PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2012]ヤマハブースレポート
News

[InterBEE2012]ヤマハブースレポート

#YAMAHA #Inter BEE 2012

2012-11-21 掲載

2013年1月発売のスピーカーシステムSTMシリーズや2013年2月に発売のパワードTDコントローラーNXAMPのほか、オーディオネットワークDanteにより複数台のI/Oラックを組み合わせることが可能なCL1/CL3/CL5の3機種、ミキシングコンソールMGP16X/MGP12X、2003年に発売した01V96をベースに最新の技術を搭載したデジタルミキシングコンソール01V96iなどを出展。MGPシリーズのDSPパラメーターを緻密にコントロールすることができるMGP Editorや、デジタルミキシングコンソールM7CL/LS9のワイヤレスコントロールを可能にしたiPadアプリケーションM7CL StageMixなども出展されていた。12月発売のSteinberg Cubase7やCubase 用VOCALOIDエディター、ヤマハとSteinbergのコラボレーションにより生まれたポストプロダクションDAWシステムNUAGEのデモンストレーションなども開催された。

NEXOスピーカーシステムSTMシリーズ

InterBEE2012_yamaha_1.jpg 新製品のNEXOスピーカーシステムSTMシリーズ。今回新たにラインナップに加わるのは、フルレンジのメインモジュールSTM M46と中低域を拡張するベースモジュールSTM B112、超低域を拡張するサブベースモジュールSTM B118。写真はSTM S118とSTM B112

NEXOスピーカーオプション

InterBEE2012_yamaha_2.jpg 2013年2月にNEXOスピーカー全モデルに対応するパワードTDコントローラーNXAMPの機能を拡張するオプション製品としてNEXO NXAMP用 DanteネットワークカードNXDT104、デジタルメーターユニットNXDMU、デジタルパッチユニットNXDPUが発売となる。写真はNXDT104

CLシリーズ

InterBEE2012_yamaha_3.jpg 4月から7月にかけて発売されたCLシリーズはCL1/CL3/CL5の3機種がラインアップされており、オーディオネットワークDanteにより複数台のI/Oラックを組み合わせることが可能。写真はCL5

iPadアプリケーションM7CL StageMix

InterBEE2012_yamaha_4.jpg デジタルミキシングコンソールM7CL/LS9のワイヤレスコントロールを可能にしたiPadアプリケーションM7CL StageMix。写真はLS9-16との組み合わせで、右のiPadにM7CL StageMixが表示されている

MGPシリーズ

InterBEE2012_yamaha_5.jpg アナログとデジタルを高次元で融合したミキシングコンソールMGP16X、MGP12X。MGPシリーズのDSPパラメーターを緻密にコントロールすることができるMGP Editorが用意されており、ハイブリッドチャンネルに搭載された3つの機能と、SPXおよびREV-Xの2つのデジタルエフェクトの詳細な設定が可能。写真はMGP16X

DAWシステムNUAGE

InterBEE2012_yamaha_6.jpg ポストプロダクションDAWシステムNUAGEのデモンストレーション。NUAGEシステムの核として動作するNUENDO6にコントロールサーフェスNUAGE FADERおよびNUAGE MASTER、DSP搭載の高音質オーディオインターフェースユニットNUAGE I/O、低レイテンシーPCI-ExpressオーディオインターフェースカードDANTE ACCELERATORで構成されるシステムでカスケード接続による拡張も可能

[ Category : , ]
[ DATE : 2012-11-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2014]ヤマハブース:音の入口から出口までをカバーする製品を展示

ヤマハは今年もグループ会社であるSteinbergやNEXOとともに音の入口から出口までをカバーする数々の製品を出展し、ライブサウンドからブロードキャスト、ポストプロダクションに至... 続きを読む

[InterBEE2013]ヤマハブース:オーディオインターフェース「UR44」や、ミキシングコンソールMGPシリーズなど幅広く音響製品を展示

ヤマハはオーディオ編集ソフトやイベントや設備系の音響製品のほか、各種ミキサーなど幅広いジャンルのオーディオ製品を手がけている。今年は、オーディオインターフェースUR44やパワードス... 続きを読む

[InterBEE2012]キヤノン:CINEMA EOS SYSTEMセミナー ~見せます!EOS C500と4Kの使い心地~

Inter BEE 2012 のキヤノンブースで催されていたCINEMA EOS SYSTEMセミナーです。 講師:テクニカルディレクター 山本久之(マウントキュー株式会社) 実演... 続きを読む

[InterBEE2012]出口調査インタビュー

InterBEE2012開催期間中、来場者の方々から率直なInterBEEの感想を直撃してみました。 出口インタビューに答えていただいた皆様ありがとうございました。やはり出口... 続きを読む

[InterBEE2012]ローランドブースレポート

プロオーディオ部門と映像・放送機材関連部門の2ブースで出展していた。注目を集めていたのはHDMI端子での接続が可能なマルチフォーマットスイッチャー「V-40HD」だ。入力は4チャン... 続きを読む

[InterBEE2012]スターコミュニケーションズブースレポート

今回PRONEWS Liveでも使用し、大活躍した移動ライブ配信パックTVUを扱う同社。出展されていたのは3G、4G、Wi-Fi/WiMAXなどの無線回線を使った映像伝送システム「... 続きを読む

[InterBEE2012]オートデスクブースレポート

シアターデモンストレーションと体験コーナーでSmoke 2013が紹介されていた。シアターデモンストレーションでは、Smoke 2013の基本的な活用方法やユーザデモンストレーショ... 続きを読む

[InterBEE2012]ニコンブースレポート

昨年まではニコンシステムがブースを出して画質評価ツールなどを出展していたが、今年はニコンイメージングジャパンが動画機能を搭載したデジタル一眼を出展した。カメラグランプリで大賞を受賞... 続きを読む

[InterBEE2012]ティアックブースレポート

テープレコーダーが主流だった時代からレコーダー関して定評のある同社は、CDやメモリーレコーダー、輸入ブランドbeyerdynamicのデジタルワイヤレスマイクロホンシステムやDRA... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2012]ヤマハブースレポート