスピーカープロセッサーで、Lakeプロセッシングがヤマハのミキシングコンソールで使用することが可能になるという製品だ。

LAKE自体はもともとオーストラリアの会社で、ラウドスピーカープロセッシングやシステムEQを作った会社だ。一時期、Dolbyの研究機関が買収しDolby Lake社が設立したが、2009年にLab.gruppenが商標を買収して今に至っている。

発売は来春を予定。 MY8-LAKE ヤマハとLab.gruppen/Lakeの技術提携により実現した「MY8-LAKE」

Dugan-MY16

オートマチックミキサーカーの「Dugan-MY16」も展示されていた。ヤマハMini-YGDAI規格の製品だが、ヤマハ自体で開発をしたものではない。アメリカのDan Dugan Sound Designという会社の製品で、オートマチックミキシングをしてくれるDSPカードだ。

マイクを1本、2本、3本、4本使っていくとゲインが上がるが、そこでトータルゲインを常に一定にするというアルゴリズムを行う製品だ。米国では非常にポピュラーなものだが、ヤマハのコンソールで使えるとというところで展示を行っているとのことだ。

Dugan-MY16 オートマチックミキサーを搭載した「Dugan-MY16」

[ Category : , ]
[ DATE : 2011-11-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2014]ヤマハブース:音の入口から出口までをカバーする製品を展示

ヤマハは今年もグループ会社であるSteinbergやNEXOとともに音の入口から出口までをカバーする数々の製品を出展し、ライブサウンドからブロードキャスト、ポストプロダクションに至... 続きを読む

[InterBEE2013]ヤマハブース:オーディオインターフェース「UR44」や、ミキシングコンソールMGPシリーズなど幅広く音響製品を展示

ヤマハはオーディオ編集ソフトやイベントや設備系の音響製品のほか、各種ミキサーなど幅広いジャンルのオーディオ製品を手がけている。今年は、オーディオインターフェースUR44やパワードス... 続きを読む

[InterBEE2012]ヤマハブースレポート

2013年1月発売のスピーカーシステムSTMシリーズや2013年2月に発売のパワードTDコントローラーNXAMPのほか、オーディオネットワークDanteにより複数台のI/Oラックを... 続きを読む

[NAB2012:YAMAHA]新製品のCLシリーズがNABで初お披露目!

YAMAHAブースレポート ヤマハは、先ごろ発表されたデジタルミキシングコンソールCLシリーズのほか、PM5DやM7CL、LS9、DM2000、DM1000、02R96、01V96... 続きを読む

[InterBEE2011]富士フイルム株式会社ブースレポート

昨年富士フイルムに統合され、フジノンが扱っていた放送機器等業務用の光学製品は富士フイルム光学デバイス事業部の扱いになった。2006年に富士フイルムの100%子会社になったころから業... 続きを読む

[InterBEE2011]池上通信機株式会社ブースレポート

池上通信機は、Gateway to the FileBaseをテーマに16-bit 3G対応フルデジタルHDTVカメラシステム HDK-97A/APやフルデジタルマルチパーパスHD... 続きを読む

[InterBEE2011]出口調査

InterBEE2011も無事終了しました。来場者の方々から率直なInterBEEの感想を直撃してみました。 出口インタビューに答えていただいた皆様ありがとうございました。やはり... 続きを読む

[InterBEE2011]AJA VIDEO SYSTEMSブースレポート

アスクが国内代理店を行なっているAJA VIDEO SYSTEMSは、Ki Proや先般発表になったIo XTやアップ/ダウン/クロス・ミニコンバーターUDC、シネスタイルのカメラ... 続きを読む

[InterBEE2011]パナソニック株式会社ブースレポート

今年のパナソニックはLink together Link to the future ~Evolving AVC-World~をコンセプトにP2HD シリーズやAVCCAMシリーズ... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2011]ヤマハ株式会社ブースレポート