PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2012]アドビシステムズブースレポート

News

[InterBEE2012]アドビシステムズブースレポート

2012-11-16 掲載

注目が集まるメインステージ

アドビブースの目玉はメインステージだ。「CS6 ファイルベースワークフロー」や「CS6 4K制作ワークフロー」、「After Effects CS6 新機能」、「Adobe 映像塾」などのテーマで定期的に講演が行われていた。商業作品の事例を使った事例やRed Digital Cinemaのテッド・シロヴィッツ氏の特別講演、本誌でもお馴染みの江夏由洋氏や高野光太郎氏などの講演など注目の内容が多く、いつも満席のような状態で行われていた。

InterBEE2012_adobe-02.jpg 満席で通路沿いに立ちながら聞く人も多かった

CS6編集システム

興味深かったのはデモコーナーに展示されていたNVIDIA Maximus搭載のHP Z820ワークステーションとEIZO 4KモニターDuraVision FDH3601を組み合わせたCS6編集システムだ。リアル4Kを体感できてしまうというという凄いシステムだ。

まずモニタだが、従来まで4Kの素材はあっても等倍で出力できるモニタというのはなかった。しかし、デモに使われているDuraVision FDH3601は、36.4インチのパネルサイズに4096×2160を表示できる。フルハイビジョンが4枚分の面積をもったディスプレイといえば、その広さがわかると思う。NVIDIA Maximus搭載のHP Z820ワークステーションも16コア、32スレッド、メモリ128GBに、Quadro 4000、Tesla GPUアクセラレータを搭載と非常にハイスペックだ。実際にREDで撮影された4Kの素材を読み込んだPremiere Proを動かしてみると、カラーコレクションをかけたような重い処理も支援がきいてプレビューが快適に可能だ。従来の編集システムというのはどんなにハイスペックでも快適な編集環境は2Kまでが限界だったのが、今現在の考えられる最高のシステムを実現すれば4Kでも快適な環境を実現できる。夢のような環境を実現したシステムといっていいだろう。

InterBEE2012_adobe-03.jpg DuraVision FDH3601を使えばワークスペースの状態でフルHD2枚を表示できてしまう InterBEE2012_adobe-04.jpg 4Kの映像をフル画面で再生した状態 InterBEE2012_adobe-05.jpg ワークステーションの内部の様子。一番上のボードがQuadro 4000。真ん中がRed Rocket、一番下がTesla GPU アクセラレータ

[ Category : , ]
[ DATE : 2012-11-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019:Adobe]After Effectsにアップデートで追加された「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能が話題

Adobeブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Go... 続きを読む

[NAB2019]Adobeブース(動画)

NAB2019のAdobeブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2019]アドビ システムズブース:動画編集で注目のPremiere RushやPhotoshop、Lightroomのショートセミナーを今年も実施

今年のアドビブースはPremiere Rushを一押し アドビはCP+に2017年から出展を始めて、今年で3年目。展示ブースは毎年ショートセッションがメインで、今年も1日15... 続きを読む

[NAB2018:Adobe]Premiere ProやAfter Effectsの最新バージョンを展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[CP+2018]アドビ システムズブース:写真家やエバンジェリストが、LightroomやPhotoshopの使いこなしを解説

「Lightroom」と「Photoshop」の便利な使いこなし術をセッションで紹介 アドビは昨年のCP+に引き続き、今年も出展。ブース内のステージに大型スクリーンを設けて4... 続きを読む

[NAB2017:Adobe]Creative Cloudのビデオとオーディオ製品のアップデートを発表

Adobeブース360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[CP+2017]Adobeブース:フォトグラファー向けツールLightroomやPhotoshopを展示

カメラがデジタル化され、カメラマンもフィルムからデジタルへ移行して久しいが、そうした業界でPhotoshopは一般に使われており、無くてはならないツールとなっている。CP+には毎年... 続きを読む

[InterBEE2016]Adobeブース:様々なコンテンツ制作に必要な機能を搭載したAdobe Creative CloudとAdobe Marketing Cloudを展示

アドビ システムズは、VRコンテンツ制作の機能強化や保護機能の付加など、VRコンテンツに関する機能を始め、FacebookなどのSNSや動画共有サイトなどへの機能強化、HDRカラー... 続きを読む

[InterBEE2015]Adobeブース:注目の「Adobe Creative Cloud」シリーズ、次期アップデートについても披露

毎年大きなイベントスペースを設け多くの来場者を惹きつけているアドビは、今年もIntelと共同でブースを構えていた。今年は、Ultra MAGIC・Ultra COLOR・Ultra... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2012]アドビシステムズブースレポート