PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [SIGGRAPH2010]Vol.02 Electronic Theater開催。3Dでの上映プログラムも

News

[SIGGRAPH2010]Vol.02 Electronic Theater開催。3Dでの上映プログラムも

2010-07-28 掲載

Txt:今間俊博(首都大学東京)

今年はお馴染みロサンジェルスで開催!

1_LACCkonma.jpg
開催時は旗などで装飾されてきた会場のLACC。
今年は、そういった装飾が何も無く、外観だけではSIGGRAPHをやっている雰囲気が何も無い

7月25日から29日までSIGGRAPH2010のためにLAに来た。SIGGRAPHは数年毎にLACC(ロスアンゼルス コンベンションセンター)を会場にしているため、SIGGRAPHにとってのLAはホームグラウンドのような物である。たとえ他のアウェーな都市を開催地にして集客が悪くとも、ひとたびLAに戻ればハリウッドを擁する事もあり、大入り満員で必ず黒字を叩き出してくれたものだった。

しかし今年のLAは寒かった。いろんな意味で…。酷暑の日本から来た我々には、過ごし易さを超えて長袖で過ごさなくてはならない位に…。その肌寒さは、SIGGRAPH2010会場のLACCにも現れていて、例年使っている部屋数の見た目2/3程度しか使わないコンパクトな大会となった。人出の方も、昨年のNew Orleans大会の参加者総数1万人台という、とんでもない少数記録と比較すれば多いと思うが、それでも前回のLA大会よりも寂しい感じがした。

CG学会は衰退期?

2_Chapterkonma.jpg
昨年度とほぼ同じチャプターミーティングに参加したメンバー

筆者は、シーグラフ東京(正式名は、TOKYO ACM SIGGPARH)というSIGGRAPHのローカルチャプターに所属している。毎年SIGGRAPHでは、チャプターのメンバーが集まって、今後の運営についてミーティングを行うのが恒例である。今年も本大会開幕前日の24日にチャプターのミーティングが行われた。

そこで気が付いた事がある。ここ数年の、ミーティング参加メンバーの顔ぶれが固定している事である。SIGGRAPHは学会である。学会の執行メンバーは、毎年少しずつ新しい血が入り若返って行くのが理想的である。SIGGRAPHの下部組織であるチャプターにも同じ事が言える。そう言えば、筆者がこのミーティングに参加し始めた10年前には、毎年フレッシュな若い学生が新規に参加して、新鮮な雰囲気を醸し出していた。それが今は大分失われている。確かに、毎年会うメンバーが同じなのは気が楽で良いのだが、毎年徐々に歳をとった顔を見ているのはどうなのだろう。そう言えば我がシーグラフ東京も、執行メンバーがここ数年同じままである。

コンピュータグラフィックスを扱っている他の学会の話を聞いても、最近会員が増えない、むしろ減少傾向であるという話を良く聞くようになった。日本に関して言えば、CGのソフトを使っている人口は、最近むしろ増えているのにである。

ある友人曰く、CGのソフトは先人たちがガンバッテ、様々な機能をすでにインプリメンテ-ションしてしまっている。またSIGGRAPHなどで新しく発表された研究も、短期間に市販ソフトに搭載されてしまう。だから、CGのプログラミングなんて知らなくて良く、研究としてのCGは一部の先進的な研究者だけが行えば良いのだそうだ。もしそれが本当だとしたら、本当にそれで良いのだろうか?

Electronic Theaterの楽しめないプログラム

3_HALLbkonma.jpg
Electronic Teatorの会場HALL B隣にもっと大きなHALL Aがあるが満席での盛り上がりをねらったのか…

昨晩は、Electronic Theaterの初日であった。一般的に言えば、SIGGRAPHの開催地が西海岸の場合にはエンターティンメント性の高い楽しい作品が選ばれ、東海岸の場合にはより主張が強い個性的な作品が選ばれる傾向にある。これはSIGGRAPHにおいては、開催地のメンバーが運営メンバーとなるため、毎年その作品傾向が変化するためである。

4_Klikkonma.jpg
シュールな作品が多かった今年のElectronic Teator作品の1つ「Klik!」
5_Cours_Toujourskonma.jpg
もうちょっと演出を変えればおもしろかった作品
「Cours Toujours」
6_konma.jpg
ソフトをバージュンアップする度に機能が増えメニューが複雑になってゆく作品「Upgtrades」

今年は西海岸のLA開催。さぞかし面白可笑しい作品が多いかと期待して行ったのだが、ちょっと当てがはずれた。何だかとてもシュールでエキセントリックな作品が多く選ばれており、何だかエンターティンメントとしては、楽しみ切れない雰囲気であった。友人曰く、昔のSIGGRAPHのようだ。

ここ数年の参加者の落ち込みを受けて、SIGGRAPHのコミッティはSIGGRAPH全体の構成について、いろいろと手を加えている。それはElectronic Theaterも例外では無い。前回のLA大会の際には、7000人収容のNokiaシアターにおいて、いつ行ってもElectronic Theaterが見られ、観客が投票するアワードを設けた。(この方法は、とても評判が悪かった)。今回は立体3D作品を2つ加え、Real-Dの上映出来るシアターでのElectronic Theaterであったが、上映プログラムの選考基準も、随分と手を加えたようである。

内容については、個人の好みの問題もあるので、今年のElectronic Theaterが全くダメとは思わないが、筆者に関して言えば途中で寝てしまった。作品内容については、来年のバンクーバー大会での更なる変化に期待したい所である。


[ Category : , ]
[ DATE : 2010-07-28 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SIGGRAPH2017]Vol.05 さまざまな分野に広がるCGの世界

txt:安藤幸央 構成:編集部 SIGGRAPH 2017を振り返る VRコンテンツを楽しむ、奇妙な風景 昨年以上にVR三昧だった今年のSIGGRAPH。... 続きを読む

[SIGGRAPH2017]Vol.04 CG/VFX映像の最先端のノウハウが共有できるSIGGRAPHの醍醐味

txt:安藤幸央 構成:編集部 制作過程を洗いざらい公開。メイキングの話題がいっぱいのプロダクションセッション プロダクションセッションは、最新のCG技術/VFX技術を... 続きを読む

[SIGGRAPH2017]Vol.03 応用分野はCGにとどまらず。SIGGRAPH2017の論文発表からみる映像技術の進化

txt:安藤幸央 構成:編集部 キリンとスケッチ スケッチのモデルとして会場に運ばれてきた子供のキリンTiny君と、スケッチ講座の様子 今年のSIGGRP... 続きを読む

[SIGGRAPH2017]Vol.02 例年以上のVR三昧。VRシアターで新たなエンターテインメント拡大へ

txt:安藤幸央 構成:編集部 特別なVR体験から、普通の体験へ移行してきたVRへ 常に長蛇の列であったVRシアター入口 最高峰の映画上映システムとして認知さ... 続きを読む

[SIGGRAPH2017]Vol.01 CGの祭典SIGGRAPH2017開催!

会場となったロサンジェルスコンベンションセンター txt:安藤幸央 構成:編集部 VR映像が大流行りだった昨年よりも、さらにVR三昧。レンダリングに手間をかけたCGと、リア... 続きを読む

[SIGGRAPH2016]Vol.05 多種多様に広がるCGの世界

セッション会場に展示された、映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」で使われた実物大スーツ txt:安藤幸央 構成:編集部 SIGGRAPH 2016を振り返る... 続きを読む

[SIGGRAPH2016]Vol.04 最先端のノウハウが共有できるSIGGRAPHの醍醐味

展示会会場の隅に鎮座する「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアン txt:安藤幸央 構成:編集部 展示会場 展示会場入ってすぐ。にぎわうNVIDIAのブース... 続きを読む

[SIGGRAPH2016]Vol.03 VR三昧。体験型VRで会場はまるでテーマパークに

txt:安藤幸央 構成:編集部 体験しないとわからないVR展示の数々 昨年以上にVR系の展示に力が入っていた今年のSIGGRAPH。広大な会場内のあるフロアは薄暗い照明... 続きを読む

[SIGGRAPH2016]Vol.02 多分野への応用が深まるSIGGRAPH2016の論文発表

txt:安藤幸央 構成:編集部 宇宙開発とCG映像との深い関係 毎年、示唆に富んだ基調講演が用意されているSIGGRAPH。今年の基調講演は、米国の宇宙開発を率いるNA... 続きを読む

特集記事

inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
Avid Media Composerのインターフェースを誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017ををレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。

トップ > 特集 > [SIGGRAPH2010]Vol.02 Electronic Theater開催。3Dでの上映プログラムも