PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Inter BEE 2012の歩き方]Dコース: 映像の入り口「カメラ」を極める -カメラ最新事情-

News

[Inter BEE 2012の歩き方]Dコース: 映像の入り口「カメラ」を極める -カメラ最新事情-

2012-11-03 掲載

大判センサーや4Kといった今までのビデオの業界ではほとんど馴染みのなかったものが、当たり前のように語られるようになってきた。シネスタイルでの撮影もカメラやレンズ、周辺機器の充実により、劇場版の撮影でなくても気軽に扱えるようになり、ビデオの撮影スタイルも変わりつつある。特にレンズはビデオ用として長年ENGやスタジオ用のものが使われてきたが、カメラが様変わりした現在はスチール用やシネ用のPLマウントレンズなども使うことが可能となり、使い勝手や描写だけでなく、価格など制作の現場に合ったものを選択できるようになったといえよう。すでに、記録もVTRからファイルベースになったことから、レコーダーを付加するだけで非圧縮やRAWなど様々なフォーマットを選択することもできる。

さて、こうした流れの中で注目したいのは、シネスタイル系ではBlackmagic Cinema CameraとキヤノンのC500だろう。一方ソニーのPMW-160やパナソニックAG-AC90、池上通信機のUnicamHD HDK-79GXなどはビデオとしての原点回帰ともいえるカメラが登場している。さらに高速度カメラや高感度カメラなども各社から発売されるようになり、すでに特殊なカメラとも言えなくなりつつある。

Inter BEE 2012の歩き方 オリジナルガイドマップ無料配布中!
1 アストロデザイン (ブース#5410)
4Kカメラ「AH-4413/AP-4414/AM-4412」
InterBEE2012_courseD_ASTRO 4k.jpg
4Kのカメラとしてマイクロフォーサーズを採用し、豊富なレンズを利用できる「AH-4413/AP-4414/AM-4412」のほか、フルHD表示が可能な電子ビューファインダー「DF-3511」、ARRIRAW対応のポータブル4K非圧縮 SSDレコーダ「HR-7502」、キヤノンのCINEMA EOS C500のRAW出力を非圧縮で収録する可能なポータブル4K非圧縮 SSDレコーダ「HR-7510」、各種液晶モニターなど2K/4K収録に必要な機器を出展。
2 ソニー (ブース#6211)
XDCAMメモリーカムコーダーPMW-160
InterBEE2012_courseD_SONY_PMW-160.jpg
NABで5月発売のXDCAMメモリーカムコーダーPMW-100を発表したほか、9月発売のPMW-200、11月発売のPMW-160、12月発売のXDCAM HD422フィールドレコーダーPMW-50と、XDCAM HD422シリーズの拡充を図っているほか、NXCAMカムも6月発売のNXCAMカムコーダーNEX-FS700Jや11月発売のNXCAMカムコーダーNEX-EA50JHといった小型ビデオカメラの新製品が注目される。また、IBCでも大きく取り上げていたCineAltaカメラF65に代表される4Kのソリューションも見逃せない。
3 朋栄 (ブース# 6507)
フル4K高速度カメラFT-ONE
InterBEE2012_courseD_HORA_FT-ONE.jpg
4096×2160 ピクセルの4K解像度で最大800コマ/秒のスーパースロー撮影が可能な高速度カメラFT-ONE。高感度グローバルシャッター方式のFT1-CMOSセンサーを搭載しており、内蔵メモリーに4K フル解像度で最大9.4 秒のRAWデータ記録が可能。また、最大700コマでのスーパースロー撮影が可能なHD高速度カメラVFC-7000やEM-CCDと同等以上の高感度撮影を実現した新開発のCMOSを用いた次世代超高感度カメラFZ-B1(FLOVEL社)などを出展する。
4 西華デジタルイメージ (ブース# 6316)
デジタルハイスピードカメラP+S TECHNIKのPSX35他
InterBEE2012_courseD_seika_PSX35.jpg
RED ONEの国内販売をいち早く開始した西華産業は現在では、西華デジタルイメージとしてデジタルハイスピードカメラP+S TECHNIKのPSX35やスーパースローモーションシステムVortex SystemやBlackmagic Cinema Camera、DIソフトウェアYoYo、colorfrontのオンセット用ファイル変換ソフトウェアOn-Set Dailiesなどを手掛けている。撮影周辺機器からDI等後処理までのトータルソリューションに期待したい。
5 ブラックマジックデザイン (ブース#7206)
Blackmagic Cinema Camera
InterBEE2012_courseD_Blackmagic Cinema Camera.jpg
「Blackmagic Cinema Camera」は、NABで発表され、カラーグレーディングソフトウェア「DaVinci Resolve 9.0」のバンドルのほか記録フォーマットとしてCinema DNG、ProRes422HQさらに今後DNxHDの220xコーデックもファームウエアのアップデートで対応ということで話題になった。すでに8月から出荷が開始されているが、今回マイクロフォーサーズマウントを採用したモデルが出展される。キヤノンマウントよりマイクロフォーサーズの方がバックフォーカスが短いためアダプターによりPLマウントなど様々なレンズを装着することができる。
6 カールツァイス / ナックイメージテクノロジー (ブース#7208)
デジタルシネマカメラARRI ALEXAシリーズ
InterBEE2012_courseD_ALEXA Studio.jpg
ALEXAのシリーズはワイヤレスリモートシステムに対応した「ALEXA Plus」、カメラヘッド分離型の「ALEXA M」、光学ビューファインダー搭載のフラッグシップモデル「ALEXA Studio」が加わり4機種のラインアップとなった。特にALEXA StudioはARRIの伝統ともいえるミラーシャッターを搭載したモデルで、ローリングシャッターのない画像とクリアなファインダーを実現している。また、ナックは古くからハイスピードカメラを各種扱っておりこうした特殊なカメラも見逃せない。
7 池上通信機 (ブース# 7209)
16bitフルデジタルHDTVカメラUnicamHD HDK-79GX
InterBEE2012_courseD_ikegami_UnicamHD.jpg
放送用のENGカメラやスタジオカメラを得意とする同社は10月発売のUnicamHD HDK-79GXを新製品として出展する。HDK-79GXはUnicamHDの優れた運用性を特徴としており、スタジオや中継などあらゆるシーンで運用可能な高画質マルチスタンダードモデル。また、6月新発売UnicamHD HDK-55やナックイメージテクノロジーと共同開発のHDウルトラスローモーションカメラHi-Motionシリーズなども出展される。
8 パナソニック (ブース#7308)
P2HDメモリーカードカメラレコーダーAG-AC90
InterBEE2012_courseD_Panasonic_AG-AC90.jpg
10月発売となった「AG-AC90」のほか12月発売のスタジオハンディカメラ「AK-HC3800」が新製品として出展されるほか、7月発売のP2HDメモリーカードカメラレコーダー「AG-HPX255」、9月に発売となったAVC-ULTRAへの拡張性を備えたP2HDメモリーカードカメラレコーダー「AG-HPX600」が注目される。また、AVCCAMシリーズとしてNABで出展されたメモリーカードカメラレコーダー 「AG-AC130A」や「AG-AC160A」など、小型ビデオカメラからスタジオ仕様のカメラまで新製品として披露される。
9 キヤノン / キヤノンマーケティングジャパン (ブース#8218)
CINEMA EOSシリーズEOS C100/ EOS C500
InterBEE2012_courseD_Canon_CINEMA EOS.jpg
C300から始まったCINEMA EOSシリーズ。10月に2K/4K対応のC500が加わった。11月下旬にはエントリーモデルのC100が、12月にはデジタル一眼タイプのEOS-1D Cも発売を予定している。InterBEEではこうしたカメラのほか、EFシネマレンズCN-E15.5-47mm T2.8 L、CN-E30-105mm T2.8 Lといったこれから発売となるEOSシリーズの新ラインアップが出展される。
10 JVCケンウッド (ブース# 8104)
4KメモリーカードカメラレコーダーGY-HMQ10他
InterBEE2012_courseD_JVC_GY-HMQ10.jpg
4Kカメラとして非常に小型なメモリーカードカメラレコーダーGY-HMQ10。4枚のSDカードにHD画像を4つ同時記録するという独特の記録方式を採用している。見方によっては民生機の4Kカメラを試作したようなイメージだが小型軽量のほか、価格的にも注目の4Kカメラといえよう。一方民生機だがGO Proのような手のひらにすっぽり収まるサイズのスポーツカムGC-XA1 アクションカメラも面白い。


Cコース [Inter BEE 2012の歩き方] Eコース
Inter BEE 2012の歩き方 オリジナルガイドマップ無料配布中!

[ Category : , ]
[ DATE : 2012-11-03 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Inter BEE 2012の歩き方]Avidコース: Avid製品丸わかり -ワークフローからハンズオン会場で観られる製品群-

Inter BEE会場に点在するAvidソリューションを訪ねて... Avidと言えばここ20年のノンリニア編集の変遷を担って来た老舗の企業と言っても過言ではない。当... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Extra:厳選 来るべきHigh Resolutionの世界

江夏由洋がチョイスする High Resolutionの世界を巡るコースとは? いよいよ11月にInter BEEが幕張で開催されます。今年のキーワードはHigh Resoluti... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Eコース:音を巡る旅 -押さえておくべき音の世界-

オーディオの業界ではビデオより以前からデジタル化され、記録や処理など非圧縮が当たり前の状況だ。すでにCDクオリティを超えた記録も一般的になり、同時記録チャンネル数も4chや8chを... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Cコース: プロスーマ・ネクストソリューション -新しい時代の映像制作考-

最近では、映像制作を生業にしているプロダクション以外にも、映像制作業に参画する企業が増えて来ている。これらの業態では、主軸である本業のPR、もしくは広報ツールの一環として自社での映... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Bコース: はじめてのInter BEE -初心者でも納得の楽しみ方-

Bコースは、これから映像業界を目指す学生や、映像業界にそれほど詳しくない一般の人向けにお勧めしたいコースだ。映像業界は報道カメラマンや中継カメラマン、番組編集マン、サウンドエンジニ... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Aコース: デジタルシネマ・ニュートレンド -シネマライク映像制作考-

Aコースは、最新のデジタルシネマ関連製品とその周辺テクノロジーを中心に巡るコース。いまや最新のデジタルシネマ技術・製品は、映像制作の先端技術を牽引役として、業界全体にとっても重要な... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Intro:最小限で最大の効果を生む5つの方法

映像の祭典へご案内! キンモクセイの香りが鼻を掠めるとまたこの季節が来たと思う。そう、映像関係者には見逃せないイベントInter BEE(国際放送機器展)開催の季節である。今年は... 続きを読む

特集記事

SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。

トップ > 特集 > [Inter BEE 2012の歩き方]Dコース: 映像の入り口「カメラ」を極める -カメラ最新事情-