PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Inter BEE 2012の歩き方]Eコース:音を巡る旅 -押さえておくべき音の世界-

News

[Inter BEE 2012の歩き方]Eコース:音を巡る旅 -押さえておくべき音の世界-

2012-11-04 掲載

オーディオの業界ではビデオより以前からデジタル化され、記録や処理など非圧縮が当たり前の状況だ。すでにCDクオリティを超えた記録も一般的になり、同時記録チャンネル数も4chや8chを超える製品も出始めている。スペック的には頂点を極めた感があるが、様々な現場に応じた使い勝手の良い機材や小型軽量化、コストダウンなどニーズに応じたレコーダーやデジタルミキシングコンソールなどの新製品が今年も各社から出展される。

また、10月からテレビ放送における音声レベル運用基準であるTO32の導入が開始され、VUメーターだけでなく、ラウドネスメーターによる平均ラウドネス値による測定が必要になった。すでに放送局などには導入されているが、様々な現場に適した製品が各メーカーから発売されている。最近の新しい方向性としてはワイヤレスリモート管理する製品が登場し始めたことであろう。Wi-FiなどでiPodやAndroid端末と通信することで、各種設定やコントロールをこうした端末で行えるというものだ。

Inter BEE 2012の歩き方 オリジナルガイドマップ無料配布中!
1 ティアック (ブース#4301)
動画撮影可能なリニアPCM/HDビデオレコーダー「DR-V1HD」
InterBEE2012_courseD_tiac_DR-V1HD.jpg
GoProライクな超小型ビデオカメラはソニーやJVCケンウッドから発売になっているが、「DR-V1HD」はこうしたカメラでは捉え切れない音質で収録可能だ。従来からマイクがビルトインされたステレオデジタルレコーダーはあったがそれにHDクオリティのカメラを内情したような格好だ。また、SD/SDHCカードやUSBメモリー対応の業務用CDプレーヤーCD-200SBなど業務用の機器も複合化されたものが出展される。
2 オーディオテクニカ (ブース#4206)
ワイヤレスシステム9000シリーズ
InterBEE2012_courseD_tecnica_ATW-T930.jpg
2ピーストランスミッターATW-T930A24/ATW-T930BやハンドヘルドマイクロホンATW-T940B/ATW-T980B、ダイバーシティシンセサイザー2chレシーバーATW-R920などで構成されたワイヤレスシステム9000シリーズのほか11月に発売されるマルチチャンネルデジタルワイヤレスシステム「システム10」などが新製品として出展される。システム10はマルチチャンネルデジタルギターワイヤレスシステムATW-1101/GとマルチチャンネルデジタルハンドヘルドワイヤレスシステムATW-1102の2タイプがある。
3 フォービット (ブース#4303)
ラウドネスメーターユニットLM-860/ LM-06
InterBEE2012_courseD_forbit_LM-860.jpg
HD/SD-SDI マルチフォーマット対応ラウドネスメーターユニットLM-860やARIB TR-B32準拠のラウドネスメーターユニットLM-06のほか2つの音声信号(デジタル/アナログ混在)を比較し、不一致を検知&ログ記録できるデジタル/アナログ音声信号比較ユニットAC-748、16ch×16chのデジタルオーディオプロセッサーユニットDX-750、各種VUメーターユニットなど。LM-860はARIB TR-B32 および ITU-R BS.1770-2準拠のほか既存VU計でのモーメンタリー/ショートターム表示、RS-422によるラウドネスデーター出力に対応している。
4 東陽テクニカ (ブース# 4305)
RTWのTouchMonitorシリーズTM7/9
InterBEE2012_courseD_toyo_TouchMonitor.jpg
新製品としてITU-R BS.1770準拠のラウドネスメーターを搭載したRTWのTouchMonitorシリーズTM7/TM9やオーディオ信号レベルや位相状態などをネットワーク経由で遠隔監視するシステムQualis AudioのSENTINEL、ITU-R BS.1770-1、EBU TECH3341,3342に準拠したラウドネス解析ソフトウェアKanonのほかPixel InstrumentsのリップシンクアナライザーLipTracker、ルビジウム内蔵周波数校正器/アナライザーSpectracomのCNT-91Rなど。
5 コンチネンタルファーイースト (ブース#4214)
ブロードキャストラウドネスメーターLM100
InterBEE2012_courseD_conti_LM100.jpg
ドルビーのブロードキャストラウドネスメーターLM100やサウンドトラックラウドネスメーターModel737のほか、CharterOakのディスクリートコンプレッサー・リミッターSCL-1、コンデンサーマイクM900、アダムオーディオのNew AX、SXシリーズスピーカー、イクエーターオーディオ同軸モニタースピーカーQシリーズなど。LM100はDolby E ビットストリーム中のdialnorm値の表示や信号クリップ、オーバーモジュレーション、ハイまたはローシグナルレベル、無音ダイアログレベルなどの表示が可能。
6 ヒビノ (ブース#4308)
DK TechnologiesコンパクトオーディオメーターDK Meter
InterBEE2012_courseD_hibino_DK Meter.jpg
6月にラウドネス規格対応ソフトウェアにアップデートされたDK Technologies のMSD100CとMSD600M++のほかラウドネス測定用コンパクトオーディオメーターDK Meter、1月に発売となるDPAのボーカルマイクd:facto、多チャンネルデジタルワイヤレスシステムShure ULX-Dなどが出展される。DK Meterは標準的なメータースケールに加え、ITU、EBU、ATSC、ARIB規格のラウドネス測定が可能で、ステレオ対応のDK1と5.1chサラウンド対応のDK2の2モデルがラインアップされている。
7 ヤマハ (ブース#4410)
デジタルミキシングコンソールCLシリーズ
InterBEE2012_courseD_yamaha_CL5.jpg
4月から7月にかけて発売されたデジタルミキシングコンソールCLシリーズのほか、デジタルミキシングコンソールM7CL/LS9のワイヤレスコントロールを可能にした iPadアプリケーションM7CL StageMixやMGPシリーズのDSPパラメーターを緻密にコントロールすることができるMGP Editor、アナログとデジタルを高次元で融合したミキシングコンソールMGP16X、MGP12Xなどを出展。CLシリーズはCL1/CL3/CL5の3機種がラインアップされており、オーディオネットワークDanteにより複数台のI/Oラックを組み合わせることが可能。
8 アストロデザイン (ブース#5410)
ラウドネスメーター対応オーディオモニターAM-3805/AM-3803/AM-3800-D
InterBEE2012_courseD_astro_AM-3803.jpg
既発売のラウドネスメーター対応オーディオモニタAM-3800-Dのほか、PCとLAN接続することにより、Javaアプレットに対応したWebブラウザでの高度なオペレーションやラウドネス値の確認、ログの出力などが可能なAM-3805/AM-3803。いずれも3G/HD/SD-SDIエンベデットオーディオ対応で5.1chサラウンドの2chモニターやスピーカーなどを搭載している。AM-3800-Dはドルビー対応モデル、AM-3803はウーハー搭載モデルとなっている。また、編集ソフトEDIUS上で動作するラウドネス値計測ソフトウエアSP-3800などを出展。
9 オタリテック (ブース#4409)
Jünger AudioラウドネスコントロールプロセッサーD*AP LMシリーズ
InterBEE2012_courseD_Junger Audio.jpg
日本の現場環境にあわせてカスタマイズされた 2ch ラウドネスコントロールプロセッサーD*AP LM2-JSや制作の現場に最適な 4ch ラウドネスコントロールプロセッサーD*AP LM4のほかLAWOデジタルコンソールシステムmc²56などを出展。Jünger Audioのラウドネスコントロールプロセッサーはラウドネスレベルを計測するだけでなくフィルターやコンプレッサー、エクスパンダー機能を搭載しており、Level Magic IIプロセッサーによりラウドネスのコントロールが可能。
10 ローランド (ブース#4613)
8ch収録&ミキシング対応ポータブルレコーダー「R-88」
InterBEE2012_courseD_roland_R-88.jpg
IBCですでに披露された来年発売の「R-88」は、8ch入力+2chミックスのレコーディングが可能なポータブルデジタルレコーダーで、フィードでのマルチトラック収録やサラウンドなどに対応可能。その他新製品としてメジャーバージョンアップにより、作業環境をカスタマイズ可能なユーザーインターフェースを備えたSONAR X2 Seriesや48トラックのスタンドアローン HDDレコーダーR-1000、USBアウト付AVミキサーVR-3、ローランドのライブミキシングコンソールM-480をリモートコントロールするアプリケーションM-480 Remoteなどを出展。
11 ヤマキ電気 (ブース#4509)
ラウドネスメーターYLM-M2022
InterBEE2012_courseD_yamaki_YLM-M2022.jpg
高精細202ポイントLEDバーメーター搭載のYLM-M2022のほか、ITU-R BS.1770に対応した2chラウドネスメーターYLM-D102H、8chラウドネスメーターYLM-M208、小型ながらインテグレーテッドラウドネス表示やサンプルピークインジケータ表示が可能なLLM-mini II、AES4系統対応のYLM-2ESシリーズ、VUとラウドネスメーターを搭載したYLM-ND01Tなど各種メーターなど。

Dコース [Inter BEE 2012の歩き方] Extra
Inter BEE 2012の歩き方 オリジナルガイドマップ無料配布中!

[ Category : , ]
[ DATE : 2012-11-04 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Inter BEE 2012の歩き方]Avidコース: Avid製品丸わかり -ワークフローからハンズオン会場で観られる製品群-

Inter BEE会場に点在するAvidソリューションを訪ねて... Avidと言えばここ20年のノンリニア編集の変遷を担って来た老舗の企業と言っても過言ではない。当... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Extra:厳選 来るべきHigh Resolutionの世界

江夏由洋がチョイスする High Resolutionの世界を巡るコースとは? いよいよ11月にInter BEEが幕張で開催されます。今年のキーワードはHigh Resoluti... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Dコース: 映像の入り口「カメラ」を極める -カメラ最新事情-

大判センサーや4Kといった今までのビデオの業界ではほとんど馴染みのなかったものが、当たり前のように語られるようになってきた。シネスタイルでの撮影もカメラやレンズ、周辺機器の充実によ... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Cコース: プロスーマ・ネクストソリューション -新しい時代の映像制作考-

最近では、映像制作を生業にしているプロダクション以外にも、映像制作業に参画する企業が増えて来ている。これらの業態では、主軸である本業のPR、もしくは広報ツールの一環として自社での映... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Bコース: はじめてのInter BEE -初心者でも納得の楽しみ方-

Bコースは、これから映像業界を目指す学生や、映像業界にそれほど詳しくない一般の人向けにお勧めしたいコースだ。映像業界は報道カメラマンや中継カメラマン、番組編集マン、サウンドエンジニ... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Aコース: デジタルシネマ・ニュートレンド -シネマライク映像制作考-

Aコースは、最新のデジタルシネマ関連製品とその周辺テクノロジーを中心に巡るコース。いまや最新のデジタルシネマ技術・製品は、映像制作の先端技術を牽引役として、業界全体にとっても重要な... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Intro:最小限で最大の効果を生む5つの方法

映像の祭典へご案内! キンモクセイの香りが鼻を掠めるとまたこの季節が来たと思う。そう、映像関係者には見逃せないイベントInter BEE(国際放送機器展)開催の季節である。今年は... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [Inter BEE 2012の歩き方]Eコース:音を巡る旅 -押さえておくべき音の世界-