PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 小寺信良 > [小寺信良のいまさら聞けないXAVC入門]4K世代の映像フォーマットXAVCを知る

News

[小寺信良のいまさら聞けないXAVC入門]4K世代の映像フォーマットXAVCを知る

2014-09-30 掲載

koderaXAVC_top

XAVC誕生の経緯

2012年、4K収録を可能にしたシネマカメラPMW-F55が登場した。そのとき同時に発表されたのが、ソニーが4K世代の映像フォーマットとして位置づけたXAVCだ。

それまでソニーでは、ハイエンド収録はRAWで、デジタルシネマの制作向けの中間コーデックとしてはHDCAM SRで採用されていたMPEG-4 SStP(Simple Studio Profile)で、それ以外のHD映像制作ではMPEG-2をベースにしたXDCAMで、という方向性であった。その中間を埋めるコーデックとして、XAVCは誕生した。

話は10年ほど前にさかのぼる。当時他社は、結構早い段階で一般的な映像制作用にMPEG-4をベースとしたフォーマットを提供していた。ビットレートも幅広く、Intra Frameを標準にするなど、MPEG-4の可能性に着目していた。

ディスクベースのXDCAMがデビューした当時、ソニーの担当者になぜXDCAMはMPEG-4ではなくMPEG-2なのかと質問したことがあるが、「PCへの負荷や互換性の高さを考えて」という回答であったことを記憶している。当時のPCパワーでは、MPEG-4はまだちょっと背伸びしすぎのフォーマットであったのは事実だ。

しかしそれから10年が経過し、MPEG-4も一般的なコーデックとなった。MPEG-4ベースでありながら、カラーグレーディングや合成にも対応できる、4:2:2/10bit/Intra Frameの圧縮コーデックとしてXAVCが登場したのは、当然の流れであったわけだ。

翌2013年には、XAVCをベースにしたコンシューマ向けコーデック、XAVC Sを発表。AVCHDに変わるハイビットレートフォーマットとして、同社ハンディカムやアクションカム、デジタルカメラなどに採用が進んでいるのは、すでにご承知のとおりだろう。

1409_sony_XAVC_01b ソニーのXAVCファミリー

今回は、映像のプロフェッショナルなら避けて通れないXAVCの現状とこれからについて、素朴な疑問をぶつけてみた。

XAVCはどこまで来た?

今回お話しを伺ったのはソニーの後藤 俊氏(営業・マーケティング部門 マーケティング部 CCシステムMK2課)と、江間 拓郎氏(デジタルイメージング事業本部 商品企画部門 B&C商品企画部 商品企画課 プロダクトプランナー)のお二人だ。

1409_sony_XAVC_9750D お話しを伺った後藤氏(写真左)、江間氏(写真右)
――ソニーのXAVCフォーマットというと、4Kハイエンドというイメージが先行しましたが、実際にはHDカメラでも幅広く搭載されてますよね。HDでも100Mbps、しかも4:2:2/10bitのIntra Frameということで、XAVCはハイエンドカメラに搭載という流れなんでしょうか。

後藤氏:XAVCは2012年度のPMW-F55/F5からスタートして、2013年のPXW-Z100と、4Kのカメラが続きました。4K映像制作は元々ハイエンド分野ですし、HDもその流れで、ハイエンド制作に求められるIntraのほうを優先しました。

江間氏:Long GOPということでは、弊社にはMPEG-2のXDCAMシリーズがありましたので、当時は優先順位的としてIntraを先にやって、ソニーでもIntraができるフォーマットがありますよというのをアピールしたわけです。

後藤氏:ただこのフォーマットをもっと幅広くご利用いただきたいということで、実はこの夏に発売されたPXW-X180/160から、Long GOPにも対応しました。F55/F5は除いて、ほとんどの現行モデルでファームアップにより、Long GOPに対応していきます。

1409_sony_XAVC_roadmap XAVC Long GOP対応ロードマップ。ほとんどのカメラでLong GOPに対応予定

後藤氏:さらにPXW-X180/160では、XAVCのProxyフォーマットも新たに搭載しました。現場からインターネット経由で伝送して、先にオフライン編集をはじめるといったワークフローにも対応します。

――PXW-X180/160というと、バリアブルNDにしか注目されてないようなところもありますが、ここでXAVC的にも大きく世代代わりしてるんですね。現状でXAVCがカバーする範囲というと、どこからどこまでになりますか?

後藤氏:既存のIntra Frameに加えて、4KでもHDでもLong GOPをサポートしますので、proxyやコンシューマ向けのXAVC Sまで含めると、かなりのレンジをカバーします。

■XAVCフォーマットの実装例
(下記ビットレートは29.97pの場合)
4K HD
Intra Long Intra Long
XAVC
(MXF)
300Mbps
4:2:2/10bit
100Mbps
4:2:0/8bit※
100Mbps
4:2:2/10bit
50/35/25Mbps
4:2:2/10bit
XAVC S
(MP4)
100/60Mbps
4:2:0/8bit
50Mbps
4:2:0/8bit
※規格としては4:2:2/10bitもサポート
■XAVC proxy(MP4)の実装例
記録画素数 フレームレート ビットレート
1280×720 30p/24p 9Mbps
640×360 3Mbps
480×270 1Mbps
480×270 0.5Mbps

後藤氏:大前提として、XAVCはプロフェッショナル向け、XAVC Sはコンシューマ向けです。コンシューマのほうは、データ容量に配慮して最初からLong GOPしかありませんし、カラーサンプリングも4:2:0/8bitです。一方XAVCだと4:2:2/10bitが基本ですので、ビデオサーバ用やファイル交換用の書き出しフォーマットとしてもお使いいただけるように定義されています。

XAVCはどこまで行く?

――XAVCって、フォーマットとしては4:4:4/12bit/960Mbpsまで定義されていますよね。でも現状そういう製品がないのはなぜなんでしょう?

江間氏:記録コーデックチップの開発にも関わる話ではありますが、現状でもRAWやSStPがあり、F55ではSStPの4:4:4で撮影できますので、そこにはアイテムがあります。今後は必要に応じて、実際に使われるフォーマットを作って拡張していくというスタンスでいます。

――ということは、将来的にはSStPのエリアもXAVCでカバーしていくことになると?

江間氏:基本的な考え方としては、XAVCのように一つのフォーマットで全部まとめていければ美しいというのはあります。なんですが、まだまだF55/5は現行機種ですし、これまでの素材を含めた過去互換、制作環境とか色々要素もあるので、今すぐ切り換わるわけではありません。

逆にLong GOPに関しても、MPEG-2 HDを使っているお客様もすごく多いので、当面はXAVCと2つの選択肢を提供していく予定です。

――Long GOPのビットレートでは、XAVC Sにもかなり近い印象を受けますね。今のMPEG-2 HDのエリアが、XAVC Sの商品群に変わっていくという可能性もあるのでは?
1409_sony_XAVC_9800b コーデックから見えてくる将来像について、率直なディスカッションが続く

江間氏:それはないと思います。XAVC Sは基本コンシューマ向けという位置づけですので、今AVCHDを使っていて物足りないという方が手を出していただけると、一番フィットするかなというイメージです。

後藤氏:もう一つは、編集環境の互換の問題がありますね。XAVCとXAVC Sは、ラッパーがMXFかMP4かという違いも大きいんです。

例えばTCやメタデータは、MP4でも一部サポートしている製品もありますが、フォーマットとしてここに絶対書かなきゃいけないという定義が決まっていないんですね。ですからデコード側が個別に対応しなければ、読めるはずのメタデータが読めないということが起こります。その互換性を考えると、プロとしてはビデオのところは一緒でも、MXFを採用するメリットは小さくないはずです。

――局納品フォーマットとしての可能性はどうでしょうか?ビデオサーバの対応製品もありますし、実際にはもう受け入れも可能なところはあるんじゃないかと思いますが。

後藤氏:そこはメーカーではなく、放送局さんが決められる話だと思います。ただ一般社団法人 次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)さんで放送しているチャンネル4Kでは、4Kのコンテンツの納品フォーマットとしてXAVC 3840×2160 59.94p 600Mbpsと規定されています。送出サーバのコーデックがXAVCだという都合もあるとは思いますが、今後はその流れで納品フォーマットとして使っていただけると嬉しいですね。

江間氏:海外の話をすると、ヨーロッパではProfessional Discを使ったMPEG-2 HD納品が主流です。今回HDのXAVC Long GOPで50M/35M/25Mbpsと用意したのは、MPEG-2の50M/35Mbpsに合わせたんですね。25MはDVCAMに合わせました。それぞれの国で、納品フォーマットとしてすんなり入っていけるように配慮してあります。

拡がるXAVCファミリー

――局納品のお話しが出たところで、今XAVCをサポートしているノンリニアソフトの対応状況を把握しておきたいんですが。

後藤氏:XAVCのLong GOPは、まだこの夏に製品が出たばかりなので、サポートしているソフトウェアは限られます。ですがXAVCのMXFのデータ構造から、中のビデオを間違いなく読み出す処理だけなので、対応にはそれほど時間はかからないのではないかと見ています。

――XAVCをサポートするメーカーも、かなりの数になりますね。

後藤氏:2014年9月の時点では、65社がフォーマットサポーターになってくださっています。

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2014/09/1409_sony_XAVC_support.jpg XAVCをサポートするメーカー
※画像をクリックすると拡大します
――XAVCのサポーターとか、アライアンスパートナーになるにはどうすればいいんですか?

江間氏:XAVCはオープンフォーマットですので、オーバービューなどは公式サイトで公開しています。メンバーになるにはサイトから申請していただいて、それが受理されると、開発者用のページにいけるようになります。そこにはサンプルファイルや開発者向けの技術資料などがダウンロードできます。

2014年が、XAVC元年となりそうな気配

これまで4Kの編集は非常に重い処理で、編集用中間コーデックに落とし込むにしても、その変換が実時間の数倍かかる。さらに最終フォーマットとして何に出せばいいのか、なかなか結論が出ない状況が続いていた。

その点XAVCは、H.264を使ったコーデックとしては非常に高度で、ネイティブコーデックのままで編集できる環境も整っている。さらにはビデオサーバでもサポートされてきたことで、最終納品フォーマット、あるいはマスター保存フォーマットとしての利便性も高まっている。

またHDでも、今から17年前に登場したHDCAMテープが未だに制作のデファクトスタンダードではあるが、ファイル化の流れを受けて、次世代への転換時期にさしかかっているタイミングだ。それを考えれば、ソニーのカムコーダが推奨するXAVCへの移行は、案外ファイルベースでのデファクトフォーマットとして、すんなり受け入れられる可能性は高い。

ソニーの製品ロードマップを見ると、今年はXAVC対応カムコーダが大量に商品化される年でもある。まさに2014年が、XAVC元年となりそうな気配である。


WRITER PROFILE

小寺信良 業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。


[ Writer : 小寺信良 ]
[ DATE : 2014-09-30 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

NewFindertitle_top

[岡英史のNewFinder]Vol.56 待望のバージョンアップ!EDIUS Pro 8の可能性

txt:岡英史 構成:編集部 EDIUSって何?〜思えば長く使って来たなー 今回のイチオシ機能、プライマリーカラーコレクション ※画像をクリックすると拡大します ... 続きを読む

eizo_top

[映像と色域の世界]Vol.01 4K制作のカラーマネージメントの現状とは。ピクチャーエレメント齋藤精二氏インタビュー

フィルムの基準、デジタルの基準 東京・世田谷の東宝スタジオ内に構える株式会社ピクチャーエレメントのスタジオ。同社では映画をメインにテレビやPVなどのDIやVFXなどのほか... 続きを読む

DVXstory_v1_top

[DVX Story]Vol.01 AG-DVX200発売直前座談会赤い衝撃を待ちわびて〜開発チームに訊く!

この秋に登場するAG-DVX200に期待を寄せて 今、ひとつの期待のビデオカメラの発売が待たれている。この春にひときわクリエイターや映像制作者の注目を集めたハンドヘルド型4Kカメ... 続きを読む

ATOMOSReview_03_top

[ATOMOS Review]Vol.03 “4Kなのに美しい”画を求めて〜ATOMOS SHOGUNの堅牢性と安心感〜

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 映像制作は道具選びから 「どのカメラを買えばいい?」とか「新発売のあのカメラっていいの?」とか、ザックリ聞かれることがよくある。よ... 続きを読む

OnAvid_vol2_top_v3

[On Avid]Vol.02 Avid Everywhereと次世代制作ワークフロー〜Avidが描く制作環境の未来像

目指す次世代制作ワークフローとは? 「Avid Connect」会場より 2015 NAB SHOWの期間中、ラスベガス市内のシーザーズ・パレス・ホテルにおいて、昨年に引き続い... 続きを読む

WRITER PROFILE

小寺信良 業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 小寺信良 > [小寺信良のいまさら聞けないXAVC入門]4K世代の映像フォーマットXAVCを知る