PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [BrushUP! InterBEE2013]Vol.02 4Kの登場、OVER HD時代の幕開け―石川幸宏

News

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.02 4Kの登場、OVER HD時代の幕開け―石川幸宏

2013-12-05 掲載

会場全体に“4K”の文字が躍る、今年のInterBEE2013

各社が提案する業務用4Kモニター各種

会場全体に“4K”の文字が躍る、今年のInterBEE2013。2020年東京オリンピック開催決定が次世代放送への更なる高解像度化を後押しすることが叫ばれる中で、いよいよ本格的なOVER HD時代へのスタートを実感させる今回の開催となった。まず目についたのは大手メーカーの業務用4Kモニター新製品。業務用液晶モニターを先導するパナソニックから本日発表になった31型4K液晶モニター『BT-4L H310』は、同社初の業務用4Kモニターとして、フル4K(4096×2160)とUltra HD(3840×2160)の両方解像度と、DCI(P3)色域をクリアした画質と色再現性を実現した4Kモニター。LUTアップロードによりデジタルシネマワークフローにおけるカラーマネージメントに対応、さらにズーム、フォーカスーインーRED、Y-MAPなどの撮影アシスト機能や3種類の4K入力(3G-SDI、DisplayPort、HDMI)、AC/DC電源対応など、どこの現場でも活用できる制作用リファレンスモニターとしての機能を充実させた。

interbee2013_day1_01.jpg

一方、市場初参入のキヤノンは、昨年の春から展示会毎に参考出品をしてきた30型4Kディスプレイ『DP-V3010』をようやく正式発表。Canon Log対応のピクチャーモード搭載など、業務用制作のための4K仕様に加えて、CGなどグラフィック分野での仕様なども考慮したほぼA3サイズ=4096×2560(16:10)の画角を採用。

パナソニックは280万円、キヤノンはオープン価格だが、市場予想価格300万円程度と、4K制作始めるための次世代リファレンスモニターの選択にあたって、求められるコアコンピュタンス・テクノロジーは何なのか?改めて正面から考える時期が来ている。

txt:石川幸宏 構成:編集部

Vol.01 [BrushUP! InterBEE2013] Vol.03

[ Category : , , ]
[ DATE : 2013-12-05 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.08 GoPro,Blackmagic Production Camera 4Kなど、注目のカメラを紹介!―江夏由洋

Go Proの魅力にフォーカス! 江夏的気になるブースから… ■GoPro 2013年、全世界でビデオカメラ販売台数がSONYに次いで第2位となったのがGoProだ。今回、その... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.07 これからは4K放送に行く? Blackmagic Designに期待―小寺信良

今回のBlackmagic Design(以下BMD)ブースツアー、お楽しみ頂けただろうか。“サムライなのにあんまり切ってない”と不満の声もあると聞いているが、製品のできと価格を... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.06 “4K営業開始!”ところでどこで放送するの?そりゃ地上波でしょ―江口靖二

明らかに4Kはリアリティだ! 今年のInterBEEをひと言で言えば、「4K営業開始!」だったと思う。これまでの4Kの紹介とか、ここまでできますとか、課題はこうですとかいったフェ... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.05 4K放送の未来とは?―小寺信良

InterBEE2013最終日の11月15日は、次世代放送推進フォーラム(NEXTV-F)事務局の元橋氏圭哉さんをゲストにお迎えして、”4K放送が始まるとどういう未来になるのか”... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.04 4Kで撮影・編集。4Kのワークフローを紹介―江夏由洋

始まった4K。撮影、編集、記録、プレイアウトと課題は山積み! 今回のInterBEEの大きなキーワードは「4K」である。実際に4Kという言葉は昨年も大きく取り上げられていたのだが... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.03 日本初公開!6Kセンサー搭載EPIC DRAGON登場!―石川幸宏

いよいよ4Kの夜明けが来たが… 開発当初から4K制作を睨んで開発を進めて来たRED DIGITAL CINEMA。ついに実装された、6K DRAGONセンサー搭載の『EPIC D... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.01 ソニーに見る今年の4Kとは?!―岡英史

4Kはもはや当たり前! 昨年のInterBEEは、シネマやCM等の制作サイドにおける高解像度カメラとしての4Kが前面に打ち出されていたが、2013年、4Kは既に当たり前。それをど... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.00 InterBEEを振り返り、2014に備えよう!

Inter BEE 2013を振り返り俯瞰してみる InterBEE2013が終了し、早くも3週間が過ぎた。あっという間に12月に突入し、まもなく2013年も終了である。 今回は、... 続きを読む

【動画】[InterBEE2013]出口調査インタビュー

InterBEE2013開催期間中、来場者の方々から率直なInterBEEの感想を直撃してみました。 出口インタビューに答えていただいた皆様ありがとうござ... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。

トップ > 特集 > [BrushUP! InterBEE2013]Vol.02 4Kの登場、OVER HD時代の幕開け―石川幸宏