PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2012]ローランドブースレポート

News

[InterBEE2012]ローランドブースレポート

2012-11-20 掲載

プロオーディオ部門と映像・放送機材関連部門の2ブースで出展していた。注目を集めていたのはHDMI端子での接続が可能なマルチフォーマットスイッチャー「V-40HD」だ。入力は4チャンネルで各チャンネルはHDMI以外にもRGB/コンポーネントやコンポジットの入力端子を備えている。最大で12台の映像機器を接続することが可能だ。出力は、2系統、プレビュー1系統の合計3系統で、HDMI、RGB/コンポーネント、コンポジットの3種類に対応しているのが特徴だ。発売は12月下旬で、価格は38万8,500円。

ユーザー待望のHDMI対応のV-40HD

interbee2012_roland_2.jpg HDMI端子に対応するコンパクトなマルチフォーマットスイッチャー「V-40HD」

Mini Converter「VC-1」シリーズ

interbee2012_roland_3.jpg 左からFS Felayの「VC-1-DL」、HDMI to SDIの「VC-1-HS」、SDI to HDMIの「VC-1-SH」

もう1つ注目を浴びていたのがMini Converter「VC-1」シリーズだ。SDIからHDMIに変換する「VC-1-SH」やHDMIからSDIに変換する「VC-1-HS」、SDIとHDMIの双方向変換のほかにフレームシンクロナイザーとディレイを搭載した「VC-1-DL」の3つが展示されていた。特徴は小型のボディでありながら元の素材のイメージを崩さないように変換できることだ。デジタルのコンバーターというと変換後もあまり変わらないというイメージがあるが、実際のところ他社のコンバーターでは波形の切れたりなどの問題があった。

VC-1はオリジナルと変換後の波形も公開されていて、ほとんどロスがないことをアピールしていた。「VC-1-DL」は、SDIとHDMIの双方向変換のほかにビデオとオーディオを独立で4.5フレームまで遅延できるユニットだ。リップシンクをするために音だけ遅らせたり、カメラ同士の出力のタイミングを合わせるのにビデオディレイをかけることが可能だ。発売は2013年3月上旬。価格はコンバーターが約5万円で、フレームシンクロナイザーとディレイが約10万円。

根強い人気のあるターンキーモデルの「DV-7HD」

interbee2012_roland_4.jpg 専用コントローラーとPCで構成されるターンキーモデルの「DV-7HD」。価格は59万8,500円

昨年のInter BEEではハイビジョン対応のターンキーモデル「DV-7HD」と映像編集ツール「DV-7G」が初展示されたが、今年はその最新バージョンや次期バージョンが展示されていた。DV-7シリーズといえば、他社のノンリニアソフトでは「難しすぎて使えない」「詳しい人がいないといけない」といった問題を解決した、一般的な編集システムとは入り口やコンセプトが異なるツールだ。企業の広報や学校などがターゲットで、映像の専門でない人でも使えるようにメニューをすべて日本語表記にしたり、アイコン化するなどの配慮が行われているのが特徴。ブースでは先日バージョンアップされたVer.1.2や次期バージョンのVer.1.5が展示されていた。Ver.1.5ではビデオトラックが2トラック以上、タイトルトラックも2トラック以上、デュアルモニタ対応となる予定。バージョンアップは2013年初頭を予定している。

interbee2012_roland_5.jpg 従来はターンキーでの発売のみ。HD版よりWindows 7用のソフトウェアと専用コントローラーがセットになった「DV-7G」も発売している。価格はオープンプライス。市場実勢価格は4万円前後 interbee2012_roland_6.jpg 「取り込み」の機能を選択すると、「ケーブルはここに挿す」といった案内を図解でしてくれる。知識がない人でも映像を扱うことができるようになるのがDV-7HDの特徴だ interbee2012_roland_7.jpg DV-7HDの特徴の1つに音声処理技術「R-MIX」がある。音声の視覚化が可能で、ノイズの多い音声からノイズを消すことができるという機能だ

[ Category : , ]
[ DATE : 2012-11-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019:Roland]4K HDRスイッチャーの北米デビューやVR-1HD用リモートコントロールソフトウェアを発表

Rolandブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Googl... 続きを読む

[NAB2019]Rolandブース(動画)

NAB2019のRolandブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[InterBEE2018]ローランドブース:小型・軽量のマルチフォーマット・ビデオ・ミキサー「V-02HD」を展示

ローランドブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザお... 続きを読む

[InterBEE2017]ローランドブース:ワイヤレスタリー対応のHDビデオスイッチャー「V-60HD」展示や、リモートプロダクションシステムを実演

ローランドブース動画 ローランドブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するに... 続きを読む

[InterBEE2016]ローランドブース:VR-4HDやV-1SDIなどの注目の新製品が登場

ローランド 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよびi... 続きを読む

[InterBEE2015]ローランドブース:超コンパクトなHDビデオスイッチャーV-1HDを筆頭に今年も多彩な展示

ローランドは、プロオーディオ部門と映像・放送機材関連部門で出展した。といっても向かい合わせになった配置で一体感のある構成になっている。ビデオ系では4系統のHDMI入力と2系統のHD... 続きを読む

[NAB2015:Roland]新製品の4K対応スイッチャー「V-1200HD」やミキシング・コンソール「M-5000」を中心とした展示

ローランドは、4K対応の2M/Eスイッチャーとマルチフォーマット対応のプロセッサーを搭載した同社VシリーズのフラッグシップモデルV-1200HDや、ライブミキシングコンソールM50... 続きを読む

[InterBEE2014]ローランドブース:新型デジタルコンソール「M-5000」が大人気

ミキサー内部の構成をユーザー自身で設定できるライブミキシングコンソール「M-5000」 ローランドブース最大の注目は、11月5日に発表されたライブミキシングコンソール「M-500... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2012]ローランドブースレポート