PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2011:ATOMOS]話題のNinja、Samurai、その次は?話題のATOMOSブース
News

[NAB2011:ATOMOS]話題のNinja、Samurai、その次は?話題のATOMOSブース

#NAB SHOW #NAB2011 #ATOMOS

2011-04-21 掲載

彗星のように今年のNABに現れたATOMOSだが、Blackmagic DesignとCanopusの技術者たちが創設した会社だという。Proresをコーデックとして採用したAJAのKiProが話題になったが、同社のレコーダーもProResHQ、ProRes422、ProResLTコーデックで記録するようになっている。ただ、LCDモニターが装備されていたり汎用の2.5インチHDDやSSDを使用できるようになっているところが大きく異なるところだろうか。

また入力はHD-SDIに対応したSamuraiとHDMIに対応したNinjaの2つの別モデルになっており、KiProのように色々な入力には対応していない。最近のDSLRや小型ビデオカメラなどローコストなカメラと組み合わせる場合、こうした割り切りはある意味正解なのかもしれない。なお、NinjaとSamuraiは入力だけでなくLCDモニターが異なっており、価格が995ドルのNinjaは480×272の4.3型で、Samuraiのほうは800×480の5.0型が装備されており1495ドルとなっている。

HDDやSDDは専用のキャディに入れて使用するようになっているが、このキャディにはUSBとFireWire800のインターフェースが装備されており、そのままPCに接続することが可能だ。ちなみにこのキャディは標準で2個同梱されている。

DSC_3097.JPG
ATOM-OSを採用し、操作はタッチスクリーンで行う。バッテリーは背面に2個装着でき交互に交換できる

DSC_3100.JPG
SDIモデルのSamuraiもHDMIモデルのNinjaもスルーの出力を備えているほかLANCによるコントロールも可能

DSC_3099.JPG
HDMIモデルのNinjaはDSLRや小型ビデオカメラのレコーディングソリューションとして手頃な大きさで、かつ価格的にも魅力的だ

[ Category : , ]
[ DATE : 2011-04-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

【生産完了】ATOMOS ATOMSAM001 Samurai [SYSTEM5]
【生産完了】ATOMOS ATOMSAM001 Samurai [SYSTEM5]
売切れ
販売価格: ¥125,620(税込)
HD-SDIの入出力に対応し、ダイレクトにApple ProResおよびAvid DNxHD収録が可能なポ…

この記事に関連する記事一覧

[Camera Preview 2020]Vol.06 初メジャーアップデートVer.2.00で大きく変化するSIGMA fp

txt:駿河由知 構成:編集部 使えば使うほど楽しくなるSIGMA fp 2020年7月11日と13日開催の「ライブ配信まるごと大相談会」。筆者は「シグマfpによる... 続きを読む

[InterBEE2019]ATOMOSブース:4K HDRパネル搭載のNEONやSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision対応モデルを展示

ATOMOSは、新製品の4K HDRパネルを搭載したNEONのラインナップを国内初出展したほか、8月から本格出荷開始したSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision... 続きを読む

[NAB2019:ATOMOS]モニタリング、録画、最大4つのHD-SDIカメラストリームのスイッチングに対応する「Shogun 7」を展示

ATOMOSブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ... 続きを読む

[NAB2019]ATOMOSブース(動画)

NAB2019のATOMOSブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019]ナブブラリVol.06(動画)

NAB2019の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。ATOMOSブースからお届けします。 ... 続きを読む

[CP+2019]ATOMOSブース:「一歩進んだカメラの動画撮影」をテーマに最新カメラとレコーダーを組み合わせたた撮影システムを展示

毎年最新のカメラが集まるATOMOSブースでは、一歩進んだカメラの動画撮影をテーマに、ファームウェアアップデートにより12bit RAW動画HDMI出力に対応するニコンのZ 7/Z... 続きを読む

[InterBEE2018]ATOMOSブース:4K60Pに対応した5.2インチのモニター/レコーダー「NINJA V」を展示

ATOMOSブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザ... 続きを読む

[NAB2018:ATOMOS]小型、軽量のポータブルモニター/レコーダー「NINJA V」やProRes RAWに対応したSHOGUN INFERNO、SUMO19を展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[CP+2018]ATOMOSブース:SUMO19M/SUMO19、NINJA INFERNOを様々なカメラと組み合わせた展示

ATOMOSはNABやInterBeeでは大きなブースを構えて各社の最新のカメラと組み合わせた出展を行っているが、CP+は写真が中心のイベントということもあり、かなり規模を縮小した... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2011:ATOMOS]話題のNinja、Samurai、その次は?話題のATOMOSブース