PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 手塚一佳 > [オタク社長の世界映像紀行]Vol.37 短編・ショートフィルムの時代

News

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.37 短編・ショートフィルムの時代

2013-09-10 掲載

最近、短編映画がにわかに熱い。引退宣言で世間を騒がせている宮崎駿監督も、宣言内容をよくよく読むと、

宮崎氏:“風立ちぬ”は前作から5年かかっています。次は6年か、7年か…それではスタジオがもちませんし、ぼくの70代は、というより持ち時間は使い果たされてしまいます。

と、まだまだやる気満々で、時間のかかりすぎる長編は卒業したいという意味で有り、決して今後一切映画を作らないということでは無い様子だ。アニメ方面の仕事が多い私などは宮崎監督らしいとほほえましく思ってしまうのだが、要するに、長編はもう引退するが、短編映画やその他の新しい試みなどはまだまだ作る、という事であるようだ。宮崎監督の話だけでは無く、国内の短編賞も充実して来ており、今、映画産業界隈では短編がここ数年にわかに盛り上がっている。今回はそのあたりを簡単に触れてみたい。

短編専用映画館も好調

OTAKU_vol37_01.jpg カメライベントCP+では、ここ2年ほどCanonによるショートフィルム上映会が定番化。技術切り替え時期に相応しいやり方だ。CP+でのCanonイベントが行われたブリリアショートショートシアター

短編映画は今のところ日本国内ではあまり評価されないが、海外では古くから非常に高く評価されてきたジャンルである。日本の若手監督も、海外の短編賞からキャリアをスタートした人も多い。そもそも、短編映画とは、日本ではともかく、映画先進各国においては、アイディアとセンスを端的に見せつける事の出来るジャンルとして評価が高く、また、視聴者側からも、長時間拘束されずに映画のエッセンスだけを味わえるということで非常に人気が高いジャンルであり、日本での短編の盛り上がりもそれを意識したものとなっている。

特に、2008年にブリリアがショートショートシアターをみなとみらいに作ってからは「短編でも有料公開出来る」という実績が出来、認知が一気に広がった。それまでは短編といえば、せいぜい、有名監督の作品やキャッチーな作品をオムニバスに繋いだものばかりで、単独の短編映画は長編を念頭に置いてのプロモーションや名刺代わりとして無料公開される程度のものであったから、ブリリアの成し遂げた認知の意義は大きい。ブリリアショートショートシアターは、カメライベントCP+において、ここ2年間連続でCanonによるCINEMA EOS撮影のショートフィルム上映が定番化しているので、読者諸賢におかれても、この映画館をまったくご存じないという方は少ないことであろう。

しかし、ここ数年のショートムービーの盛り上がりは、それだけでは説明が付かないものだ。冒頭に書いた通り、宮崎駿監督のような超大物までが短編に興味を持ち、各短編賞も賞の体裁を整え直してより豪華なものへと生まれ変わりつつある。この一因として挙げられるのが、スマートフォンやタブレット端末など、携帯液晶端末による視聴の普及だ。携帯液晶端末は非常に便利なもので、しかも高精細とあり、映像の視聴環境として一気に普及した感が有る。しかし、それらの欠点として、元々が携帯電話や電子メモ帳だけあって、スタンドなどの安定視聴環境装備の無い機種が多く、そのためずっと手で持ったままでの視聴環境である事が多い。また、そもそも、持ち歩く端末であるだけに、視聴状況自体、長時間の視聴時間が取れない状況での利用が多く、いずれにしても長編映画など、長時間の視聴には全く向かないものなのだ。私もApple Storeで何本かモバイル向けの映画を買ったが、結局実際に見るのに困り、そのまま見ること無く済ませていることが多い。そうした視聴者側の環境の変化を考えると、短編映画というのは、まさに携帯液晶端末向きの映像作品であると言えるのだ。

映像技術切り替え時期の短編ブーム

OTAKU_vol37_02.jpg SIGGRAPHでは毎年、ショートフィルムを集めた「コンピュータアニメーションフェスティバル」やその更に佳作集である「Electric Theater」が開催されている

更にもうひとつ、短編制作が流行る理由として、今度は、制作者側の都合というものもある。それは、今は、4K、8Kなどの高解像度映像、あるいはLogやRAWなどのHDR映像など、映像技術の大規模な切り替え時期である、ということだ。映像技術の切り替え時期においては、一気に大規模な投資がしにくい面も有り、また、技術の蓄積が足りず、なによりもそうした新技術を学んだスタッフを大勢集められないところから、どうしても長編制作に挑戦するのは難しい側面がある。しかしその点、短編であれば、機材投資も技術準備も最低限で済み、最悪、技術的に失敗したとしても、1フレーム単位で手作業での修正をしてもさほどの負担増では無いため、新技術を進んで導入しやすい側面があるのだ。実際、前述したCP+におけるCanonのショートフィルム上映は、まさにCINEMA EOSという新技術の実験場として短編というフィールドを選択したものだと言えるだろう。

こうした実験場としての短編制作のやり方には歴史がある。そもそもフィルム時代の自主制作映画などはほとんどが短編であったし、例えば、筆者の慣れ親しんだCGなどでは、むしろ、個人や少人数で作る事によって芸術性を高められる短編こそがメインであって、多人数制作にならざるを得ない長編はあくまでも他の技術と組み合わせるための余技、という雰囲気すらある。監督のアート性を全面に出すという面から見れば、こうした少数精鋭で作る短編こそが映画の本来のやり方の一つであるという考え方も、あながち間違ったものでも無いということも出来るだろう。

そもそも、初期商業CG映画の立役者である「トイストーリー」シリーズも、元々は「Tin Toy」という名前のショートフィルムとしてSIGGRAPH向けに作られた映像が元になっている。キャラクターもストーリーも全く異なるものだが「オモチャが意志を持つ」というエッセンスは短編時代に完成されたものだし、何よりRendermanレンダラーやIK技術などの主要技術は、全て「Tin Toy」時代に完成しているものだ。こうした実験的な作品こそが、短編の最大の魅力と言えるだろう。

OTAKU_vol37_03.jpg SIGGRAPH ASIAでもショートフィルムは健在だ

また、SIGGRAPH ASIAでは、更にショートフィルムの普及度が高い。SIGGRAPH ASIAは学生主体で、しかも貧しい地域の多いアジアの学会ということもあり、商用のフルサイズの映画に参加することが出来ない参加者が独自のショートフィルムを作ってくるケースが多いのだ。SIGGRAPH ASIAでは、単にアニメーションフェスティバルとして出品するだけでは無く、各発表論文などでもショートムービーを付けることもある。映画技術論文発表のプレゼン手段として実用性が一目でわかるショートムービーを出すわけで、これほど効果的なものは無いだろう。

2020年夏期オリンピックも東京に決定し、いよいよ4K、8Kが本格化する。あまりの高解像度に様子を見ていた機材メーカーや各種映像企業も、東京オリンピックとなれば話は別で、一気に4K、8Kに参入してくることが予想される。とは言っても、2020年まで、何とわずか7年しか無い。もちろんオリンピックで直に業務に当たるのは我々映像作品の制作サイドでは無く、テレビ局などのいわゆるENGサイドの人々であろうが、そうは言っても、テレビ受像器や放送・配信・放映環境が8K化すれば、我々も8K技術を使わないわけにはいかない。

しかし、冒頭に書いた宮崎監督の言葉では無いが、長編をまだ市販カメラすら存在していない未知の技術である8Kでゼロから作り上げ、技術を習得するにはあまりに時間が足りない。となれば、技術研鑽も兼ねて、ショートフィルムという選択肢は大いに検討すべきだ。いずれにしても、今、再びショートフィルムが熱い時代がやってきた、と言えるだろう。


WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。


[ Writer : 手塚一佳 ]
[ DATE : 2013-09-10 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.50 オタク的視点から見るCP+2017

txt:手塚一佳 構成:編集部 今年も熱気がすごかった会場より CP+はスチル写真のイベントだが、スチルと動画が一体化した今、動画人にとっても重要なイベントとなっている... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.49 スチルと動画の未来をCP+で見る

txt:手塚一佳 構成:編集部 例年に無い熱気の会場 CP+2016は今回は複数会場をまたいで行われた。移動も大変だが、充実感がある CP+は言わずと知れたスチル... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.48 PHOTONEXT 2015に見る、動画とスチルの一体化

今年も、6/2~6/3にかけて有明、東京ビッグサイトにおいてフォトグラファーズ&フォトビジネスフェアPHOTONEXT 2015が開催された。今回は、その会場から映像に関わる話をピ... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.47 CP+2015に見る、映像と写真の融和

CP+2015開催。「谷間の年」に何が起こるのか? CP+は、年に1度パシフィコ横浜で開催される写真の祭典だ。昨年の開催は大雪で開催が中断されるという非常事態に陥ったが、今年は無... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.46 CineGear EXPOは映画の作り手の楽園!

CineGear EXPO 2014(6/5~8ハリウッドで開催)は、その名の通り映画の機材に関するイベントだ。映画のイベントと言えばどうしても映画祭のような作品を鑑賞する観客側主... 続きを読む

WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 手塚一佳 > [オタク社長の世界映像紀行]Vol.37 短編・ショートフィルムの時代