PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 手塚一佳 > [オタク社長の世界映像紀行]Vol.47 CP+2015に見る、映像と写真の融和

News

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.47 CP+2015に見る、映像と写真の融和

2015-02-17 掲載

otakusekai_top02_cp

CP+2015開催。「谷間の年」に何が起こるのか?

CP+は、年に1度パシフィコ横浜で開催される写真の祭典だ。昨年の開催は大雪で開催が中断されるという非常事態に陥ったが、今年は無事開催されることが出来た。映像とスチル写真の融合が大きく進んだ昨今だが、果たして今年はどんな展示があったのだろうか?

OTAKU_vol47_01 今年もパシフィコ横浜で「CP+」が開催された。天候にも恵まれ、大変な人出であった

スチルカメラ系の展示会には「当たりの年」と「谷間の年」がある、といわれる。これは、カメラの世界最大の祭典であるPhotokinaが2年ごとの開催であるためで、Photokina開催直後には新製品が出尽くして、その後しばらくの間の展示会には新型カメラがほとんど出品されない状態となるのだ。2014年秋にPhotokinaが開催された直後の今回のCP+2015は、まさにその「谷間の年」に当たる。では、谷間の年の展示会は「外れ」なのかというと、実はそうでは無い。谷間の年は新型カメラがあまり見られないというだけであり、周辺機器や基礎技術が一気に伸びるので、プロには本当に役に立つ展示が多い年なのだ。

今回のCP+も谷間の年の例に漏れず、業務に直結するような非常に役立つ展示が多かった。読者諸賢もCP+のカメラ本体の記事には見飽きている頃だろうし、今回は周辺機器を中心に、オタク視点でお送りしたいと思う。

独特の地位を築いたプロ向け動画エリア

OTAKU_vol47_02 プロ向け動画エリアは定番化しつつある。ただ、スチルカメラへの動画機能搭載が当たり前になった近年は隔離されている感が強まっているので、もう少しスチル写真との融和の工夫が欲しいところ

まずは、PRONEWS読者諸賢が一番興味があるであろう「プロ向け動画エリア」からご紹介したい。このコーナーでのポイントは「プロ」というのが動画のプロだけではなく、スチルのプロを主な対象としている点だ。その為、他の展示会では見られない様な製品も多く、小さなコーナーながら、毎年必見となっている。

OTAKU_vol47_03 BMPCC用Retroflexは、今回一番の拾い物だ。BMPCCで8mmスタイルでの撮影が出来る

プロ動画コーナーでのオタク社長的、一番の拾い物はライトアップブースに展示されていた、Blackmagic Pocket Cinema Camera(BMPCC)用RIG「Retroflex」だ。

これは、BMPCCを昔の8mm風に仕上げるRIGで、フルHD連番、マイクロフォーサーズマウントながらもスモールセンサーという同カメラの特性を考えると(つまり、4Kに比べて多少の手ぶれは容認出来るし、ピントもそこまでシビアでは無い)、同カメラの特性を最大限に伸ばす最適なRIGであると言える。このRIGは早速購入の手配をしているので、入手し次第どこかでご紹介したいと考えている。

OTAKU_vol47_04 自立可能なビデオ一脚mp-90Vは、4K簡易撮影の期待の星だ。大判素子RAW映像などは無理だろうが、小~中型素子の圧縮映像なら何とかなるかも知れない

続いて、同じくプロ動画コーナーで見つけて購入したものをご紹介したい。台湾の三脚メーカーエースビルブースの一脚「mp-90V」は、ビデオ雲台対応で自立出来るという優れもので、これは早速購入の手配をした。

筆者は今まで自作のスチール製の重たいビデオ用一脚を使っていたので、それがカーボン製になるだけで大変ありがたい。4K動画は手持ちでは不可能なので、手ぶれを殺すためにはどうしても三脚がいる。しかし、三脚が使えない場所も多いため、撮影者は色々と工夫をしている。安定強化型の一脚はそうした工夫の代表例だと言えるだろう。ただし、この一脚の自立パーツははめ込み式の試作品で、実用はこれからだという。これも早速試してみたい。

OTAKU_vol47_05 SKYWAVE Transmitterは、低価格ながら実用レベルの4K伝送装置であり、これで一気に4Kの普及が考えられる逸品

周辺機器の充実といえば、欠かせないのが伝送装置だ。ランサーリンクブースでは、同社の得意な無線では無く、有線の「SKYWAVE Transmitter」で4K伝送を成功させていた。何と、その距離、300m!スポーツ中継すら可能な伝送距離だ。無線装置と違って格安なのも特徴だそうで、実売が大変に楽しみである。

OTAKU_vol47_06 LibecブースではALLEX Sの参考出品である400mmバージョンが大変な注目を集めていた

「プロ動画コーナー」最後の目玉は、Libecブースの参考出品スライダー「ALLEX S」の400mmバージョンと1200mmバージョンだ。従来の映画的な制作手法を意識した800mmバージョンと異なり、400mmバージョンは狭いエリアでの短時間スライドを想定していて、例えばブライダル撮影などでの用途が考えられるという。反対に、1200mmバージョンは完全に映画向けで、2台のALLEX三脚を使って一般スライダーのようにきちんと安定させてからの使用を想定しているという。

特に400mmバージョンは、日本のテレビ系撮影における平均3.5秒というカット時間を考えると必要十分な長さであり、ブライダルビデオカメラマンのみならず、スチルカメラマンの注目も集めており、こちらも実売が大変に楽しみであると言える。

オリンパスブースはユーザー協力開発の新境地に

OTAKU_vol47_07 オリンパスブースはユーザーで大いに盛り上がっていた

今回は周辺機器を中心に、と書いたが、厳密には一つだけその範囲を超えている機材がある。それがオリンパスブースの新型カメラ「OLYMPUS AIR」だ。とはいえ、わざわざこのカメラを紹介するのには訳がある。実はこのカメラ、センサーとマイクロフォーサーズマウントだけのカメラであり、その操作はiPhoneなどのスマートフォンアプリで行うというもの。ただ、そこまでは既存のカメラでも存在している。動画機能もフルHD30pまでであり、機能単体では物珍しいものでは無い。

OTAKU_vol47_08 OLYMPUS AIRは開発環境をハードウェア面までオープンにしたとんでもないカメラだ。ブース天井のレールを這っている監視カメラ風のカメラも、実はユーザーが開発したもの

OLYMPUS AIRがとんでもないのはその先で、実はこのカメラ、アプリデータや開発SDK、ボディの3Dデータまでもが公表されていて、ユーザー側でその対応ソフトのみならず、3Dプリンタなどを使ってボディに付け加えるハードウェアまで自由に行うことが出来るという仕様になっているのだ。

OTAKU_vol47_09 OLYMPUS AIRの単体では、最近流行りのレンズ装着式のマウントカメラに見えるが、その本質は開発環境をオープンにしたことにある

同社では、これを「OPC Hack & Make Project」と呼び、ネット上で早速ユーザー向けにデータを公表し始めている。早速様々なパイロットユーザーがその応用方法を公表しており、さらにはサードパーティ系等他メーカータイアップの新機材の噂も聞く。SDKや3Dデータまで公表したことで従来のサードパーティの枠組みを遥かに超えた展開が予想され、今後の展開が大いに楽しみなカメラだと言える。

KOWAブースはついにPROMINARの3焦点が出揃う

OTAKU_vol47_10 KOWAのPROMINARレンズはついに3焦点が揃った!レンズ同士の色の差も無く、セットレンズとして活躍しそうだ

昨年のCine Gearで衝撃的な復活発表を行ってから注目を集めている「KOWA」の「PROMINARレンズ」だが、このCP+でついに、12mmと25mmの2つの焦点距離のレンズが市販バージョンで展示されていた。これで、既存の8.5mmを合わせれば3焦点が整ったことになり、マイクロフォーサーズマウントで換算すればそれぞれ、17mm、24mm、50mmと、映像撮影に必要な基本3焦点が揃ったことになる。

まだスチル写真用のボディのみの発売ではあるが、同レンズ独特の絞り構造でクリックを外した絞り操作が可能になるため、映像業務にも大いに役立つだろう。何より、今旬のマイクロフォーサーズマウントだというのがいい。それぞれ緑、銀、黒の3色が揃っているため、カメラや撮影環境に合わせてカラーを選べるのも優れたところだ。

気になる撮影画質は「PROMINARレンズ」の名に恥じない暖色を意識した色鮮やかなもので、ビデオ系の撮影のみならず、小規模映画撮影にも十分に耐えられるクオリティを出している。昨今流行りのRAWやLogなどの広域ダイナミックレンジ保存系の技術との相性も良いため、大威に活躍が期待出来るレンズだろう。

Panasonicブースはプロ志向に

OTAKU_vol47_11 Panasonicブースは、GH4の新機能「4K PHOTO」に力を入れていた。これぞ、映像とスチルの融合の姿だ

Panasonicブースは、同社製4Kカメラ「DMC(AG)-GH4」の新ファームにある動画切り出し撮影機能「4K PHOTO」の展示に力を入れていた。この機能を使うことで、UHD30pの映像の中から常にExif情報を伴ったフォトクオリティの切り出しを出来るようになり、シャッターチャンスのシビアな、例えばファッション関係の撮影や、自然環境の撮影にも活躍が期待出来る、という。

OTAKU_vol47_12 ついにPanasonicにも点検サービスコーナーが!各種イベントやプロスポーツ大会で定番化して欲しい!

それとは別にPanasonicブースが注目を集めていたのは、「LUMIX無料点検クリーニングサービスコーナー」の設置だ。Panasonicスチルカメラの弱点として、他のプロ向けカメラメーカーとは異なり、プロ向けサービスがあまり充実していないことが挙げられていた。カメラは汚れ、壊れるものであり、イベント現場などでのこうしたオンサイトサービスの有無は非常に大きな差となっていたのだ。同コーナーの設置は、先行他社のプロサービスを彷彿させるものであり、もし、仮にこうしたサービスが定番化すれば同社製カメラでも十分にプロユースに耐える展開が予想出来る。今後に期待してエールを贈りたいコーナーであった。

TOAST TECHNOLOGY社ではついにモーションスライダーシステムを展示!

OTAKU_vol47_13 すっかり映像屋にもおなじみになりつつあるTOAST TECHNOLOGYブース

赤道儀メーカーTOAST TECHNOLOGYブースでは、以前から赤道儀技術を生かしたタイムラプス装置「TOAST Proシリーズ」を展開してきた。中でも昨年のコンセプトモデル「TOAST Pro Delicious」はその画期的なセンサー数と自動化技術で映像への応用の可能性を示し、発売こそされなかったものの、大きな話題をさらった。毎年意外な視点から素晴らしいコンセプトモデルを出してくる同社。今年はどんな製品を出すのだろうと思ったら、すごい製品を出してきた。

OTAKU_vol47_14 「TP-7」モーションスライダーシステムは、もし市販化されればこれほど期待出来るものは無い

その名も「TP-7」モーションスライダーシステムだ。この「TP-7」は、ベルトとアーム付きのネジ、そして本体だけという非常にシンプルなもので、スライダーは付属していない。ブースではLibecのALLEX Sに設置されていたが、適合するねじ穴さえあいていれば(そしてもちろん精度とスライダー自身の適正な粘りさえあれば)多くのスライダーに設置することが可能だという。

展示品は赤道儀メーカーの同社製品らしく、タイムラプスを意識した非常にスローな設定だったが、まだコンセプトモデルということで、もし市販されるとすればある程度の速度の製品も考えられるのでは無いだろうか。

確かに赤道儀技術があれば、モーションスライダーは類似の技術で制作が可能だ。しかもその精度は既存のモーションスライダーメーカーがどんなに頑張っても届くところではないだろう。実製品の発売があるとすれば、これほど楽しみなシステムはない。

総括

以上、駆け足で周辺機器をご紹介してきたが、いかがだろうか?谷間の年といいつつも、本当に素晴らしい周辺機器が出そろいつつあるのがわかるのでは無いだろうか?こうしたカメラ以外の機能の進化こそが、スチルカメラ機材との境目を無くし、映像撮影の進化を一気に推し進めることになるだろう。もはや、映像屋にとってもCP+は欠かせないイベントなのだ。

さて、今回の記事の末尾で恐縮だが、私事ながら、昨年7月に起きた突然の息子の急性骨髄性白血病のため、この連載にも半年強のブランクがあいてしまった事を心よりお詫びしたい。おかげさまで息子も先日、治療を終えて無事に退院することが出来た。この間辛抱強く待って下さった編集部の方々、特に編集長、そして何よりも読者の方々には心より感謝をしたい。これからはこの感謝の気持ちを込め、息子の入院前よりももっともっと濃密なオタク度の濃い記事を出して行こうと思う。


WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。


[ Writer : 手塚一佳 ]
[ DATE : 2015-02-17 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

otakusekai_CP2016_top

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.49 スチルと動画の未来をCP+で見る

txt:手塚一佳 構成:編集部 例年に無い熱気の会場 CP+2016は今回は複数会場をまたいで行われた。移動も大変だが、充実感がある CP+は言わずと知れたスチル... 続きを読む

otakusekai_top02

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.48 PHOTONEXT 2015に見る、動画とスチルの一体化

今年も、6/2~6/3にかけて有明、東京ビッグサイトにおいてフォトグラファーズ&フォトビジネスフェアPHOTONEXT 2015が開催された。今回は、その会場から映像に関わる話をピ... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.46 CineGear EXPOは映画の作り手の楽園!

CineGear EXPO 2014(6/5~8ハリウッドで開催)は、その名の通り映画の機材に関するイベントだ。映画のイベントと言えばどうしても映画祭のような作品を鑑賞する観客側主... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.45 KOBA SHOW 2014オタク的視点レポート

KOBA 2014(Korea International Broadcasting, Audio & Lighting Equipment Show 2014)は、2014年5/... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.44 NABアウトロ:カメラデザインや設計思想に現れるお国柄を垣間見た!

華々しく2014 NAB Showの大型製品記事が誌面を飾っているが、筆者はそんな中、あちらこちらとNAB会場をうろつき回っていた。派手では無いところをうろついているからこそ見えて... 続きを読む

WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 手塚一佳 > [オタク社長の世界映像紀行]Vol.47 CP+2015に見る、映像と写真の融和