PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 林永子 > [スナック永子の勝手にMonthly Video Awards!]Vol.22 カンヌ国際広告祭で映像の今を知る!

News

[スナック永子の勝手にMonthly Video Awards!]Vol.22 カンヌ国際広告祭で映像の今を知る!

2011-07-05 掲載

カンヌ国際広告祭を一気見!

毎年この時期になると、カンヌ国際広告祭にて日本の作品が受賞したというニュースを耳にします、家で。日頃より素晴らしい映像作品を心を込めて制作している制作者たちへの国際的な評価に喜びの涙を流す一方、いいよなあ、カンヌ、行きたいなあ、カンヌ、連れて行ってくれたら良い記事書くのになあ、銀行残高300円だから自費で行けないしなあ、いいよなあ、と、現地に行っている記者陣への嫉妬と羨望で心が凶暴になって、鬼の形相で受賞のニュースをいち早く報道するネットを睨みつけておりました。

さて、数年前からこの広告祭は「Cannes Lions International Festival Of Creativity」という名称が掲げられ、先駆的なクリエイティブ表現と広告という機能ががっつり握手し、相乗効果を高め合う作品を評価の対象としています。部門は、フィルム、ラジオ、プレス、アウトドア、メディア、サイバー、ダイレクト、プロモ、チタニウム&インテグレーテッド、デザイン、PR、フィルム・クラフト。詳細はこちら。このコラムでは、見事受賞を果たした日本の映像作品をいくつかご紹介します。

docomo TOUCH WOOD 「森の木琴」

■フィルム・クラフト部門 ゴールド/サイバー部門 ゴールド

ゴールドダブル受賞おめでとう! 日本の細密な職人芸と自然の美しさは繊細かつ雄大。日本特有のダイナミズムを感じる力作。

JR九州新幹線CM

■アウトドア部門 ゴールド/メディア部門 シルバー

九州の新幹線の広告が、大震災の影響下にある日本国民に元気を与え、世界中の人々をも笑顔にしました。ダブル受賞おめでとう!

TABIO SLIDE SHOW

■サイバー部門 ブロンズ

靴下屋さんのWEBCM。映像作品としても楽しめますが、サイトではユーザー自らがスライドできるカタログとしても機能します。

SOUR「MIRROR」MV

■サイバー部門 ブロンズ/デザイン部門 ゴールド

こちらも参加型MV。公式サイトにアクセスして体験してみましょう。こちらの映像はnon connected version。

いずれも、いわずとしれた昨年~本年度前半を代表する映像作品であり、このコラムでも何度も取り上げていますので、詳細説明は省きますが、総論として、人や物のぬくもりやコミュニケーションとしての機能といった「感触」が現代の映像には欠かせないと、改めて考えさせられました。一方的な虚構から双方向的なつながりを構築することが、発信者とユーザーを有機的にコネクトする広告の役割であるという至極当然の解釈に帰結した感がありますね。

サイバー部門でゴールドを獲得したUNIQLOのWEBキャンペーン「LUCKY LINE」など、ネットワーク媒体の特性とユーザーの参加意欲を上手く利用した広告も豊作。サイバー部門でグランプリを獲得した「Play with a tweet」(お代はつぶやきで)を筆頭に、SNSがらみの作品が猛威を振るっております。

「Pay with a tweet」

■サイバー部門 グランプリ

Pay with a Tweet – An overview from Leif on Vimeo.

同じくサイバー部門のグランプリを獲得した「The Wilderness Downtown」も大きな話題となりましたね。

Google 「The Wilderness Downtown」

■サイバー部門 グランプリ

ストリートビューとGoogle ChromeによるインタラクティブMV。こちらも参加型ですので、是非、遊んでみて下さい。他にも、iPhoneアプリを活用した作品が世界中から多数エントリされました。映像は「見る」から「体感する」というフェイズに突入し、さて、今後はどんな新展開を見せるのか。ますます目が離せません。

ああ、来年こそは現地からレポートしたい!誰か!ナガコをカンヌに連れてって!


WRITER PROFILE

林永子 2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」


[ Writer : 林永子 ]
[ DATE : 2011-07-05 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[スナック永子の勝手にMonthly Video Awards!]Vol.27 永子が愛した音楽映像たち…Best5

ちょっとだけ寂しいお知らせ! PRONEWSにおける我が異色コラムもついに最終回!ご愛読頂いたみなさま、誠に誠に誠にありがとうございました!私は本年で映像に特化したライター活動10... 続きを読む

[スナック永子の勝手にMonthly Video Awards!]Vol.26 2011年の映像シーンはInteractive and Primitive

あっという間に12月! もういくつ寝るとお正月! 1年を締めくくる時節に乗じて2011年を振り返ってみれば最低最凶! 12月もとっとと終われ! 厄災への愚痴はさておき、今年の映像シ... 続きを読む

[スナック永子の勝手にMonthly Video Awards!]Vol.25 日本最高峰のクリエティブオフィス、キャビアの新しい仲間たち

日本の広告映像界を牽引する映像作家集団とは? 高級食材キャビアの最高峰ブランドといえば、ロシア産ベルーガ。パンに「ええっ!」っと驚く量のベルーガを乗せてコップにがっつり注いだウォト... 続きを読む

[スナック永子の勝手にMonthly Video Awards!]Vol.24 祝・スナック永子6周年で垣間みる映像の未来

スナック永子がついに6周年を迎えました!感謝感激!今回はAR三兄弟の全面協力のもと、「こんな人と仕事がしたい」「こんなクリエイターを探している」「結婚したい」「恋がしたい」「融資し... 続きを読む

[スナック永子の勝手にMonthly Video Awards!]Vol.23 重鎮リプチンスキーへのオマージュを味わえ!

夏休み真っただ中、相も変わらず家でだらだらビール飲みながら読書、筋トレ、映像鑑賞に励む独身界の最優秀残念賞こと、ママ永子だよ!おっはよー!という訳で、今月もお気に入り映像をまとめて... 続きを読む

WRITER PROFILE

林永子 2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 林永子 > [スナック永子の勝手にMonthly Video Awards!]Vol.22 カンヌ国際広告祭で映像の今を知る!