PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2011]富士フイルム株式会社ブースレポート
News

[InterBEE2011]富士フイルム株式会社ブースレポート

#FUJIFILM #Inter BEE 2011

2011-11-24 掲載

昨年富士フイルムに統合され、フジノンが扱っていた放送機器等業務用の光学製品は富士フイルム光学デバイス事業部の扱いになった。2006年に富士フイルムの100%子会社になったころから業務用のビデオテープなどレンズ以外の製品も出展されるようになっていたが、今年も放送機器関連の製品も含めた総合的な展示となっている。

ハイビジョン用レンズをいち早く開発したり、レンズにマイクロコンピュータを搭載したり、防振装置や高倍率ズームレンズの先鞭をつけるなど、常に業界をリードしてきたが、今年は昨年に引き続きバリアブルNDフィルターや3Dシンクロズームレンズシステム、ワイヤレスデマンドシステムの出展のほか、新製品としてENG用ズームレンズHA19×7.4BEやZS17×5.5BERM、バーチャルスタジオシステムに対応したXA19×7.4BEなどの新製品が出展された。

HA27

自動追尾プレシジョンフォーカス機能を搭載したHA27。画面上の顔を検出し自動追尾を行うオートモードでは、顔のほかにも新デマンドを追加することで形状や色などを複合的に認識してフォーカスエリアの自動追尾を行うことができる。

HA42×13.5BERDで3D撮影に必要なシンクロズーム機能を搭載したもの

42倍の高倍率ズームレンズHA42×13.5BERDで3D撮影に必要なシンクロズーム機能を搭載したもので、スポーツやライブ中継における遠距離撮影が可能(参考出品)。

HA42×13.5BERDで3D撮影に必要なシンクロズーム機能を搭載したもの

2本のレンズの光軸を正確に合わせるためにプリズムとミラーを使った光学系やアライメント調節機構が組み込まれている。

XA20s×8.5BE

スイッチを押し続けることにより、 一時的にテレ端にズーミングし、スイッチを離すとまた元の位置に戻るクイックズーム機能や一定の速度で低速のズーミングをしたい場合に効果を発揮するオートクルージングを搭載したXA20s×8.5BE。

バリアブルNDフィルター

NHKと共同開発したバリアブルNDフィルター。1/64まで無段階でフィルターの濃度を調節することができる。光量差が大きい場面でもアイリスを一定に保ったまま撮影することが可能。

HA19×7.4BE

最短撮影距離55cmを実現したコンパクトズームレンズ HA19×7.4BE。ワイドからテレまでの全領域で高い解像度を実現。

HA27

ワイドレンジ1/2型HDレンズZS17×5.5BERM。17倍の高倍率ズームに2倍のエクステンダーを搭載することで、広い撮影エリアをカバーできる。

HK3.1×14.5

超広角35mmPLマウントレンズ HK3.1×14.5。T2という明るさと自然なボケを生かした撮影を可能にしたほか浅い被写界深度での撮影が可能。ズーミングによる画質変動を抑えるズームフローティング方式を採用。

HK7.5×24

35mmPLマウントレンズ HK7.5×24。24mm~180mm対応の望遠ズームレンズ。HK7.5×24と同様に絞り羽根9枚構成およびズームフローティング方式を採用している。


[ Category : , ]
[ DATE : 2011-11-24 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現:CP+2020]Vol.09 富士フイルムブースの目玉はCP+前日に発表したX-T4のタッチ&トライ。動画撮影機能も大幅に強化

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 CP+前日に「X-T4」を発表。CP+でタッチ&トライを予定していた 富士フイルムブース ※写真はCP+2019の様子 ... 続きを読む

[InterBEE2019]富士フイルムブース:4K放送用レンズの125倍ズームレンズ「UA125×8」やAF対応「UA107x8.4AF」を出展

高倍率放送用レンズの新製品2機種を国内初出展 今年のInter BEEの展示会場の中でも特に注目製品と言える4K放送用ズームレンズの「FUJINON UA125×8」... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.13 富士フイルム、100メガピクセルのラージフォーマットミラーレス「GFX100」やシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」を展示

txt・構成:編集部 話題のラージフォーマットミラーレスカメラとシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」との組み合わせがユニーク 富士フイルムブースの注目は、... 続きを読む

[NAB2019:富士フイルム]シネマカメラ用ズームレンズ「Premista」や125倍を達成した開発中のFUJINON UA125×8を展示

富士フイルムブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Googl... 続きを読む

富士フイルム、ラージフォーマット対応で小型軽量を実現したシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」登場。開発の背景について聞く

富士フイルムは4月3日、ラージフォーマットセンサー対応のシネマカメラ用ズームレンズPremistaを発表。ラスベガスで開催されたNAB2019では、Premista発表のプレスカン... 続きを読む

[NAB2018:富士フイルム]FZマウントやマイクロフォーサーズマウントのMKレンズ、PLマウント専用光学エクステンダーを使ったフジノンPLレンズを展示

富士フイルムブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google C... 続きを読む

[NAB2018]富士フイルムブース(動画)

NAB2018の富士フイルムブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2018]富士フイルムブース:往年の色調「ETERNA」モード搭載の「X-H1」やXマウントのMKレンズ発表

富士フイルムブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザ... 続きを読む

[NAB2017:富士フイルム]MKレンズシリーズが登場!スタジオ撮影用レンズや放送用ズームレンズも展示

富士フイルムブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Goog... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2011]富士フイルム株式会社ブースレポート