PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2012]Day03:映像の表現を支えるレンズ群、周辺機器群を知る!

News

[InterBEE2012]Day03:映像の表現を支えるレンズ群、周辺機器群を知る!

2012-11-17 掲載

はやくも最終日を迎えた16日、暖冬のせいもありInterBEE会期中は比較的穏やかな気候に恵まれた。それにもまして熱気のあった会場内では、汗ばむほどであった。3日間の会期中来場者は3万1857人とのことだが、この穏やかな気候の如く日本経済やビデオ業界も発展していって欲しいと切に願う次第である。

レンズ交換可能な小型ビデオカメラ、デジタルシネマ、ファイルベースなど映像を取り巻く状況は急速に変貌を遂げつつある。レンズ交換可能な小型ビデオカメラやデジタルシネマカメラは、その価格に見合うレンズやレコーダーといった周辺機器の開発に拍車をかけたと言えるだろう。その根底にはファイルベースやメモリーの大容量高速低価格化が貢献している。

単板大判センサーは従来の業務用ビデオカメラの3色分解光学系という特殊性からフィルムカメラのレンズ(光学系)がそのまま流用可能という発想になり、すでに各社のカメラに装着可能なアダプターが発売されている。こうしたアダプターでは、オートアイリスやオートフォーカス、使い勝手など必ずしも動画を撮影するのに適しているとはいえない。デジタルシネマでは、マニュアル撮影が基本とはいえ、やはりそれ用に作られたレンズには叶わない。

PLマウントレンズは映画用の撮影レンズとしてSchneider、Carl Zeiss、Cookeなどが定番とされていたが、キヤノンやフジノンなども参入、低価格化の流れもあり現在ではキヤノンCINEMA EOSやソニー、phononなどもPLマウントレンズを発売している。もちろんスチールカメラ用のレンズと比較すると高価だが、従来のPLマウントレンズとは比較にならないほど身近になった価格設定である。

こうした光学系だけでなく、ファイルベースの普及により4KやRAWデータ、非圧縮が特別なものではなくなり、対応したレコーダーもアストロデザインや計測技術研究所、AJA、Blackmagic Design、Cinedeck、S.two、Convergent Designなどから発売されている。また AtomosやSound Devices、FOCUS(VITEC)、Fast Forward Video (FFV)では小型LCDモニターにレコーダーを内蔵したようなデザインの製品もあり、カメラで記録できるコーデックを超えた運用が可能になっている。

新領域カメラはデジタルシネマやファイルベースの普及により出現した必然ともいえるが、従来まったく別の道を歩んでいた映画やビデオ、スチールを融合し、周辺機器も含め様々な業界に与えた波及効果は非常に大きなものと言えそうだ。3日目最後はそんなレンズ、周辺機器を取り上げてみたいと思う。

様々な表現を広げるレンズの奥深さを知る

Schneider Cine-Xenar IIIプライムレンズ
InterBEE2012_day3_0896.jpg

Schneider Cine-Xenar IIIプライムレンズ。18/25/35/50/75/95mmの6本がラインナップされており、色再現やT値、操作が統一されている。

Carl Zeiss ZEISS CZ.2 70-200 T2.9 ZOOM
InterBEE2012_day3_0441.jpg

今年のNABで発表されたCarl Zeissの ZEISS CZ.2 70-200 T2.9 ZOOM。コンパクトプライムレンズだが200万ほどする。映画用のプライムレンズは単焦点レンズが多かったが最近ズームレンズが増えてきた(ナックイメージテクノロジー)。

Carl Zeiss Master Anamorphic MA50/T1.9
InterBEE2012_day3_0429.jpg

Carl Zeissの Master Anamorphic MA50/T1.9。Master Anamorphicシリーズは35/40/50/60/75/100/135mmの7本がラインナップされており、T値は1.9で統一されている。シネスコ用の特殊なレンズ(ナックイメージテクノロジー)

ZK3.5×85
InterBEE2012_day3_0111.jpg

新たなラインナップとして登場した小型軽量シリーズZK3.5×85 。PLマウントのレンズだが、ENGカメラ用レンズと同様なズームシーソーを装着可能。85〜300mm T2.9(85〜218mm)〜T4.0(300mm)、質量2.5kg(フジフイルム)

ソニーPLマウントレンズ
InterBEE2012_day3_0255.jpg

ソニーPLマウントレンズ。昨年PMW-F3の交換レンズとして発表されたもので、当初35/50/85mm T2.0の単焦点3本だったがその後20/25/135mmが加わり6本がラインナップされている。カメラとレンズ3本のセットで200万ほどの価格が話題になった。

トキナー16-28シネマレンズ
InterBEE2012_day3_0268.jpg

トキナー16-28シネマレンズ。今年のフォトキナで試作品として出展されたもの。英文のカタログに16-28mmF2.8(35mm Full Size)という記載があることから、スチールカメラ用の光学系を流用している模様。(KPI)

フォノンFZ16-28mmF2.8
InterBEE2012_day3_0275.jpg

フォノンの広角バリアングルレンズFZ16-28mmF2.8。ソニーのPMW-F55/F5/F3用となっており、ソニーが用意している単焦点レンズではカバーしていない広角域をカバーできる。価格は50万ほど。(KPI)

フォトキナ C100用PLマウントアダプター
InterBEE2012_day3_0279.jpg

フォトキナのキヤノンC100用PLマウントアダプター。通常のアダプターと異なりカメラ上部のアクセサリーシューから補強用のロッドで支える構造となっており、重量のあるPLレンズでも安心して装着可能。(KPI)

カメラの力をさらに広げる周辺機器の魅力

4K非圧縮SSDレコーダーHR-7510
InterBEE2012_day3_0356.jpg

アストロデザインのキヤノンCINEMA EOS C500に対応した4K非圧縮SSDレコーダーHR-7510。RAW出力を非圧縮で収録できるほか、アルタイムRAW現像でモニタリング可能。

4K非圧縮レコーダーUDR-N50A
InterBEE2012_day3_0670.jpg

計測技術研究所のハーフラックサイズ4K非圧縮レコーダーUDR-N50A。3G SDIと4K 対応HDMI(Ver.1.4a)出力を装備したほか、10Gbイーサネットによる高速ファイル転送にも対応している。また、PC以外にもタブレット用のアプリが用意されている。

AJA Ki Pro Quad
InterBEE2012_day3_0664.jpg

AJA Ki Pro Quad。4Kのほか4系統のHD、2K、HDに対応した非圧縮ソリッドステートレコーダー。ディベイヤー処理を搭載しているほか、Thunderbolt経由のRAWデータをリアルタイムパススルー。デイジーチェーンでの接続が可能。

非圧縮ポータブルレコーダーGemini 4:4:4
InterBEE2012_day3_0091.jpg

ConvergentDesign 非圧縮ポータブルレコーダーGemini 4:4:4。4:4:4 RGB S-Log 10bit収録に対応しており、ARRI RAWレコーダーしてALEXA SxS収録ファイルと同じプロジェクトネームで記録することが可能。(テクノハウス)

Atomos RONIN
InterBEE2012_day3_0425.jpg

Atomos RONIN。NINJA、SAMURAIと続き今回RONINが登場。よりプロフェッショナルな使用にも対応すべくコネクター周りの仕様が強化された。HD-SDI入力を備え、ProResまたはDNxHD記録が可能。

Sound Devices PIX 240i
InterBEE2012_day3_0062.jpg

Sound Devices PIX 240i。Sound Devicesは業務用のレコーダーのメーカーだったがビデオ用のレコーダーに進出。Apple ProRes 422とAvid DNxHD 36 / 145 / 220 Mb/s、8bit or 10bitに対応。記録メディアはSSDとCFカードを使用することができる。

Codex On Board S Plus
InterBEE2012_day3_0724.jpg

Canon Cinema RAW対応のSSDマルチフォーマットレコーダーCodex On Board S Plus。撮影時にRAWデータとともにQTとDPXなどを記録することが可能。RAW現像を行わずに現場で収録データの再生確認が行える(西華デジタルイメージ)


[ Category : , ]
[ DATE : 2012-11-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2012]キヤノン:CINEMA EOS SYSTEMセミナー ~見せます!EOS C500と4Kの使い心地~

Inter BEE 2012 のキヤノンブースで催されていたCINEMA EOS SYSTEMセミナーです。 講師:テクニカルディレクター 山本久之(マウントキュー株式会社) 実演... 続きを読む

[InterBEE2012]出口調査インタビュー

InterBEE2012開催期間中、来場者の方々から率直なInterBEEの感想を直撃してみました。 出口インタビューに答えていただいた皆様ありがとうございました。やはり出口... 続きを読む

[InterBEE2012]ヤマハブースレポート

2013年1月発売のスピーカーシステムSTMシリーズや2013年2月に発売のパワードTDコントローラーNXAMPのほか、オーディオネットワークDanteにより複数台のI/Oラックを... 続きを読む

[InterBEE2012]ローランドブースレポート

プロオーディオ部門と映像・放送機材関連部門の2ブースで出展していた。注目を集めていたのはHDMI端子での接続が可能なマルチフォーマットスイッチャー「V-40HD」だ。入力は4チャン... 続きを読む

[InterBEE2012]スターコミュニケーションズブースレポート

今回PRONEWS Liveでも使用し、大活躍した移動ライブ配信パックTVUを扱う同社。出展されていたのは3G、4G、Wi-Fi/WiMAXなどの無線回線を使った映像伝送システム「... 続きを読む

[InterBEE2012]オートデスクブースレポート

シアターデモンストレーションと体験コーナーでSmoke 2013が紹介されていた。シアターデモンストレーションでは、Smoke 2013の基本的な活用方法やユーザデモンストレーショ... 続きを読む

[InterBEE2012]ニコンブースレポート

昨年まではニコンシステムがブースを出して画質評価ツールなどを出展していたが、今年はニコンイメージングジャパンが動画機能を搭載したデジタル一眼を出展した。カメラグランプリで大賞を受賞... 続きを読む

[InterBEE2012]ティアックブースレポート

テープレコーダーが主流だった時代からレコーダー関して定評のある同社は、CDやメモリーレコーダー、輸入ブランドbeyerdynamicのデジタルワイヤレスマイクロホンシステムやDRA... 続きを読む

[InterBEE2012]オタリテックブースレポート

親会社のオタリが製造したマルチトラックレコーダーのようなトランスポート系製品を中心に関連製品を扱っていたが、DAWの普及とともに扱う商品の主軸がミキサーやスピーカーなどの海外オーデ... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2012]Day03:映像の表現を支えるレンズ群、周辺機器群を知る!