PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Inter BEE 2012の歩き方]Bコース: はじめてのInter BEE -初心者でも納得の楽しみ方-

News

[Inter BEE 2012の歩き方]Bコース: はじめてのInter BEE -初心者でも納得の楽しみ方-

2012-11-01 掲載

Bコースは、これから映像業界を目指す学生や、映像業界にそれほど詳しくない一般の人向けにお勧めしたいコースだ。映像業界は報道カメラマンや中継カメラマン、番組編集マン、サウンドエンジニア、ビデオエンジニアといった職種の人たちが普段使っている定番メーカーの機材を見たり体験することに重点を置いている。映像業界に入れば他の部署の人たちがどういった機材を使用して作業をしているのかを知ることが大事。特に少人数のプロダクションになるとできるだけ部署の垣根を超えた知識が必要だ。学生の人たちはこのコースで機材や技術のトレンドといったところを学んでほしい。映像業界でない人ならば、映像がどのような機材によって制作されているのかを見たり、最先端の3D映像や4K、バーチャルスタジオといったもの体験して楽しんでほしい。

Inter BEE 2012の歩き方 オリジナルガイドマップ無料配布中!
1 ヒビノ/ヒビノインターサウンド/スチューダー・ジャパン-ブロードキャスト (ブース#4308)
JBL PROFESSIONAL、DiGiCo、Studer他
InterBEE2012_courseB-1.jpg
プロオーディオ部門に最大規模で出展しているヒビノの3社共同出展ブースで、デジタルミキシングコンソールやマイクロホン、スピーカーを見てみよう。ヒビノからは世界有数のスピーカーシステムメーカーの「JBL PROFESSIONAL」、ミキシングコンソールの名門メーカとして有名な「Soundcraft」、ヒビノインターサウンドからは世界中のエンジニアから高い評価を獲得している「DiGiCo」、スチューダー・ジャパン−ブロードキャストからは放送用ミキシングコンソールで有名な「STUDER」といった高性能で優れた業務用音響製品がまとめてチェック可能だ。
2 アストロデザイン (ブース#5410)
4K解像度高精細カメラ、4K液晶モニタ、3G-SDI/4K対応フレームメモリボード他
InterBEE2012_courseB-2.jpg
注目はHDTVの16倍の画素数を持つスーパーハイビジョンの上映だ。圧倒的な解像度の映像を実際に自分の目で見てほしい。23.8Gbpsのスーパーハイビジョン信号を非圧縮で記録再生可能なスーパーハイビジョン用ハードディスクレコーダなども要チェック。また、今話題のCINEMA EOS C500に対応したポータブル4K非圧縮 SSDレコーダ「HR-7510」や4K LIVE中継用のカメラとして使用するためのカメラコントロールユニット「HB-7513」、このほかにも10Bit対応 液晶パネル採用した4K液晶モニタラインナップも注目だろう。
3 ソニー / ソニービジネスソリューション (ブース#6211)
4Kカメラ、デジタルシネマカメラ他
InterBEE2012_courseB-3.jpg
シネマカメラや次世代の映像制作ソリューションを見てみよう。高画質なCineAlta 4Kカメラ「F65」などの最新4Kカメラの展示だけでなく、オートデスクをはじめとする17社のメーカーがF65も採用する記録フォーマット「SRMASTERフォーマット」に対応するなど、4K高画質コンテンツ制作環境の現状などにも注目したい。また、ネットワークや新しいアーカイブシステムといったソニーならではの次々と変化する映像制作ソリューションの展示も注目だ。
4 リーダー電子 (ブース#6210)
試験信号発生器、測定器他
InterBEE2012_courseB-4.jpg
電気計測器専門メーカーのリーダー電子で、3Dアシストやラウドネスオーディオモニター、波形モニター、ベクトルスコープといったさまざまな計測器を見てみよう。新製品ではラウドネス対応のオーディオモニター「LV 5838」などが展示されるだろう。3Dの立体視効果を評価する「3Dアシスト」や、輝度レベル、RGBレベル、相対露出のいずれかを数値表示する「シネライト」、輝度レベルに応じて色別けする「シネゾーン」などのデモも必見だ。
5 銀一 (ブース#6208)
スタジオ照明機器、設備、撮像装置、ステディカム他
InterBEE2012_courseB-5.jpg
カメラスタビライザーの代名詞的存在「Steadicam」の実機を見てみよう。専用のベストやアームを使って歩きながらもぶれない映像を撮ることができる定番のスタビライザーで、実機が体験できる機会が用意されているならチャレンジしてみてもいいだろう。昨年はデモンストレーターが撮っているリアルタイム映像をブース内の大型ディスプレイにワイヤレストランスミッターで伝送するデモが面白かったが、今年も出展されていたらこちらも注目だ。
6 平和精機工業 (ブース#6501)
ジブアーム、リモート雲台、三脚他
InterBEE2012_courseB-6B.jpg
Libecブランドでお馴染み、映像制作の要となる三脚を製造する国内メーカー。伸縮機能を搭載したジブアーム「SWIFT JIB50Kit」やリモートヘッド「REMO30」、ビデオ三脚「RS」などの注目製品が実践的な形で出展される。特にジブアームなどの特機はなかなかお目にかかる機会も少ないので、体験するには絶好のチャンスだ。新製品も展示予定とのことなので、大いに注目したい。
7 昭特製作所 / レントアクト昭特 (ブース#7207)
ペデスタル、三脚、雲台、クレーン他
InterBEE2012_courseB-6.jpg
重量のある放送用スタジオカメラを自由自在に動かすペデスタルやクレーン、レールの展示を見てみよう。昭特製作所といえばTV番組のスタジオでカメラをドリーさせるペデスタルだ。毎年実際に体験できるようになっているので、もし今年も体験できるようになっているならば動かしてみよう。そのほかには、カメラやリモコン雲台を搭載して直線10mのレールを走行可能なリモートレールトラックシステムやステディカム用のセグウェイを使ったムービングドリー、ワンマンオペレートのできる大型クレーンといった展示も注目だ。
8 パナソニック / パナソニック システムソリューションズ ジャパン (ブース#7308)
HDTVシステム、スタジオカメラ、3Dカメラ他
InterBEE2012_courseB-7.JPG
パナソニックで3D映像や3D機器を見てみよう。ブースでは次世代の放送、業務用映像制作機器が中心になることが予想される。新製品ではAVCHDハンドヘルドカメラレコーダー「AG-AC90」や放送業務用スタジオハンディカメラ「AK-HC3800」、P2HDメモリーカードカメラレコーダー「AG-HPX600」などの新製品が目玉になると思われる。おそらくオリンピック史上初の3D放送を実現させた一体型二眼式3Dカメラレコーダー「AG-3DP1」などの3D機器の展示や映像も展示されるだろう。3Dのその場にいるような臨場感溢れる映像をぜひ楽しんでほしい。
9 ノビテック (ブース#7515)
Vision Research「Phantom」シリーズ他
InterBEE2012_courseB-8.jpg
CM、PV、映画、スポーツ中継などでスーパースローを実現するハイスピードカメラを見てみよう。ハイスピードカメラの展示の中でも注目は今年は初めて展示される小型軽量を実現したハイスピードカメラ「Phantom Miro LC320S」だ。バッテリー内蔵でコントロール用のコンピュータも不要なのが特徴で、1280×800ピクセルで3200コマ/秒、最高で65万コマ/秒の高速度撮影が可能になっている。そのほかにも従来からリリースされているフルHDの1920×1080ピクセルで2500コマ/秒の高速度撮影を実現する「Phantom FLEX」や400万画素の2560×1600ピクセルで最高1450コマ/秒を実現する「Phantom V641」も要チェックだ。
10 ディストーム (ブース#8216)
NewTek「TriCaster」シリーズ他
InterBEE2012_courseB-9.jpg
ディストームは、毎年実写の人にCGの背景をリアルタイムに合成するバーチャルスタジオシステムのデモを行っている。ゲストや司会者はスペースの限られたグリーンバックブースで撮影されるが、配信される際には豪華なスタジオに置き換えられるという映像制作の実演で、今年もこのデモが行われるならば注目だ。マルチ入力HDライブストリーミングシステム「TriCaster」シリーズを使ったデモで、番組制作からライブストリーミング映像配信、高度なバーチャルセットのリアルタイム合成機能といった機能がすべてワンパッケージになっているのが特徴だ。
11 アドビシステムズ (ブース#8517)
Adobe Creative Suite 6、Adobe Creative Cloud他
InterBEE2012_courseB-10.jpg
注目は64ビット対応の動画編集ソフト「Premiere Pro」や「After Effects」だ。一眼レフカメラの動画撮影機能で撮影されたファイルやRAWファイル形式をネイティブのままリアルタイムに作業できる様子を見てほしい。ブース内のメインステージでは、CS6ファイルベースワークフローやCS6 4K制作ワークフロー、After Effects CS6新機能などの紹介、CS6 User’s Talk、毎日日替わりでゲストを迎える「Adobe 映像塾特別編」が行われる。デモコーナーではNVIDIA Maximus環境を搭載したHP最新ワークステーションZ820が展示される予定だ。

Aコース [Inter BEE 2012の歩き方] Cコース
Inter BEE 2012の歩き方 オリジナルガイドマップ無料配布中!

[ Category : , ]
[ DATE : 2012-11-01 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Inter BEE 2012の歩き方]Avidコース: Avid製品丸わかり -ワークフローからハンズオン会場で観られる製品群-

Inter BEE会場に点在するAvidソリューションを訪ねて... Avidと言えばここ20年のノンリニア編集の変遷を担って来た老舗の企業と言っても過言ではない。当... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Extra:厳選 来るべきHigh Resolutionの世界

江夏由洋がチョイスする High Resolutionの世界を巡るコースとは? いよいよ11月にInter BEEが幕張で開催されます。今年のキーワードはHigh Resoluti... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Eコース:音を巡る旅 -押さえておくべき音の世界-

オーディオの業界ではビデオより以前からデジタル化され、記録や処理など非圧縮が当たり前の状況だ。すでにCDクオリティを超えた記録も一般的になり、同時記録チャンネル数も4chや8chを... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Dコース: 映像の入り口「カメラ」を極める -カメラ最新事情-

大判センサーや4Kといった今までのビデオの業界ではほとんど馴染みのなかったものが、当たり前のように語られるようになってきた。シネスタイルでの撮影もカメラやレンズ、周辺機器の充実によ... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Cコース: プロスーマ・ネクストソリューション -新しい時代の映像制作考-

最近では、映像制作を生業にしているプロダクション以外にも、映像制作業に参画する企業が増えて来ている。これらの業態では、主軸である本業のPR、もしくは広報ツールの一環として自社での映... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Aコース: デジタルシネマ・ニュートレンド -シネマライク映像制作考-

Aコースは、最新のデジタルシネマ関連製品とその周辺テクノロジーを中心に巡るコース。いまや最新のデジタルシネマ技術・製品は、映像制作の先端技術を牽引役として、業界全体にとっても重要な... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Intro:最小限で最大の効果を生む5つの方法

映像の祭典へご案内! キンモクセイの香りが鼻を掠めるとまたこの季節が来たと思う。そう、映像関係者には見逃せないイベントInter BEE(国際放送機器展)開催の季節である。今年は... 続きを読む

特集記事

SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。

トップ > 特集 > [Inter BEE 2012の歩き方]Bコース: はじめてのInter BEE -初心者でも納得の楽しみ方-