PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ  >  特集

SPECIAL の記事一覧

[デジタルサイネージ2009]06: Adobe Flash CS4 Webから飛び出したインタラクティブ表示ツール

今月はデジタルサイネージに焦点を当てて、特集を組んできた。その取材の折々で聞かれたのは、Flashコンテンツもデジタルサイネージの素材として利用が進み始めているという実態だった。1...続きを読む

[ DATE : 2009-03-30 ]

[デジタルサイネージ2009]05:SCALA Scalaインタフェースが特徴!自由度の高い表示を実現

北米市場、欧州市場で磨かれたサイネージシステムInfoChannelを開発してきた米SCALA。現在、アメリカ、イギリス、ノルウェー、オランダ、フランス、カナダ、香港、インド、日本...続きを読む

[ DATE : 2009-03-11 ]

[デジタルサイネージ2009]04:トムソン・カノープスMEDIAEDGE Thomson、GrassValleyとのシステム連携で汎用性が向上

トムソン・カノープスは、ネットワーク型映像配信・表示システムMEDIAEDGEとして、デジタルサイネージソリューションを展開している。MEDIAEDGEは、2000年11月のInt...続きを読む

[ DATE : 2009-03-11 ]

NAB2009 スペシャルレポート

NAB2010のレポートはこちら 2009 NAB Show(NAB2009) の模様を、ラスベガスよりレポート! 今年も濃厚なレポートをお届けします! 2009年4月18日か...続きを読む

[ DATE : 2009-03-09 ]

[デジタルサイネージ2009]03:パナソニックNMstage 金融システムベースで基幹系運用に強味

パナソニックが提供するサイネージソリューションは、ソフトウェアベースでサイネージ表示をするNMstageだ。 「NMstageは、店頭株価情報表示システムがベースになっています。サ...続きを読む

[ DATE : 2009-03-05 ]

[デジタルサイネージ2009]02:ソニーBEADS 導入から配信、監視、制作までのトータルサービス

ソニーのデジタルサイネージへの取り組みは、2002年にネットワークプレーヤーNSP-100を投入したのが最初。現行の最新サイネージ商品として、2008年1月にデジタルサイネージプレ...続きを読む

[ DATE : 2009-03-05 ]

[デジタルサイネージ2009]01:DSC 135社参加で作るビジネス・ガイドライン

デジタルサイネージコンソーシアムでガイドラインを検討中 メーカーごとに、形も大きさもさまざまなものが存在しているデジタルサイネージの世界。特に決まった規格があるわけでもないので、メ...続きを読む

[ DATE : 2009-03-04 ]

[デジタルサイネージ2009]00:規格に縛られないサイネージメディアの可能性は無限大

1990年代後半から大型街頭ディスプレイの設置が進み、大都市圏の駅前や交差点、大型量販店の壁面などで影像が流されることは珍しいものではなくなった。それだけでなく、この数年は、量販店...続きを読む

[ DATE : 2009-03-04 ]

[ワークフローの鍵を握るMXF 02]日本テレビがIBE-NTとMXF伝送システムを共同開発

日本テレビ放送網(東京都港区)は、アイ・ビー・イー・ネット・タイム(東京都中央区、以下IBE-NT)とMXF局間IP伝送システムを2008年11月に開発。12月から全国のNNN系列...続きを読む

[ DATE : 2009-02-04 ]

[ワークフローの鍵を握るMXF 01]ワークフロー構築の前に知っておきたいMXFの基礎知識

最近、MXFファイルという言葉をよく耳にするようになった。しかし、その中身についてはまだまだ知られていないことも多い。ここでは、ワークフロー構築の前に知っておきたいMXFの概要と課...続きを読む

[ DATE : 2009-02-04 ]

[ワークフローの鍵を握るMXF 00]標準フォーマットとして利用シーンが拡大するMXF

カメラの収録環境のテープレス化、編集・フィニッシング環境のファイルベース化移行にともなって、昨年あたりから「MXFファイル」という言葉がよく聞かれるようになってきた。すでに、パナソ...続きを読む

[ DATE : 2009-02-04 ]

[特集:フルデジタル制作移行、その課題と展望 06]エリア限定ワンセグを地域活性化ツールとして活用へ

放送、DVD/Blu-ray、Webなど各種メディアを横断したワンソース・マルチユースの映像制作を可能にするフルデジタル制作だが、日本には忘れてはいけない配信メディア「ワンセグ放送...続きを読む

[ DATE : 2009-01-09 ]

[特集:フルデジタル制作移行、その課題と展望 05]米NBCプロキシベース制作ワークフローで五輪視聴者4億人を達成

現地で50万人以上の観客が、1万500人のアスリート達の競技を見守った2008年夏の北京オリンピック。その放送においては、前代にないフルHDクオリティでの放送制作環境が実現したこと...続きを読む

[ DATE : 2009-01-09 ]

[特集:フルデジタル制作移行、その課題と展望 04]インタビュー:アーカイブはBlu-rayとLTOを使い分ける

朋栄のメディアマネジメント・ソリューションであるMediaConciergeは、複数のシステムとソフトウェアを組み合わせた、自由度の高い構成となっている。そのため、メディアマネジメ...続きを読む

[ DATE : 2009-01-07 ]

[特集:フルデジタル制作移行、その課題と展望 03]制作ワークフロー全体を統合管理するMediaConcierge

近年、MXFフォーマットに準拠したファイルフォーマットを各社が利用するようになったことにより、映像制作のワークフローは大きな転換期を迎えています。素材流通はテープメディアからファイ...続きを読む

[ DATE : 2009-01-07 ]

[特集:フルデジタル制作移行、その課題と展望 02]インタビュー:メタデータ記述ファイルXMPの可能性

次世代制作ワークフローへの課題であるメタデータへの取り組みについて、Premiere Pro CS4に新たに搭載されたスピーチ検索機能部分に焦点を当てて、記事を書いてもらった。製品...続きを読む

[ DATE : 2009-01-07 ]

[特集:フルデジタル制作移行、その課題と展望 01] Premiere Pro CS4のスピーチ検索機能がワークフローを変える

2008年11月に発表となったAdobe Creative Suite 4。映像制作ツールのPremiere Pro、After Effectsも合わせて、12月19日に新バージョ...続きを読む

[ DATE : 2009-01-07 ]

[特集:フルデジタル制作移行、その課題と展望 00]キーワードはメタデータとメディアマネジメント

カメラのファイルベース移行が本格化し、ノンリニア編集環境もファイルベース化に対応した2008年。今年は、フルデジタル制作環境に向けて、新たな一歩を踏み出す年となりそうだ。カメラの映...続きを読む

[ DATE : 2009-01-07 ]

[2008年総括:これからの映像業界]09年はヒューマン・ファイルベースへ移行

2008年の締めくくりとして、「2008年機材売上動向」をもとに、今年の総括と来年の展望に関する座談会を開催しようと思ったが、やはり年末ということもあってスケジュールも押せ押せムー...続きを読む

[ DATE : 2008-12-24 ]

[2008年総括:これからの映像業界]2008年HVR-Z7Jが売れた理由とは?

間もなく2009年を迎える。2008年は、皆さんにとってどんな年だったのだろうか? 気になるのが今年売れた機材たち。2008年の売れ筋(System 5提供資料)を見ながら、去り...続きを読む

[ DATE : 2008-12-24 ]

[特集:次世代収録環境へのアプローチ]~ソニー編2~ 現場ワークフローへの対応を意識した製品が充実

ソニーは今年1年、XDCAM EXシリーズ、HDVシリーズの新製品のカムコーダーを次々に発売してきた。テープレス化・HD化だけを目的とするのではなく、現場のワークフローへの対応を意...続きを読む

[ DATE : 2008-12-10 ]

[特集:次世代収録環境へのアプローチ]~パナソニック編~ AVCCAMからVARICAMまで半導体メディア収録が標準に

AVCCAMからVARICAMまで半導体メディア収録が標準にパナソニックの2008年は、フラッシュメディア記録カメラレコーダーの年だったと言っても過言ではない。4月のNAB Sh...続きを読む

[ DATE : 2008-12-10 ]

[特集:次世代収録環境へのアプローチ]~キヤノン編~ 正常進化を遂げたミドルクラスカメラを3年ぶりに投入

正常進化を遂げたミドルクラスカメラを3年ぶりに投入今年のキヤノンは、各HDV業務用カメラをマイナーチェンジしてきた。 気がつけば、HDV業務カメラとして最初に登場した(ビクターなど...続きを読む

[ DATE : 2008-12-10 ]

[特集:次世代収録環境へのアプローチ]~ソニー編1~ 怒濤の攻めに転じ、新製品を次々に投入

怒濤の攻めに転じ、新製品を次々に投入今年のSONYは一体どうしちゃったんだ?とも思える新製品の登場が目白押しだった。しかもそのどれもがユーザーベースに考えられた製品とも取れる魅力の...続きを読む

[ DATE : 2008-12-10 ]

[特集:次世代収録環境へのアプローチ]~ワークフロー編~ カメラメーカーとノンリニアベンダーが協業

今年1年、カメラ収録と編集のワークフローは、フルデジタルワークフローの構築に向けて、進化と改善が続けられてきた年となった。これまで数年をかけてテープレス化が行われてきたが、今年ほど...続きを読む

[ DATE : 2008-12-10 ]

特集記事

SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。

トップ  >  特集