PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [On Avid]Vol.01 Avid Media Composer〜オフラインからオンライン編集まで幅広く対応する魅力とは?

News

[On Avid]Vol.01 Avid Media Composer〜オフラインからオンライン編集まで幅広く対応する魅力とは?

2014-05-08 掲載

アビッドは、NAB2014でMedia Composerにサブスクリプションライセンスやフローティングライセンスを提供することを発表した。注目はサブスクリプションライセンスだ。バージョン7で大幅な値下げが行われたのに続いて、月単位の契約の選択などによってさらに導入の敷居は低くなると予想される。そこでこれからますます注目の集まりそうなMedia Composerについて、今一度その魅力を紹介をしよう。

オフラインからオンライン編集まで現場に幅広く対応

まずはラインナップから見てみよう。現在、アビッドの編集/フィニッシング系ソフトのブランドはMedia Composerのみで、I/Oボックスとの組み合わせなど3種類のモデルがリリースされている。最小構成はソフトウェアのみのバージョン。特にソフトウェア版は、Final Cut Proからの乗り換えを検討している人たちから高い注目を浴びている。Media ComposerにはMac版があり、操作性はFinal Cut Proと類似点が多数あること、AMA機能を使えばFCPのメディアであるProResも使用可能である点などが、Final Cut Proユーザーの関心を引いているところだ。SDI接続やモニタリング、テープへの書き出し環境が必要な場合には、AvidのI/Oボックスを導入することによって対応が可能だ。

Avid純正のI/Oボックスには2種類あるが、上位モデルの「Nitris DX」は、DNxHDやAVC-Intraのエンコーダー/デコーダーチップの搭載やRGB4:4:4のデュアルリンクにも対応しており、リアルタイムレスポンスやオンラインレベルの画質を実現しているのが特徴だ。Nitris DXほどの多機能でなくていいといった場合には、「Mojo DX」と呼ばれる小型のブレークアウトボックスを搭載したモデルもリリースされている。デジタルのキャプチャやモニタリング、出力が可能で、ノートパソコンで運用したいといった用途にも最適なモデルだ。アビッドというと純正のI/Oしか対応していないと思われる人もいるかもしれないが、Media ComposerはAJAやBlackmagic DesignやMatroxといったサードパーティー製のI/Oにも対応している。すでにこれらのI/Oを導入しているというユーザーや、できるだけ少ない投資でビデオI/Oを実現したいという人にはポイントの部分だ。

140423_avid_01.jpg

共有ストレージで作業効率が上がる

140423_avid_02c.jpg※クリックすると拡大します
140423_avid_03c.jpg

アビッドは、ネットワークを使った共有ストレージの開発も自社で行っている。その共有ストレージは、優れた協調作業が特徴でMedia Composerを使ったワークフローにはなくてはならない存在となっている。番組制作の現場というのは1台のPCですべての作業が終わるということはなく、周りのいろいろなシステムの相互によって作られている。また、クライアントの編集機が2台や3台とわずかな台数であっても各編集機が個別にプロジェクトやビンを作ってしまっては作業の混乱を招いてしまう。

協調作業は、やはり共有サーバを導入してメディアを共有するのが適切な方法だろう。アビッドはISISと呼ばれる共有ストレージをリリースしていて、Media Composerを使ったクライアントはビンやプロジェクトを共有でき、同じメディアに同時アクセス可能といった協調作業ワークフローを実現している。共有サーバは、少し前まで規模や導入コストの問題で敬遠されることが多かったが、今ではクライアントが3台以上になったら真剣に考慮していいソリューションになってきたともいえるだろう。

映像編集とMAの連携がスマートに行える

140423_avid_04_v2.jpg ※クリックすると拡大します

アビッドのソリューションの魅力といえば、ソリューション間でのスマートな連携を実現している点だろう。ポストプロダクションにはビデオ用のソリューションのほかにMA用のソリューションを導入しているところも多いと思うが、通常その間でデータのやり取りの際には送り先に対応したフォーマットに変えなければいけない。例えば、Media ComposerとPro Toolsとのやり取りは、AAFファイルで可能だが、Media ComposerでAAFを書き出す際にはいろいろ設定をしなければいけないし、Pro Toolsでは送ったファイルを選択してインポートしなければいけない。工程ごとにいちいち手作業で選択や設定を行わなければいけないのが現状だ。

140423_avid_05_v2.jpg ※クリックすると拡大します

アビッドの場合は、こうした煩雑なやり取りの部分を「Interplay | Production」と呼ばれる制作管理ソリューションで解決することが可能だ。例えば、Interplay | Productionが導入されている場合、Media Composerのオペレーターは送りたいシーケンスを右クリックして、「Interplayにチェックイン」という項目を選択するだけだ。データのコピーも必要ないし、プロジェクトファイルの変換作業も必要ない。チェックインが完了すれば、ファイル名に行き違いがないように専用のメッセンジャーを使用し、Pro Tools側に連絡をすることも可能だ。Pro Tools側では、受信したメッセンジャーに記載されているリンクを右クリックして「Pro Toolsにインポート」という項目を選ぶだけでPro Toolsのシーケンスに読み込みができる。

Pro Toolsで音が完成したら「選択したトラックをAvid Interplayのシーケンスへ」を選択するだけでMedia Composerに返すことができる。Interplay | Productionが更新されたら、Media Composerは該当シーケンスを右クリックして「Interplayから更新」の選択だけで最新の状態にアップデートが完了だ。Interplay | Productionを導入しているとほとんどのやり取りはメニューから機能を選ぶだけだ。インポートとエクスポートに面倒な設定やファイルの選択といった作業が発生しない。シンプルかつ間違いない2者間のやり取りを実現しているところはさすがアビッドといった感じだ。

トランスコードなしに直接アクセスや編集ができる

今の映像業界はファイルベースの時代といわれているものの、異常といえるほど増加したビデオフォーマットの種類やトランスコードといった面倒な作業に悩まされている人も多いと思う。Media Composerの場合はそういった問題に悩まされることはなく、ほとんどのビデオフォーマットをトランスコードなしに直接アクセスや編集が可能だ。例えば番組制作の現場ならば、一般視聴者がiPhoneで収録した映像を使う機会があるだろう。

H.264をMedia Composerで扱う方法は2つあり、1つはファイルメニューからインポートをする方法だ。この方法は、素材の数がとても多い場合はフォーマットの変換時間がかかってしまうという欠点がある。もう1つは、AMAと呼ばれるプラグインアーキテクチャを使用する方法だ。AMAはインポートするのではなく、映像とリンクをして再生や編集をするという機能だ。ビンの中で右クリック、または、メインメニュー→「ファイル」メニューから「AMAリンク」を選んで取り込みたい映像を選択すると、その映像がビンの中に現れる。インポート時に処理が必要ないので、タイムライン上に並べて即編集が可能だ。素材の数が多い場合にはどんどんAMAリンクをして素材の中身を確認して、後からほしいものだけのフォーマットを変換するという使い方もありだろう。

140423_avid_06.jpg ※クリックすると拡大します

XDCAMをMedia Composerで使う場合もH.264と大きく変わることはない。ソニーの「PDW-U2」というPCで再生可能なXDCAMドライブをUSBで編集機に接続して、プロフェッショナルディスクをドライブの中にセットすると、Media Composerはメディアのセットを認識して、自動的にビンを立ち上げてくれる。XDCAMにある「モデルタイプ」や「プロキシAVデータ」といったクリップに付属するメタデータもMedia Composerが自動的に取得してくれる。4KのXAVCであってもAMAで対応が可能で、オリジナルのメタデータを維持しているのも特徴だ。

AMAは、QuickTimeやAVCHDについては対応プラグインが標準でインストールされている。しかし、それ以外の各フォーマットは、各カメラベンダーからプラグインをダウンロードする必要がある。XDCAMやAVC-Intra、XAVCなど大半は無料でダウンロードが可能だ。将来、新しいフォーマットが登場しても、リリースされたプラグインをインストールすることで対応することができるだろう。

総括

Media Composerは、個々の機能よりもスムーズなワークフローを実現できるところが特徴だ。入り口の広さや出口の広さがありながら他のソフトより確実に受け渡しを実現しているといったところだ。例えばAAFへの対応を謳っている編集ソフトはたくさんあるものの、きちんと整合性が取れているというものは実は少ない。Media Composerは高いデータ互換性を実現していて、それがワークフローをきちんと成立させている要因にもなっている。エディターというのはどうしても編集ソフトの機能ばかりに目がいってしまいがちだ。ワークフローもエディターにとって大きなメリットであり、注目すべきポイントのはずだ。いろんなマシンがつながり「連携作業をしましょう」というときに、ワークフローがきちんとスムーズに進むということもプロの現場にとってはものすごく大事なことだではないだろうか。Final Cut Proからの乗り換えを検討している人は、そのあたりも考慮して選んでみてはいかがだろうか。


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2014-05-08 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

OnAvid_Vol04

[On Avid]Vol.04 制作環境に求められる安定した共有ストレージ〜「Avid NEXIS」

安定した制作環境の鍵となる“サーバー”に求めること 収録メディアがメモリーになり、編集時のストレージもようやく落ち着いてきた感がある。HDでもようやくSD時代と同様なストリー... 続きを読む

OnAvid_vol3_top

[On Avid]Vol.03 Avid Media Composer〜HDR対応、UIの改善などv8.5の魅力をおさらい

更なる進化を遂げたMedia Composer Avidのビデオ編集ソフトウェア「Media Composer」は、ファイルベース編集ワークフローの中核として位置づけられ、P... 続きを読む

Canonups_top_0

[Canon UPs!]Vol.02 EOS C300 Mark II:Canon Log 3を検証する

txt:石川幸宏 構成:編集部 使いやすさを継承しつつDレンジを拡げた、Canon Log 3 EFシネマレンズのプライムレンズ(単焦点)シリーズにも、今回のファー... 続きを読む

Canonups_top_0

[Canon UPs!]Vol.01 EOS C300 Mark II:開発チームが語る機能拡張ファームウェアの全貌

txt:石川幸宏 構成:編集部 EOS C300 Mark IIの機能拡張ファームウェアを発表 キヤノンのEOS C300 Mark IIは、初代CINEMA EOS SY... 続きを読む

20160630_EDIUS_Pro_8_top3_1

[はじめてのEDIUS Pro 8]Vol.02 ビギナー&マスターユーザー対談〜使用すれば見えてくるEDIUS Pro 8の良さ

今回対談に登場して頂くのは、ともにEDIUS Pro 8ユーザーである。前回の記事でEDIUS Pro 8初体験以降、映像編集の際には使用していると言うビギナーの江上さくら氏。ED... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [On Avid]Vol.01 Avid Media Composer〜オフラインからオンライン編集まで幅広く対応する魅力とは?