PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 山本久之 > [Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.06 QuickTimeは映像制作の要

News

[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.06 QuickTimeは映像制作の要

2010-12-21 掲載

QuickTimeは映像制作の要

QTX.jpg

11月に開催されたInterBEEの講演でも話題にしたのですが、現在の映像制作においてQuickTimeというものがとても大きな存在になっていると感じています。フリーランスのディレクターの大半はMacBookを持ち、Final Cut Proがこの層に大きく受入れられたことはみなさんも身近に感じているでしょう。Final Cut Proがとても高く評価されているのは間違いないのですが、その反響をよく分析するとFCPの陰にかくれたQuickTimeの存在が見えてきます。

Mac OS Xでも重要なQuickTime

まだMac OS Xが広く認知されていなかった頃、AppleはOS Xを紹介する時にどんなコンポーネントで新しいOSが構成されているかをアピールしていました。その中には必ずQuickTimeの存在がありました。ベースになっているBSDやCocoaなどと並んでQuickTimeも大きな役割を担っています。OSの中にしっかりと組み込まれたQuickTimeだからこそ、他の環境に比べて最もネイティブにメディアを扱えるのです。

yamaq55501.jpg

このようにMac OS Xの中での大きな存在感は、ユーザーとしてMacやソフトウエアを使う時には異なった形のレイヤー構造として私たちに関係します。ユーザーとコンピュータ、ソフトウエアの関係性を見ると図のようなイメージにあって、映像を作る時にはこんな関係でソフトウエアを使っているのではないでしょうか。ユーザーが日々眼にして触れているのはアプリケーションですが、その隠れた部分でQuickTimeのテクノロジーが活躍しています。

Final Cut Proは生まれた当初からQuickTimeをベースにしてきました。FCPで動画ファイルを編集するということは、言い換えればQTファイルを操作していることを意味して、必ずFCPとQuickTimeは連携しています。QTファイルの必要な部分にIN/OUTマーカーを付けたり、たくさんのファイルをプレイリストに並べたりすることを視覚的にアプリケーションにしたものがFinal Cut Proなのです。QuickTimeの拡張性の広さや、対応形式の豊富さなどの利点があったからこそ、FCPがこれだけ使いやすいアプリケーションになったのだと言えます。さらにFCPがMac OS Xとの親和性が高いのも、QuickTimeがOSの中核に位置するからです。FinderからドラッグアンドドロップでFCPのブラウザウインドウや、ダイレクトにタイムラインにクリップを編集できるのも、そんな仕組みが貢献しています。

yamaq55502.jpg

歴史があるから故の課題も

Wikipediaによると、QuickTimeが最初にリリースされたのは1991年12月2日で、当時のMacはシステムソフトウエアバージョン6で動いていました。今年でちょうど20年を迎えたQuickTimeは、Macintoshの大きな変革に埋もれることなく常に一緒に進化してきました。QuickTimeバージョン1では、320×240という今から考えれば小さ過ぎる解像度で、やっと30fpsを再生できたようです。これを実現するためには当時の高いパフォーマンスのMacintoshが必要だったに違いありません。まだ、動画をコンピュータの中で見たり、ましてや編集したりすることは夢のような現実離れした時代でした。まだカラー写真を加工するのがやっとだった時代です。

その後、CD-ROMに記録して配布するマルチメディアコンテンツが広まりました。その中で見られる動画コンテンツはQuickTime形式が多く使われました。その後MIDIやQuickTime VRを盛り込みWindows版への移植も経て、Mac OS Xの誕生と共にOSの中枢に不可欠な存在になっています。去年リリースされたMac OS Xバージョン10.6のSnow Leopardからは、QuickTime Xに移行し始めています。従来のQuickTime7とQuickTime Xとは全く独立したものでありながら、QTKitというAPIを利用することで同じライブラリを使うことができます。ただ、従来のプラグインはQuickTime Xでは使えないので、名前から見ると兄弟のようでも互換性はほとんどないと言っていいくらい独立した関係です。

Snow Leopardでは、標準の構成では従来のQuickTime7はインストールされず、QuickTime Xだけなのです。このため動画ファイルからの静止画への書き出しなど、これまで制作ワークフローで使っていた便利な機能が使えなくなっています。またQTXだけでは対応しているコーデックが少ないこともあり、当面はまだQT7とQTXの共存が続くことになるでしょう。そのため、別途QT7を追加インストールしているユーザーが大半だと思います。これはOSのインストールディスクの中にコンポーネントが含まれているので、だれでも簡単に導入することはできます。歴史があって環境の変化と共に生き続けてきたQuickTimeならではの課題であり負の部分でもあるので、ユーザーとしてはうまく共存していくしかありません。

ProResコーデックが最も重要

AppleがFinal Cut Studioにバンドルして提供しているProResコーデックは、当初のYCbCr系のProRes422HQとSQに加えて、FCPバージョン7からRGB系のProRes4444とクオリティを落としたLTとPROXYが加わりました。ProRes4444ではアルファチャンネルのサポートにより、コンポジット素材のポータビリティを高めています。これらのProResファミリーはすべて圧縮処理されています。しかし、非圧縮に比較してその高い品質のため目視では判別できないくらいのクオリティを維持しています。今でもProResは圧縮がかかっているので使用を避けて、非圧縮のコーデックを使っているケースを耳にします。コーデックの選択は最終的にはワークフローによって選択されるべきですが、今の時代では圧縮形式とはうまく共存していくのが賢い制作スタイルと言えます。

硬直した思考で頑なに非圧縮コーデックにこだわるあまりに、製作費の膨張につながっているケースをよく目にします。非圧縮コーデックは使えるストレージシステムを厳選するので、手軽なポータブルタイプHDDは使うことができません。また、ファイルサイズが肥大化するので、複製や移動にも時間がかかり、それがコストとなって跳ね返ってきます。このコピーに費やす時間とその対価として得られる品質の関係がどのくらい効果的なのかを考えることが、今後のプロデュース業務で重要になります。品質にこだわる姿勢は否定しませんが、その品質がコンテンツの総合的な品質にどのように関連性があるのかを見極めるのがプロデューサーの責任です。

ProResコーデックはコストと品質をバランスよく兼ね備えていて、今やQuickTimeを使うことは言い換えればProResコーデックを使うことと同じくらいの意味を持っています。非圧縮を使いたいのならDPX連番ファイルを使うこともできますが、現実的な圧縮コーデックで柔軟なワークフローを流れていくのなら、ProResに匹敵するコーデックはなかなか見つかりません。

FCPもひとつのコンポーネント

Mac OS Xの中のQuickTimeを制作環境の要と考えるのなら、アプリケーションはどれも同じ位置にいて優劣はつけられないのです。それはFCPであれど例外ではありません。Avid Media ComposerやAdobe Premiere、AfterEffectsもみんなアプリケーションはQuickTimeのもとでは同列なのです。この関係を理解していれば、もはやFCP VS Avidのようなある種の宗教論争はナンセンスです。ユーザーはいくつものアプリケーションの使いやすいところだけを利用して、使いにくい部分は他のツールで補うだけです。使いやすいかどうかのものさしは人それぞれですから、その価値観はだれにも決めることはできません。

現状ではProResコンポーネントはAppleのFinal Cut Studioにバンドルされていますので、まずはFCSパッケージを導入することは必須ではありますが、積極的に他社のアプリケーションも連携させて制作で利用していく手法が、この先のワークフローに大きく貢献してくれると私は確信しています。


WRITER PROFILE

山本久之 映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。


[ Writer : 山本久之 ]
[ DATE : 2010-12-21 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.18 2011を振り返る。Appleにとって大きな節目

今年はAppleにとって大きな節目の年 今年の前半からすでに最大の決定権を持っていると考えられるSteve Jobsは現場から姿を消し、そして10月には実質的にも現場から姿を消しま... 続きを読む

[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.17 この先もMacは業務で使えるか?

増加するMac対応 11月はInterBEEもあり、今年は例年以上にカメラの新製品が各社から出てくるので、それを取り巻く周辺も含めて見逃したくない製品が映像分野では多くなっています... 続きを読む

[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.16 Steve Jobsが遺したもの

ついにその日が来てしまった AppleのiPhone4S発表イベントの翌日だったことも、訃報に衝撃を強めたのではないかと思います。Jobsは今年の前半から休養しており、さらにCEO... 続きを読む

[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.15 姿を消す光学ドライブから見えること

姿を消す光学ドライブ OS X Lionは、Snow LeopardやLeopardに比べて、外見上のユーザーインターフェースも目に見えて進化しましたが、その導入する際の手... 続きを読む

[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.14 有形から無形へ、その中心に人がいる

ワークフロー構築のむずかしさ twitter上で最近のワークフローについてディスカッションしている中で、一度みんなで顔を合わせて生身の話をしてみようということになりました。突然の... 続きを読む

WRITER PROFILE

山本久之 映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 山本久之 > [Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.06 QuickTimeは映像制作の要