PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2012]Day02:映像制作のあり方-そのワークフローを考える-

News

[InterBEE2012]Day02:映像制作のあり方-そのワークフローを考える-

2012-11-16 掲載

非圧縮やRAWで撮影や編集など、その先へ

開催2日目の15日、昨日に引き続き快晴に恵まれ、午前中からの出足もまずまずのようであった。突然発表された衆院解散の話題を朝の挨拶代わりにInterBEE2日目がスタートした。リーマンショックやギリシャ危機、震災、円高などここ数年様々な困難があったものの、戦後の復興を例に上げるまでもなく、過去そうであったように一つ一つ確実に乗り越えて行こうというしたたかさは健在だと信じたい。昨日の14日の来場者は1万680人と発表され、昨年の1万485人から若干増え初日からの出だしは好調といえよう。

すでに、ファイルベースでのワークフローも一般化し、MXFファイルのハンドリングも常識化したといえよう。VTRによるテープメディアの単なる置き換えではなく、ファイルベースの効率的運用やマルチソースへの対応など次のステップへ向けて進みつつある。AvidやGRASS VALLEY、ソニーなど入り口から蓄積、検索、配信など一貫したソリューションを展開したほか、朋栄やフォトロン、アスク/AJAなどもアセットマネジメントを始めとした様々なソリューションを提案していた。

一方、4Kにおけるワークフローもカメラやレコーダーなど様々な撮影機材の出現に答えるべくAdobe Creative SuiteやApple Final Cut Pro、Sony Creative Software のVegas Proなど比較的ポピュラーな編集システムも対応しており、すでに特別なことではなくなったといえよう。4Kはレゾリューションという意味合いだけでなく、RAWという今までビデオ業界では馴染みの薄いワークフローもついて回る。そこには、ビデオ編集などとは異なったツールが必要だったり、作業も違った分野のスキルが必要になってくる。ややもするとビデオの業界では不必要とされがちなこうした作業だが、CMやドラマなどでは細かな作りこみが行える分有用な手段ではある。すでにBlackmagic DesignはDaVinci Resolveを無償提供(HD版)しているほか、従来非常に高価だったこうしたDI系のアプリケーションもリーズナブルになってきている。また、非圧縮やRAWで撮影や編集などの処理を行う環境も整いつつあり、従来フィルムでしか成し得なかったものが身近になってきたといえる。

Avid メディアアセットマネジメントシステムInterplay Production
interBEE2012_day2_0742.jpg

毎年常連だったAvidだが今年はブース出展はなくフォトロンブースでSymphonyNitrisDXやメディアアセットマネジメントシステムInterplay Production、リアルタイム共有メディアストレージ・システムISIS5000を始めとした映像系のツールを出展していた。Avid日本法人が設立される以前は同社がAvidの輸入代理店だったので、古巣に戻った感がある。

ハイエンドカラーグレーディングシステムQuantel Pablo Rio
interBEE2012_day2_0278.jpg

ハイエンドカラーグレーディングシステムQuantel Pablo Rio。フィルム系の編集やカラーグレーディングシステムとして専用ハードとソフトの組み合わせで非常に高価なシステムだったが現在ではソフトウェアベースでの販売となり、ハードも特別なものは必要なくなった(サーフェースは専用の製品がある)。扱えるファイルもステレオ3DやOpenEXR、RED HDRx、ソニーF65、Arri RAW、Canon、Phantom、Silicon Image、さらにGoProまでも含む、非常に広い範囲のデータ形式に対応している。

Blackmagic Design DaVinci Resolve
interBEE2012_day2_0935.jpg

Blackmagic DesignのDaVinci Resolve。DaVinci買収後8万円台という驚異的な低価格で製品を供給して業界をアッと驚かせたが、更にもましてHDオンリーのResolve Liteは無償提供している。サーフェスを含むとそれなりの価格にはなるものの、従来の常識を破ったものといえよう。扱えるファイルもARRI Alexa RAW .ariファイル、RED color3およびRED ONE R3Dファイル、RED EPIC R3Dファイル、Phantom、GoPro、Canon EOS C300、5Dやソニーなどにも対応している。

カラーグレーディングシステムNucoda FilmMaster
interBEE2012_day2_0736.jpg

カラーグレーディングシステムNucoda FilmMaster(フォトロン・デジックスブース)。AvidやFinal Cut ProからEDLベースでコンフォームが可能なほか、Avid DNxHD AAFインポート、MXF(DNxHD)エクスポート、ALE出力、AVID Interplay 2.0対応となっている。対応ファイルフォーマットは、Arriflex D21およびARRI Alexa、キヤノンCanon 5D/7D、RED、Silicon Imagining SI 2K、ソニーXDCAM、パナソニックPanasonic P2 AVC Intra、ProResなどとなっている。

SquareBox アセットマネジメントシステムCatDV
interBEE2012_day2_0864.jpg

比較的小規模なプロダクションからでも導入可能なアセットマネジメントシステムCatDV(アスクブース)。Mac OSやWindowsなどにも対応したクロスプラットフォームとなっており、MySQLやオラクルなどのリレーショナルデータベース上で動作可能。メタデータ管理からアーカイブ、さらにはノンリニア編集システムとの連携など、スタンドアローンからネットワークでの統合管理など柔軟び対応する。

Grass Valley STRATUS
interBEE2012_day2_0301.jpg

アセットマネジメントのほかディバイスコントロールやプロダクションツールが利用できるSTRATUS (Grass Valley)。メディアサーバーK2 Smmitや編集システムREXCEEDおよびEDUSなどを組み合わせインジェストやファイル共有、編集、プレーアウトなどSTRATUSにより統合された環境をデモしていた。新機能としてカスタムメタデータにより独自のメタデータフィールドを追加することが可能になったほか、ハイレゾ素材のアーカイブ、リトリーブに対応した。

MediaConcierge
interBEE2012_day2_0127.jpg

朋栄インジェストからアーカイブまで一連のワークフローを包括したMediaConcierge。各種メディアファイルを一元管理し、必要なファイル形式に変換して出力可能なトータルソリューション。データベースによる一元管理やメタデータおよびプロキシデータによる検索や閲覧機能、アーカイブやライブラリシステムとの連携、必要なファイルの送出やビデオサーバへのデータ受け渡しなど統合された環境で行うことができる。


[ Category : , ]
[ DATE : 2012-11-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2012]キヤノン:CINEMA EOS SYSTEMセミナー ~見せます!EOS C500と4Kの使い心地~

Inter BEE 2012 のキヤノンブースで催されていたCINEMA EOS SYSTEMセミナーです。 講師:テクニカルディレクター 山本久之(マウントキュー株式会社) 実演... 続きを読む

[InterBEE2012]出口調査インタビュー

InterBEE2012開催期間中、来場者の方々から率直なInterBEEの感想を直撃してみました。 出口インタビューに答えていただいた皆様ありがとうございました。やはり出口... 続きを読む

[InterBEE2012]ヤマハブースレポート

2013年1月発売のスピーカーシステムSTMシリーズや2013年2月に発売のパワードTDコントローラーNXAMPのほか、オーディオネットワークDanteにより複数台のI/Oラックを... 続きを読む

[InterBEE2012]ローランドブースレポート

プロオーディオ部門と映像・放送機材関連部門の2ブースで出展していた。注目を集めていたのはHDMI端子での接続が可能なマルチフォーマットスイッチャー「V-40HD」だ。入力は4チャン... 続きを読む

[InterBEE2012]スターコミュニケーションズブースレポート

今回PRONEWS Liveでも使用し、大活躍した移動ライブ配信パックTVUを扱う同社。出展されていたのは3G、4G、Wi-Fi/WiMAXなどの無線回線を使った映像伝送システム「... 続きを読む

[InterBEE2012]オートデスクブースレポート

シアターデモンストレーションと体験コーナーでSmoke 2013が紹介されていた。シアターデモンストレーションでは、Smoke 2013の基本的な活用方法やユーザデモンストレーショ... 続きを読む

[InterBEE2012]ニコンブースレポート

昨年まではニコンシステムがブースを出して画質評価ツールなどを出展していたが、今年はニコンイメージングジャパンが動画機能を搭載したデジタル一眼を出展した。カメラグランプリで大賞を受賞... 続きを読む

[InterBEE2012]ティアックブースレポート

テープレコーダーが主流だった時代からレコーダー関して定評のある同社は、CDやメモリーレコーダー、輸入ブランドbeyerdynamicのデジタルワイヤレスマイクロホンシステムやDRA... 続きを読む

[InterBEE2012]オタリテックブースレポート

親会社のオタリが製造したマルチトラックレコーダーのようなトランスポート系製品を中心に関連製品を扱っていたが、DAWの普及とともに扱う商品の主軸がミキサーやスピーカーなどの海外オーデ... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2012]Day02:映像制作のあり方-そのワークフローを考える-