PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 手塚一佳 > [オタク社長の世界映像紀行]Vol.40 イベントシーズンに見る、高精細度映像の広がり

News

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.40 イベントシーズンに見る、高精細度映像の広がり

2013-12-27 掲載

1 2

いよいよ年末年始。この原稿を書いているのも年の瀬である。年末年始といえば、映像業界的にはイベントシーズンまっただ中。11月のInterBEEから始まり、4月の米国NABまではさまざまな映像関連イベントが目白押しなのだ。今回は、その中から、2014年の映像業界を占う事の出来たイベントをいくつかご紹介したい。

「東京モーターショー2013」に見る、デジタルサイネージ映像の明日

OTAKU_vol40_01.jpg スズキのブースは、新型軽乗用車「ハスラー」と、ステージを半周する巨大モニターで大変な盛り上がりだった

東京モーターショー(TMS)は、いわずと知れた世界的な自動車展示会の一つだ。2011年の東京電力福島第一原発事故の影響による諸外国メーカーの参加回避などで最近は名古屋モーターショーに国内最大のモーターショーの座を奪われつつあるが、それでもなお、来場者数は国内最多で有り、最先端のショーの一つである事には変わりが無い。映像展示でも常に最先端を突っ走ってきたTMSであるが、今年も、その最先端展示は、学ぶべきものが多かった。今年の展示は、高精細パネルを駆使した大規模なものが多く、その迫力に参加者の度肝を抜いていた。

新型軽乗用車「ハスラー」で話題をさらったスズキのブースも、ステージを半周する巨大モニターを使った演出で、大観衆を相手にして、コンセプトモデルや近未来のスズキの方向性を熱く語っていた。こうした、横長の巨大モニターは自動車の走行シーンなどでは非常に強いリアリティが有り、多くのブースで採用していた。このスタイルの展示映像は、TMSを始めとするモーターショーでは欠かせないものになりつつあるようだ。これも、横4千ピクセルオーバーの映像表示が当たり前になったからこその変化と言えるだろう。

従来であれば、巨大な模型セットを組んで説明していた複雑な機構を、大きめなモニター1枚で説明する傾向も、最近のTMSの流行だ。少し前のSDサイズであったらピクセルが見えてしまって興ざめなところも、フルHD以上の最近のモニターであれば、展示パネル以上の説得力があるのは言うまでもない。

OTAKU_vol40_02.jpg 豊田自動織機ブースでは、EV車輌のベースとなるプラットフォームの展示をしていた。従来であれば分解展示などをするところ、大型モニター1枚で機能説明と実車予想を両立していたのは、高精細映像時代ならでは

豊田自動織機の展示していたEV専用プラットフォームも、従来であれば実物展示の他に、各パーツを分解して並べ、それぞれごとに説明板を付けて説明員が順番に展示説明していたような複雑なものだ。しかし、実車輌とほぼ同寸の巨大モニター1枚に各機能の説明映像を流し、その前に実車を置くことで、複雑な説明を、実車一台を示しながら実現していた。

EV専用プラットフォームは、この後メーカーで各車両の皮がかぶせられるまでは単なる機械に過ぎず、そのままでは観客の理解を得るのは難しい。それを、こうした高精細モニターの前に置くことで、それっぽい完成予想図と機能説明を両立させることが出来るのは、まさに高精細映像時代ならではと言えるだろう。

OTAKU_vol40_03.jpg 「GRAN TURISMO 6」のゲームコーナーは、展示されている最新車輌のバーチャル体験が出来るということで、大人気であった

定番のゲームコーナーも今回は賑やかであった。新作ゲーム「GRAN TURISMO 6」のコーナーでは、実車コックピットを模したコントローラを多数並べ、CGゲームとは思えないリアル感溢れるカーレースを展開していた。このゲームに出てくる車輌は、そのどれもがメーカータイアップによるリアリティの高いもので、各メーカーも最新車輌のデータを提供している。そのため、最新の実車輌をブースで見て、その体験をこのコーナーのゲームで出来るという相乗効果を産んでおり、ゲームファンのみならず、実車輌に興味がある多くの来場者で賑わっていた。これもまた、今の時代のデジタルサイネージの形であろう。ただし、こうした映像展示の盛り上がりの反面、4Kや8Kといった、映像の世界で話題の定型化された映像展示は、TMSではあまり流行りでは無かった。

このイベントを見る限りでも、4Kなどの共通規格ですべての元映像を作って、大きい共通モニター1枚であらゆるデジタルサイネージを、という作り手側の希望は、やはりちょっと無理があるように思える。むしろ、高精細モニターと切り出し可能な4K撮影の普及で柔軟性のある表現方法が増え、それぞれの環境ごとの専用コンテンツをそれぞれの展示場所のモニター形状に合わせて作るスタイルが、近未来のデジタルサイネージでは普通になるのかも知れない。広告では、意外性こそがその肝であるだけに、やはり、この分野においては、定型化された未来はやってこないように思える。

「After InterBEE @月島スタジオ」で見る、新しい映像制作の潮流

OTAKU_vol40_04.jpg 月島スタジオでは「After InterBEE @月島スタジオ」と題して、4Kワークフローのセミナーが開かれた

それともう一つ、2014年の映像業界を占うことの出来るイベントが、月島スタジオで開かれた「After InterBEE @月島スタジオ」だ。この「After InterBEE@月島スタジオ」においては、4Kのワークフローを、実際に4K解像度でCF制作を行った代官山スタジオ映像制作チームとデジタルエッグ社の経験をもとにして解説しており、実際の運用を、実機材を前にしながら理解することが出来る貴重な体験の場であった。

同イベントで行われたセミナーでは、藤本ツトム氏による代官山スタジオ映像製作チームによる4K制作の実際の他、デジタルエッグの堀内睦也氏を迎え、スタジオ現場収録レベルの話から堀内氏の関わるオンラインフィニッシングの話まで、トータルな流れを把握することが出来た。同セミナー最大の特徴は、4Kを見せつけるような高価な機材を用いるのでは無く、REDシネマカメラ撮影で、Adobe Creative Cloudでの編集エフェクトという、誰もが触ったことのあるリーズナブルなスタイルでの4K映像制作を取り扱ったことだ。

OTAKU_vol40_05.jpg メインのセミナーは、デジタルエッグ堀内睦也氏を迎え、4K制作のフィニッシングまで大枠を解説していた

堀内氏曰く「もう、4KやRAWによる制作は、数年前までのフェラーリの時代は終わりを告げ、これからは(REDやAdobe CCのような)カローラや軽自動車が実際に働く時代になった」との例えであったが、これは今までは基本的に見るだけで、たまに広告宣伝的に触る機材であったものが、実際の日常使いの道具に降りてきたということであり、現状を見事に指し示す、非常にわかりやすいものだ。

この手の無料セミナーは、一般的にはどうしても機材提供メーカーの意向が入るため、現実的には有り得ないような高額な機材やソフトの応酬となることが多いのだが、この「After InterBEE @月島スタジオ」がこうした現実路線なのは、やはり、実際にスタジオを運営している代官山・月島スタジオの開催ならではと言えるだろう。

同スタジオとしても、実業務にスタジオを使って貰って初めて利益が上がるわけであり、現実的でないワークフロー紹介や、現実予算とはほど遠い高額なオプション機材の紹介はむしろ逆効果になってしまって意味が無いものなのだ。この点、スタジオ側が開催するイベントは、我々制作・製作サイドと利害が一致していると言えるだろう。いずれにしても、こうした現実的なセミナーが開催されたのは、大変嬉しいことだ。

映像制作会社を経営する筆者的には、こうしたイベントにつきものの無駄に高いレンズや予算的に有り得ない高額システムを見ずに済むのは、大変気が楽だった。最近のこの手のイベントでは、昨今流行の安価なカメラシステム本体なのに、なぜか数百万~数千万円のレンズや周辺機器を付けている場面を目にすることも多く、いくらイベントとは言えこんなアンバランスなものを部下にも読者の皆様にもご紹介できないよなあ、と、頭を抱えていたのだ。

さて、実際のところ、Adobe CCのような安価なソフトと、それが動くWindows環境での4K映像制作が可能かというと、それは十分に可能だ。筆者の率いる会社でもPremiere CCによる編集やAfter Effectsによるエフェクト作業は実際に行われているし、本イベントにおいても、Core i7ベースの一般的なWindowsマシンや、MacBook Pro Retina 15inchによって制作可能な4K映像環境が実際に展示されていた。もちろん、こうしたことが出来るのは最新鋭のパソコンで、なおかつメモリは最大限、グラフィックボードも出来るだけ早いものを搭載し、また、何よりもRAID環境やSSDなどの高速なストレージも必須ではある。しかし、そうした最新パソコンこそ必要であるものの、Xeon CPU搭載の特別な「マシン」ではなく、ごく普通のPC系CPU搭載コンピュータでも4K映像は実用レベルで動くようになってきているのは特筆に値するだろう。

1 2

WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。


[ Writer : 手塚一佳 ]
[ DATE : 2013-12-27 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.50 オタク的視点から見るCP+2017

txt:手塚一佳 構成:編集部 今年も熱気がすごかった会場より CP+はスチル写真のイベントだが、スチルと動画が一体化した今、動画人にとっても重要なイベントとなっている... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.49 スチルと動画の未来をCP+で見る

txt:手塚一佳 構成:編集部 例年に無い熱気の会場 CP+2016は今回は複数会場をまたいで行われた。移動も大変だが、充実感がある CP+は言わずと知れたスチル... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.48 PHOTONEXT 2015に見る、動画とスチルの一体化

今年も、6/2~6/3にかけて有明、東京ビッグサイトにおいてフォトグラファーズ&フォトビジネスフェアPHOTONEXT 2015が開催された。今回は、その会場から映像に関わる話をピ... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.47 CP+2015に見る、映像と写真の融和

CP+2015開催。「谷間の年」に何が起こるのか? CP+は、年に1度パシフィコ横浜で開催される写真の祭典だ。昨年の開催は大雪で開催が中断されるという非常事態に陥ったが、今年は無... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.46 CineGear EXPOは映画の作り手の楽園!

CineGear EXPO 2014(6/5~8ハリウッドで開催)は、その名の通り映画の機材に関するイベントだ。映画のイベントと言えばどうしても映画祭のような作品を鑑賞する観客側主... 続きを読む

WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 手塚一佳 > [オタク社長の世界映像紀行]Vol.40 イベントシーズンに見る、高精細度映像の広がり