PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Inter BEE 2012の歩き方]Cコース: プロスーマ・ネクストソリューション -新しい時代の映像制作考-

News

[Inter BEE 2012の歩き方]Cコース: プロスーマ・ネクストソリューション -新しい時代の映像制作考-

2012-11-02 掲載

最近では、映像制作を生業にしているプロダクション以外にも、映像制作業に参画する企業が増えて来ている。これらの業態では、主軸である本業のPR、もしくは広報ツールの一環として自社での映像制作を始めている、いわゆるプロスーマと呼ばれる会社や個人だ。また特徴として本業での収益性の安定から、プロ仕様の機材を難なく導入してクオリティの高い映像制作ノウハウを積み、さらにその設備の充実さから他の映像制作自体を請け負うまでに事業拡大しているケースもある。またデジタルによる制作機材全体の低価格化、高性能化により、ある程度の経験があれば誰もが映像制作業務に参加できるようになって来たことも大きな背景となっている。また、最近ではTwitterやFacebookなどソーシャルメディアの影響力もあり、Vimeo、YouTubeなどのWebビデオでのCM展開、インフォマーシャル、PR動画などの普及拡大も進んでいる。

Cコースではこうした新たなユーザー層のための、業務用でありながら映像制作の初心者でも使いやすく、また汎用性の高い製品群を中心に巡るコース。今後の映像業界に新たな市場を牽引するであろうプロスーマ向け製品群を紹介。

Inter BEE 2012の歩き方 オリジナルガイドマップ無料配布中!
1 KOREA PAVILION
Cineroid、 VARAVON他
InterBEE2012_courseC_KOREA.jpg
昨年も人気だった韓国企業を集めたKOREA PAVILIONのコーナーでは、Cineroid(Apple Retinaディスプレイと同じ素材を用いたEVFやLEDライト)、VARAVON(DSLRムービー向けミニクレーン、ジブなど撮影サポート機材全般)、KONOVA(低価格で堅牢性の高いスライダー,ミニジブ、カメラマンジャケットなどのオリジナル製品)など、主に安価ながらも製品の信頼性も高いカメラ周辺のサポート機材を取り扱う韓国メーカーが軒を連ねる。
2 ローランド (ブース#4710 / 4613)
R-88、HDスイッチャー、コンバータ他
InterBEE2012_courseCRoland.jpg
プロスーマ機材の代表格メーカーとなっているローランド。USTREAM配信対応のビデオスイッチャー機材など、これまでにも多くのプロスーマ向け製品を輩出してきた同社からは、HDスイッチャー、コンバータなど今年も新製品が目白押し。特にHDMI出力カメラに対応する、安価で使いやすい新製品に注目。またオーディオミキサー&フィールドレコーダーの新製品R-88など、オーディオ部門でも新製品発表がありそうだ。
3 三友 (ブース#5405)
TRUE ND他
InterBEE2012_courseCmitomo.jpg
各種放送向けワークフローソリューションを提供する三友。注目製品は同社が開発した「TRUE ND」。純日本製のNDフィルターとして、蒸着製法を採用し色転びが無く、高精度の透過率を得られ、濃度の高いNDを使用する際に心配された赤外光への対応も万全、赤外領域750nmまでフラットな透過率を維持できる。
4 シナジー (ブース#6314)
Silverstack 、Live Grade他
InterBEE2012_courseC_synagy_.jpg
ドイツPOMFORT社のデータマネジメントツール「Silverstack」や、すでに多くの映画制作現場で活躍しているオンセット・カラーグレーディングツール「Live Grade」、またCalDigit社のデータストレージ製品、またMacだけでテレビ放送局システムを構築出来るToolsOnAir社の「Just:」シリーズなど、安価でユニークな製品取り扱う輸入代理店。
5 マンフロット (ブース#7204)
SYMPLA他
InterBEE2012_courseCManfrotto.jpg
堅牢性が高く、デザインも秀逸なイタリアの三脚メーカーマンフロット。注目は今年のNABで発表され、今夏に発売された撮影サポートシステムラインナップ「SYMPLA」。DSLRムービーの隆盛で多くのユーザーに求められて来た、堅牢性が高く、プロフェッショナル仕様のエルゴノミックなデザインの撮影サポート機材を実現。柔軟性、スピード性に優れた仕様変更など、プロの現場で活躍できるパフォーマンスに注目。
6 ブラックマジックデザイン (ブース#7206)
Blackmagic Cinema Camera
InterBEE2012_courseCBlackmagicdesign.jpg
今回も新製品目白押しを予感させるブラックマジックデザイン社。今年の目玉はなんといっても、世界中で話題沸騰のブラックマジックシネマカメラ(BMCC)。9月のIBCではマイクロフォーサーズ版も発表され、その勢いは続く。また元来得意とする安価でコンパクトなコネクト製品、さらに進化を続けるカラーグレーディングシステムのスタンダード「DaVinci Resolve 9」の新機能などにも注目したい。
7 ニコンイメージング (ブース#7307)
D4、D800、D600他
InterBEE2012_courseCNikon.jpg
今年から世界各国の映像系展示会に出展し、展示ブース面積も拡げているニコン。日本を代表するカメラメーカーの老舗が、いよいよ本格的に動画制作への乗り込みが期待される。D4、D800、そして新製品のD600など、DSLRムービーの最左翼として、このInterBEEでの展示、新製品にも大いに期待大。
8 JVCケンウッド (ブース#8104)
GY-HM650、GY-HM600他
InterBEE2012_courseCJVCKenwood.jpg
高感度F11を実現した、同社初となる新開発3CMOSセンサーとフジノン製23倍ズームレンズを搭載した放送用小型カメラの基本機能を搭載した「GY-HM650」「GY-HM600」というファイルベースのコンパクトHDカメラを発表したJVCケンウッド。このInterBEEでは、タッチ&トライコーナーを設けて、その操作性を試せる絶好の機会となる。その他、4Kカメラレコーダー「GY-HMQ10」や高性能デジタル無線機シリーズなども展示予定。
9 ディストーム (ブース#8216)
TriCaster 855、TriCaster 455他
InterBEE2012_courseCdstorm.jpg
米NewTek社の3DCGソフト「Lightwave 3D」と、いまやWebキャスティング等のマスターシステムとして浸透している「TriCaster」を販売するディストーム。今年のNABで発表されたTriCaster 850、450のそれぞれのアップグレード版、「TriCaster 855」「TriCaster 455」を中心に展示。
10 タジマモーターコーポレーション (ブース#8516)
GoPro HD HERO3他
InterBEE2012_CourseC_gopro3.jpeg
GoProの国内総販売代理店として初出展となるする タジマモーターコーポレーション。注目はなんといっても10月に発表/発売されたGoPro HD HERO3だろう。さらに薄くなったコンパクトな筐体で、3タイプの機種があるという。それぞれWiFi標準内蔵で、マニュアルホワイトバランスやビデオ撮影中の写真撮影などアップグレードされた機能に加え、最上位機種のHERO3ブラックエディション($399)は、なんと4Kまで収録可能。

Bコース [Inter BEE 2012の歩き方] Dコース
Inter BEE 2012の歩き方 オリジナルガイドマップ無料配布中!

[ Category : , ]
[ DATE : 2012-11-02 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Inter BEE 2012の歩き方]Avidコース: Avid製品丸わかり -ワークフローからハンズオン会場で観られる製品群-

Inter BEE会場に点在するAvidソリューションを訪ねて... Avidと言えばここ20年のノンリニア編集の変遷を担って来た老舗の企業と言っても過言ではない。当... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Extra:厳選 来るべきHigh Resolutionの世界

江夏由洋がチョイスする High Resolutionの世界を巡るコースとは? いよいよ11月にInter BEEが幕張で開催されます。今年のキーワードはHigh Resoluti... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Eコース:音を巡る旅 -押さえておくべき音の世界-

オーディオの業界ではビデオより以前からデジタル化され、記録や処理など非圧縮が当たり前の状況だ。すでにCDクオリティを超えた記録も一般的になり、同時記録チャンネル数も4chや8chを... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Dコース: 映像の入り口「カメラ」を極める -カメラ最新事情-

大判センサーや4Kといった今までのビデオの業界ではほとんど馴染みのなかったものが、当たり前のように語られるようになってきた。シネスタイルでの撮影もカメラやレンズ、周辺機器の充実によ... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Bコース: はじめてのInter BEE -初心者でも納得の楽しみ方-

Bコースは、これから映像業界を目指す学生や、映像業界にそれほど詳しくない一般の人向けにお勧めしたいコースだ。映像業界は報道カメラマンや中継カメラマン、番組編集マン、サウンドエンジニ... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Aコース: デジタルシネマ・ニュートレンド -シネマライク映像制作考-

Aコースは、最新のデジタルシネマ関連製品とその周辺テクノロジーを中心に巡るコース。いまや最新のデジタルシネマ技術・製品は、映像制作の先端技術を牽引役として、業界全体にとっても重要な... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Intro:最小限で最大の効果を生む5つの方法

映像の祭典へご案内! キンモクセイの香りが鼻を掠めるとまたこの季節が来たと思う。そう、映像関係者には見逃せないイベントInter BEE(国際放送機器展)開催の季節である。今年は... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [Inter BEE 2012の歩き方]Cコース: プロスーマ・ネクストソリューション -新しい時代の映像制作考-