PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > raitank > [raitank fountain]Vol.06 シネマのネクスト・ウエーブ、"Higher Frame Rate" とは!?

News

[raitank fountain]Vol.06 シネマのネクスト・ウエーブ、”Higher Frame Rate” とは!?

2012-05-29 掲載

現在活躍中の映画監督の中で、もっとも商業的に成功しているのは誰?と問えば、きっとジェームズ・キャメロン監督とピーター・ジャクソン監督が2トップに名を連ねるのではないでしょうか。この世界に名だたる有名なお二人が、現在揃って熱を上げているのが、今まで100年に渡って “映画における神聖不可侵領域” だったはずの「24fps」を上回るコマ数で撮影/上映するHFR(ハイヤー・フレームレート)映像

本年末に公開予定の「ホビット」は、ピーター・ジャクソン監督を名匠たらしめた、お馴染み「ロード・オブ・ザ・リング」三部作の序章にあたる物語。そして、この映画は、なんと前代未聞の!2D@24fps、2D@48fps、3D@48fpsという3つの方式で公開されることが予定されているのだとか。

今回は、映画界の次なるビッグウエーブ!(かも?)と囁かれている、このHFRについて書いてみます。

そもそも映画はなぜ24fpsなのか?

01_24fps.jpg

僕らが日々目にしている劇映画は、幾つかの例外的なケースを除いて、ほぼ必ず1秒間に24コマ(24fps)で撮影/上映されています。でも、どうして映画フィルムは秒速24コマなのでしょうか?

もうかれこれ四半世紀以上も昔の話になりますが、留学先のアメリカの大学で映画技術を学んでいた際、授業中に教わった話で一番驚いたのが、この『映画が24fpsで撮影/上映されている理由(ワケ)』でした。実はこのコマ数の根拠は、映像自体とは全く関係がないことを皆さんはご存知でしょうか?

「映写式映画(キネマトグラフ・リュミエール)」を発明したフランスのリュミエール兄弟は、1秒間に明滅表示されるフィルムのコマ数を16コマに定めました。これは実験の結果、『品質:これ以上遅くすると画面の明滅がバレてしまう!』&『経済性:これ以上早くするとフィルムがもったいない!』のバランスから決まったコマ数でした。

▶ Wikipedia|トーキー

▶ Wikipedia|リュミエール兄弟

モノクロ&無音&秒速16コマの、いわゆる “無声映画” がパリで有料公開されたのが1895年。以降、弁士と楽隊付きで映画を楽しむ時代が約30年続いたあと、1923年に “光学式音声トラック” が発明されます。光学式音声トラックとは、映画フィルムの余白部分に焼き付けられた音声トラックに光を照射し、読み取った光量の変化を音声に変換して再生する技術です。

02_OpticalSoundtrack.jpg

さぁ!これでもう弁士と楽隊は不要の大革命! …の筈でしたが、一つ問題が生じました。

1秒間に16コマという低速なスピードでは音声品質を維持できず、特に高音域の音をまともに再生できなかったのです。これではいかんっ!と、またしても品質と経済性を両天秤にかけたギリギリの実験が行われ、そこで決まったフレームレートこそ、ほぼ100年後の現代に至るも未だキッチリと守られている1秒24コマという映画のコマ数なのでした。

そうなんです。24fpsの根拠は、映像として表現される動きの滑らかさであるとか、あるいは人間の視覚心理学であるとか、はたまた森羅万象を司る時間の数学的表現=12進数であるとか… とは、な〜んにも関係がなく、『トーキー初期の音声トラックが要求する最下限スピード』だったのでした。

ダグラス・トランブル卿の早すぎた企み

03_DougTrumbull.jpg

さて。そんな審美的観点からはほど遠い実用一辺倒な根拠によって定められた24fpsなら、別に錦の御旗の如く忠義立てする必要もなかんべ? …ということで、続いて “映画のコマ数を変えてみようとした男” として登場したのが、我らがダグラス・トランブル卿であります。

▶ IMDb|Douglas Trumbull

ひょっとしてダグラス・トランブルという名前に馴染みがない方でも、「2001年 宇宙の旅」「未知との遭遇」「スタートレック」「ブレードランナー」など、関わった映画がことごとく “SF映画の古典” になるという伝説を持つ、アカデミー賞・科学技術賞受賞の世紀の特撮監督、SFXスーパーバイザーといえば、「おぉっ…!」と、数ある名場面が脳裏に蘇るのではないでしょうか。

トランブル氏は、1981年にリドレー・スコット監督に乞われて、「ブレードランナー」の忘れられない未来都市風景を創造したのち、今ではすっかりカルト映画と化している1983年の監督作「ブレインストーム」において、70mmフィルム@60fpsで撮影/上映する『ショースキャン(Showscan)』という革命的な映像技術を提唱しました。

ショースキャンは、通常の映画フィルムとの面積比約4倍の70mmフィルムを用いることにより「空間解像度」を向上させ、また通常24fpsのコマ数x2.5倍速=60fpsで収録/上映することで「時間軸の動体解像度」をも高めるという、まさに究極の超解像映画です。

▶ Wikipedia|Showscan

ところが残念ながら、このショースキャンの試みは全く定着しませんでした。

冒頭に書いたリュミエール兄弟がフレームレートを16fpsに定めた理由、その後のトーキーでフレームレートが24fpsに変更された理由を思い起こして頂ければ自明ですが、映画産業は常に「品質」と「経済」のバランスを要求します。

04_brainstorm.jpg

「ブレインストーム」では、ストーリーの現実の描写を24fpsで、他人の記憶と刺激を共有するヘッドギア(=ブレインストーム)装着後のバーチャル世界の描写を60fpsで表現する計画でしたが、まずは大判70mmのフィルムを60fpsで回すことにより、フィルムの使用量(=製作コスト)が激増。また、撮影時はまだしも上映時にフレームレートの違うパートを切り替え上映することの困難さが嫌忌され、あるいはそもそも70mm/60fpsのフィルムを上映するためには専用プロジェクターの導入と設置が必須になるなど、ショースキャンでは「経済性」に関する視点が見事に欠落していたのです。

HFRの経済性を確保する鍵は、またしても『デジタル』

さて、ショースキャンが敗退し、ダグラス・トランブル卿がハリウッドを追われてから約30年後にあたる昨年、2011年の3月末。ラスベガスで開催された第75回シネマ・コンの会場で、ジェームズ・キャメロン監督が、突如、HFRについて語り出しました。

▶ The Hollywood Reporter|James Cameron Urges Industry to Use Faster Frame Rates

▶ WIRED|James Cameron Wants to Blow Your Mind With 60 Frames Per Second

曰く、映画… 特に3D映画においては旧来の24fpsでは全くフレームレートが足りていない。もともと「アバター」は48fpsで撮ろうと考えていたが、時期尚早かな?と思い直して24fpsで撮った。だが続編は、48もしくは60fpsで撮ることになるだろう。HFRに思いを馳せているのは、ボクだけじゃない。G・ルーカスやP・ジャクソンもボクと意見を共にする同志だ、と。

05_JamesCameron.jpg

“When you author and project a movie at 48 or 60, it becomes a different movie. The 3D shows you a window into reality; the higher frame rate takes the glass out of the window. In fact, it is just reality. It is really stunning.” 「48または60fpsで撮った映画は、まったく別世界だよ。3Dが現実を覗き込む窓だとしたら、HFRはその窓からガラスを取っ払った状態。いわば、現実そのもの。まったく凄い」

“Doug had the right idea. It was just premature brilliance.”「ダグラス・トランブルは正しいビジョンを持っていた。少々早すぎたけどね」

そして、キャメロン監督が “今”「アバター」で3Dを復権させたり、あるいはHFRを提唱し始めた背景には、30年前、トランブル卿が「ブレインストーム」を製作した当時は “度外視するしかなかった” 経済性の問題も、今や『デジタル』で乗り越えられる!という目算がありそうです。

“映写機” の代わりに “プロジェクター” を使うデジタル映写方式の3D映画では、左右の目に専用の映像を送り出します。ただし、ただ単純に左右の目用の映像を交互に表示すると、24fpsという時間解像度が半分(12fps)に落ちてしまいますので、これを補間しなくてはなりません。また、3D視聴用のパララックス・メガネをかけることで光量が落ちて暗くなりますから、こちらも補正する必要があります。

そこで、たとえばプロジェクター業界大手、Christie Digital社製の最新式デジタル・シネマ・プロジェクターでは、『トリプル・フラッシング(Triple Flashing)』という仕組みの採用により、1フレームを3回ずつ表示しているのだそうです。ということはつまり、24fpsx各コマを3回ずつ映写x2左右の目=実質144fpsで視聴している!ということになります(うへぇ〜!)。

06_TripleFlashing.jpg

このあたり、昨今流行りの「W倍速!」やら「4倍速!」やら、ハード補間による残像低減機能付きTVと相通ずるところがありますが、いずれにせよTV受像器は、すでにかつてのショースキャン@60fpsを軽〜く凌駕しています。そして、同じトリックが映画館で可能になるのも、今や上映方式がフィルム+映写機ではなく、データ+デジタル・プロジェクターに移行したればこそ!

▶ High-Def Digest|James Cameron to Shoot ‘Avatar’ Sequels at 48 fps. How Will We Watch Them?

実際、シネマ・コンで上記 Christie Digital社が、フレームレートの変更は簡単なファームウェア・アップデートで対応可能であると正式に表明しています。

▶ CHRISTIE|3D HFR / Higher frame rates in 3D digital cinema

撮影機材から編集環境、そして上映時の映写方式に至るまで、オールデジタルによる産業構造の変革はまだまだ止まりそうもありませんね。

シネモーション vs フルモーション

さて。Higher Frame Rate時代の到来を高らかに宣言したのはJ・キャメロン監督でしたが、実製作の部分では、P・ジャクソン監督のほうが先鞭を付けることになりました。冒頭に書いた通り、2D@24fps、2D@48fps、3D@48fpsの三通りで上映することが決まっている、全篇REDで撮影された「ホビット」は、今年12月初旬の公開予定に照準を合わせ、すでにポスプロの最終段階に差しかかっています。

07_48fps.jpg

というところで、映画創造から現在までのフレームレートの変遷を簡単に整理してみましょう。

  • 1895年…16fps(リュミエール兄弟)
  • 1923年…24fps(トーキーの要請)
  • 1983年…60fps(D・トランブル卿 >失敗!)
  • 2010年…48/60fps@3D(J・キャメロン監督 >提唱)
  • 2011年…48fps@3D(P・ジャクソン監督 >製作)←今ココ

海の向こうでは、24fpsを「シネモーション」、48fpsを「フルモーション」と呼んではどうか?という提案がなされるなど、じわじわとHFR作品に対する関心が高まっています。

▶ dvxuser|48FPS Footage & High Frame Rate Cinema Info

…が、実はつい先日の4月末、今年のシネマ・コンでジャクソン監督が「ホビット」の3D映像を10分ほどプレビュー公開したところ、あろうことか?批評家、ファン、一般オーディエンスのすべてから、盛大にダメ出しを喰らってしまいました。おおかたのNG理由は

「TVドラマ(soap opera)みたいだ!」

というもの。また、「超絶にリアル。ただ、リアル過ぎて作り物にしか見えない」という、HFRの根底を揺るがすようなコメントも…。いずれにせよ惨憺たるプレビューになってしまいました。

▶ Forbes|The Hobbit at 48fps: Too Much Information and the Science of Eye Movement

▶ The Hollywood Reporter|Peter Jackson Responds to ‘Hobbit’ Footage Critics, Explains 48-Frames Strategy

▶ BBC News|Peter Jackson unsurprised by critics of Hobbit footage

08_Hobbit.jpg

対するジャクソン監督の言い分としては…

今までと違う作り方をしているから、今までとは違う反応が返ってくるのは想定内。今回お見せした映像は、まだポスプロが完了したものではなかったので、よけい違和感を感じたかも知れない。でもいったん物語の世界に没入すれば、やがてリアルな、その場にいるかのような感覚に圧倒されるだろう。ボクも馴れるまでは少しヘンな感じがしたけど、今や逆に従来の24fps映像を見ると残像やフリッカーが気になって仕方がない。いずれにせよたった10分視聴した段階で判断しないで!と火消しに務めています。

あ、そうそう。今年のシネマ・コンでは、上記「ホビット」@48fpsがブーイングを浴びたという話題の陰で、長らくハリウッドから遠ざかっていたダグラス・トランブル卿が、あの「ブレインストーム」以来となる長篇3D映画でメガホンをとることが決まったというニュースも(地味に)流れてきています。

▶ 映画.com|「2001年宇宙の旅」SFXマン、3D映画監督へ

09_Trumbull.jpg

僕らが馴れ親しんだ「24fps」というコマ数は、実は視覚表現上の都合ではなく、音声品質を保てる最低限度のコマ数というだけのこと。そんな薄味な根拠に立脚した映画の24fpsフレームレート! …ではあるものの、それでも今まで100年ものあいだ連綿と「かくあるべし」と刷り込まれ続けてきた、いわば人類文化のクオリアです。この呪縛を解くのは容易ではないんだろうなぁ、と思います。

映画産業が求める経済性の壁をデジタルで打ち破り、「ショースキャン」の夢をあっさりと現実化してしまったP・ジャクソン監督、並びにJ・キャメロン監督。「ホビット」は48fpsで製作され、かたやの「アバター2」はあるいは60fpsか?というのが、目下ホットなHigher Frame Rateシネマのハイライトではありますが、さて、元祖HFR教の開祖であるD・トランブル卿は、一体、どんなフォーマットで次作をお撮りになるつもりなのでしょうか?


WRITER PROFILE

raitank アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。


[ Writer : raitank ]
[ DATE : 2012-05-29 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[raitank fountain]Vol.09 Netflix製作「House of Cards」に見る21世紀的TV視聴スタイル

前回、[raitank fountain]Vol.08では、僕らのお茶の間に「4K TVが要らない理由」について考察しました。今回はその続き... ではないんですが、またぞろ海の向... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.08 3D TVの終焉と4K TVの胸騒ぎ

CESで3Dテレビが公式にオワコンに 例年同様、年明け早々にラスベガスで開催された2013 International CES(世界最大の家電見本市)。会場の様子は、ココPRONE... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.07 モノクロームの潮流

ご縁があって、昨年の12月から今年1月の前半にかけてScarlet-Xと、Epic-M Monochrome、2台のREDをお借りする機会を得ました。今回のお借り出しのメインは、... 続きを読む

[raitank fountain extra]Shoot.06 片手で気軽に4K撮影 JVC GY-HMQ10:Vol.2

...というわけでVol.1では、オリジナリティとバイタリティに溢れたJVCの皆さんが、いかにして世にもレア!かつエコ!な4Kシステムを思いつき、カタチにされたかについて、じっくり... 続きを読む

[raitank fountain extra]Shoot.05 片手で気軽に4K撮影 JVC GY-HMQ10:Vol.1

今年は次から次へと魅惑的なカメラがデビューし続けています。ことに動画一眼からENGタイプまで、各社揃ってラージセンサー搭載カメラの充実ぶりは、いやもう目を見張らんばかり。スペックを... 続きを読む

WRITER PROFILE

raitank アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > raitank > [raitank fountain]Vol.06 シネマのネクスト・ウエーブ、”Higher Frame Rate” とは!?