PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Inter BEE 2013の歩き方]Bコース: はじめてのInter BEE -初心者向け解説-
News

[Inter BEE 2013の歩き方]Bコース: はじめてのInter BEE -初心者向け解説-

#Inter BEE 2013の歩き方

2013-10-30 掲載

Bコースは、映像のことに詳しくない一般の人でもInterBEEを楽しめるというコース。InterBEEは映像業界人向けの展示会だが、一般の人でも4Kや8Kといった次世代放送を観たり、特殊撮影の現場やスローモーションなどのカメラで撮影された映像を観て楽しむことが可能だ。4K放送は2年前倒しの2014年7月、8K放送も2年前倒しの2016年となることが今年になって発表されたばかり。そのため、今年のInterBEEでは4Kや8Kといった次世代放送関連の展示が多く、ブースで4K放送を公開しているところも多いだろう。4K放送は非常に高精細で、初めて見る人ならばその美しさに驚くはずだ。また、実写映像とCGをリアルタイムでデジタル合成するバーチャルスタジオやスーパースロー撮影対応カメラといったデモ、ウェアブルカメラの展示、最新の映像制作環境なども面白い。このコースを回ってぜひ映像の世界を楽しんでほしい。

1
ヒビノグループ(ブース#4211)

itb2013_courseB_hibino.jpg
マイクロホンやアンプ、プロセッサ、スピーカーシステム、ミキシングコンソールが展示されている。ここのブースに来れば、ハーマンプロフェッショナルのAKG、AMCRON、BSS AUDIO、dbx、JBL PROFESSIONAL、Lexicon PRO、Soundcraftといった著名なブランドを見られるほか、多数の音響機器を一度に見ることができる。Soundcraftのミキシングコンソール、JBL PROFESSIONALのラインアレイ・スピーカー、DPA Microphonesのマイクロホン、STUDERのミキシングコンソールなどが注目だろう。
2
ヤマハミュージックジャパン(ブース#4310)

itb2013_courseB_yamaha.jpg
レコーディングや映画、番組制作ではどのような機材を使って制作されているのかを見てみよう。ヤマハのブースでは子会社のスタインバーグとのコラボレーションで生まれたアドバンストプロダクションシステム「Nuage」やDTM系ソフトウェアの「Cubase 7」、「Nuendo 6」などが定番の製品を見ることができる。グループ会社の「NEXO」のスピーカーシステムやその他のミキシングコンソール、PAシステムなど次世代の音響システムなども注目だろう。
3
アビッドテクノロジー(ブース#4617)

itb2013_courseB_Avid.jpg
ノンリニアメディアクリエーションのリーディングカンパニーといわれる同社のブースに注目しよう。編集室の中だけではなく、どこからでもメディアを制作し共有できる環境のAvid Everywhereと呼ばれるソリューションなどの展示はさすがと思うはずだ。このほかにもオンライン共有ストレージシステム「Avid ISIS 5500」や、短時間でプロジェクトを完成するために必要な性能やサウンドミックスを可能にするミキシングコントロールサーフェス「Avid S6」などの新製品も展示されるだろう。
4
アストロデザイン(ブース#5317)

itb2013_courseB_astoro.jpg
映像機器メーカーの開発、研究に使われている放送関連機器やディスプレイ計測機器を手がける映像機器メーカーだ。恐らく会場の中でもっとも8K関連の展示が充実しているブースで、カメラヘッド「AH-4800」などが展示されるだろう。話題の4K 9インチモニタや、表示デバイスにフルHD解像度の有機ELディスプレイを採用した高解像度フルHD電子ビューファインダーの展示もこのブースで見ることができる。
5
パナソニック/パナソニック システムネットワークス(ブース#5418)

itb2013_courseA_panasonic.jpg
9月に4K対応テレビも発表したパナソニック。NABで発表されていた業務用4Kタブレット製品など、同社ならではの4K対応製品も徐々にラインナップを充実させてきている。注目はIBCで発表された「4K VARICAM」のプロトタイプや、来春発売予定のP2カメラとしては初のAVC-ULTRAコーデック対応ハンドヘルドカムコーダー「AJ-PX270」。その他、ショルダー型フルHD 1080p AVCCAMカムコーダーの新製品「AG-AC8」などの展示も予定されている。
6
オートデスク(ブース#6121)

itb2013_courseB_Autodesk.jpg
ビジュアルエフェクトをリードしてきたFlame Premium 2014とSmokeが展示される予定だ。Flameは業界定番のフィニッシングツールで、特に3Dコンポジティングやリライティングなどの3Dビジュアルエフェクトの機能は見ていても面白い。一方、SmokeはMacで動作をしながらFlameのような合成機能と編集機能を搭載したソフトだ。ブースでは最新バージョンのデモやユーザーセッションが多数行われる予定なので、ぜひ見てほしい。
7
昭特製作所/レントアクト昭特(ブース#6504)

itb2013_courseB_shotoku.jpg
テレビ局では名の知れたメーカーで、番組の収録現場に欠かせないペデスタルやクレーン、トライポッドといった映像の足回り関連が展示されている。ロボットシステム、ヴァーチャルシステム、マニュアルシステム、プロフェッショナル三脚システム、X-Yトラッキングドリー機能付きバーチャルスタジオ向けVRクレーンなど、見ていて面白いものが多い。また、アクセルブレーキ操作なしに重心移動によって動きを制御する「Moving Dolly」もユニークだ。
8
朋栄(ブース#6506)

itb2013_courseB_fora.jpg
業務用映像機器の開発/製造/販売をしているメーカーで、スイッチャーやアーカイブなどいろいろなソリューションが展示される。その中でもフル4K高速度カメラ「FT-ONE」に注目だ。4Kで最大1,000コマ/秒のスーパースロー撮影のデモに目を奪われるはずだ。国内初展示の新製品として、直観的なタッチパネル操作で、4K映像の中から任意のサイズで切り出しポイントを設定し、HDコンテンツとして出力することが可能な4K切り出しシステム「ZE-ONE」も登場。
9
ソニー/ソニービジネスソリューション(ブース#7106)

itb2013_courseB_sony.jpg
数々の4K関連製品や4Kワークフローなど、InterBEEの中でももっとも4Kの展示が充実しているブースだろう。XAVCフォーマットで4K解像度(4096×2160)の撮影に対応した業務用4Kハンディカムコーダー「PXW-Z100」や、Eマウントシステムを採用した業務用レンズ交換式カムコーダー「NEX-FS700R」、業務用4K SXRDプロジェクター「SRX-T615」などいろいろな4K製品群が展示されるだろう。ソニーの4Kシステムで撮影した各種4K映像も上映も注目だ。
10
キヤノン/キヤノンマーケティングジャパン(ブース#8322)

itb2013_courseB_canon.jpg
一眼レフカメラで御馴染みのメーカーだが、InterBEEでは映画、TV番組、コマーシャルなどの撮影現場で使われている映画制作機器「CINEMA EOS SYSTEM」や、放送業務用映像機器などが展示される。普段はなかなか実物を見られないEFシネマレンズやEOS C500と外部レコーダーとの組み合わせ例などの展示に注目だ。また、業務用デジタルビデオカメラや動画撮影機能を搭載した一眼レフカメラの展示も楽しめるだろう。
11
GoPro NIPPON(ブース#8511)

itb2013_courseB_GoPro.jpg
放送からホビーまであらゆるシーンで注目されているアクションカメラGoProに注目だ。GoProの魅力であるさまざまなハウジングやマウントなどのオプションの展示や、スポーツやビジネスなどあらゆるシーンで撮影された迫力の映像を観覧できるだろう。また、10月1日に発表された次期追加モデル「HERO3+」の現物も展示されるかもしれない。
※掲載しているブース写真は過去に開催されたイベントのものです。
Aコース [Inter BEE 2013の歩き方] Cコース

[ Category : , ]
[ DATE : 2013-10-30 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Inter BEE 2013の歩き方]Fコース: 来るべきHigh Resolutionの世界-手に届く最新技術を-

江夏由洋がチョイスする High Resolutionの世界を知るコースとは? 今年の4月に米国で行われたNAB Showでも大きな注目となった「デジタルシネマ」。2013年はいよ... 続きを読む

[Inter BEE 2013の歩き方]Eコース: 音を巡る旅 -押さえておくべき音の世界-

奥の深いオーディオの世界。手段や機材など多種多様だが、状況に応じた使い勝手の良さや信頼性など、それぞれの業務に特化した機材が必要になりプロオーディオが成立する。デジタル化が当たり前... 続きを読む

[Inter BEE 2013の歩き方]Dコース: 映像の入り口「カメラ」を極める -カメラ最新事情-

地デジへの完全移行になったのはほんの1、2年前のことだが、既に家庭用の4Kテレビやカメラなどが発表&発売され、CESやNAB、IBCといった展示会でも話題は4K更には8Kになってし... 続きを読む

[Inter BEE 2013の歩き方]Cコース: プロスーマ・ネクストソリューション -新時代の映像制作を考える-

昨年から設けたこのCコース/プロスーマ・ネクストソリューションは、従来の映像制作専業者ではなく、主業となる本業をPRするためのメディア制作、もしくは教育ツールなどの一つとして自社内... 続きを読む

[Inter BEE 2013の歩き方]Aコース: シネマ&ブロードキャスト2013 -新映像時代探訪-

Aコースは、InterBEEのメインストリームとなるブロードキャスト関連製品、およびデジタルシネマ関連製品とその周辺テクノロジーを中心に巡るコース。今年は9月に2020年の東京オリ... 続きを読む

[Inter BEE 2013の歩き方]Intro:今年も始まる映像の祭典にようこそ!

季節到来! 1年はあっという間にやってくる。気づけば、映像関係者には見逃せない「Inter BEE 2013」 (#interbee) 開催の季節である。今年は11月13日より3日... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Inter BEE 2013の歩き方]Bコース: はじめてのInter BEE -初心者向け解説-