PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > UserReport > ユーザーレポート(7) Panasonic AVCHDカメラレコーダー AG-HMC155

News

ユーザーレポート(7) Panasonic AVCHDカメラレコーダー AG-HMC155

2008-10-03 掲載

今回レポートするPanasonic メモリーカードカメラレコーダー AG-HMC155は、DVカメラの名機DVX100シリーズの流れを汲みながら、HD化/テープレスを実現した「AVCCAM」カメラレコーダーである。先日、オープンしたばかりの弊社イベントスペース用に、カメラ導入を検討していたこともあり、DVクレーンを使いオープニングイベント前の様子を撮影してみた。そこで感じたことを中心にレビューをさせていただこうと思う。

予想以上の軽さ、実際の運用時に気になるバランス

テープデッキ部を除くことで、1.7kgと見た目以上の軽さに仕上がっている。グリップで片手持ちした際にもバランスが良く、違和感無く操作することが出来た。但し、実際の運用時を想定しマイクホルダーに外部マイクを装着したところ、グリップで持った際のバランスに違和感が出てしまった。今回使用したのが小型バッテリーパックであったことも影響しているかもしれないが、業務用途で使用するユーザーであれば、内蔵マイクの使用は少ないと思われるので、外部マイク使用時のバランスをも考慮されているとさらに良かったと思う。

操作性

フォーカスアシスト機能
HD収録では小型液晶モニターでのフォーカス合わせは難しいが、フォーカスアシスト機能とEVFDTL機能を併用することでかなり使いやすくなっている。従来までのフォーカスアシスト機能である拡大表示機能では中心部分しか拡大されず構図によっては使いづらかったが、今回からヒストグラムによるアシスト機能も使用できるので、構図を確認しながらのフォーカシングが可能になっている。

フォーカスリングを使ったアイリス調整
オートフォーカスでの撮影の場合には、フォーカスリングにアイリス調整の機能を割り当てることが出来る。マニュアルレンズの意識で操作してしまうと気になる点はあるが、左手のポジションを動かすこと無くアイリス補正が出来るようになった利点は大きい。

ウェーブフォーム/ベクトルスコープ表示機能
カメラ単体での使用が多い現場運用を考えると、波形表示ができるようになったことは大変ありがたい。簡易表示ではあるが、PV撮影の現場などでは重宝されるだろう。

その他
細かな点だが、リアパネルに端子を集中させたことで、イヤホンジャックのみを使いたい場合にも大きな端子カバーを開けなければならないことが気になった。


画質・画角

AVCHD/PHモード
民生用ハイビジョンというイメージの強いAVCHDだが、PHモードでの撮影であれば十分業務に耐えられる画質と感じた。ただし、圧縮に対してシビアな状況でのテストは行っていなので、撮影環境や被写体の違いによって評価は分かれるかもしれない。業務向け編集環境としては、PHモードへの対応状況を見て判断すべき時期であると思われる。

画角の広さ
35mm換算で28mmの画角は、余裕のある広さになっており、とくに室内での撮影に重宝するだろう。

AG-HMC155で撮った動画

動画ファイルサイズ:64MB。AVCHDの元データ(約21Mbps)を、WMV(約8Mbps)に変換したものを掲載。

※画像をクリックすると動画が再生されます(Windows Media Playerが必要です)。PCのスペックによってはうまく再生ができない場合があるのでご注意ください。

期間限定、元データ公開中!ダウンロードはこちらから

試用を終えて

DVX100ユーザーにとっては、SDからHDへ正統進化した機種といえるだろう。作品制作を主と考えるユーザーは、自身の編集システムの対応環境を確認しておく必要があるが、HDでの長時間収録を重視するブライダルやドキュメンタリーなどの現場には、使い勝手の良いカメラとして受け入れられるだろう。

筆者プロフィール

岩沢 卓(いわさわ たかし) 有限会社バッタネイション/Co-Net代表
ウェブ向け映像コンテンツの制作や、バンドのライブ撮影、PV制作などを行っている。最近、日本橋にイベントスペース「Co-Net」を開設し、そのスペースを使って収録・配信なども行っている。映像だけに留まらず、インテリアの企画やショップコンセプトの立案など、幅広い分野での活動をしている。

このコーナーは、今業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にPRONEWSからお願いをして実機レポートをしていただくコーナーです。

「ここは予想以上に素晴らしかった!」「ここは期待した程ではなかった・・・」等々、メーカーカタログには記載されない、実際に使ってみてどう感じたのか、リアルな声が聞けるかもしれません。

同じ機材でも、レポーターさんの使用目的等によって着目点やその感じ方が違うことも非常に有益な情報になることでしょう。

これからも順次掲載予定ですのでどうぞご期待ください。


WRITER PROFILE

UserReport 業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。


[ Writer : UserReport ]
[ DATE : 2008-10-03 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

DVXstory_v1_top

[DVX Story]Vol.01 AG-DVX200発売直前座談会赤い衝撃を待ちわびて〜開発チームに訊く!

この秋に登場するAG-DVX200に期待を寄せて 今、ひとつの期待のビデオカメラの発売が待たれている。この春にひときわクリエイターや映像制作者の注目を集めたハンドヘルド型4Kカメ... 続きを読む

[ファイルベース収録カメラ最新案内]番外編 ~メリット、デメリットとAVCHD運用の実態~

AVCHDの存在をどう考えるか?訊いてみた AVCHDロゴ。AVCHD(Advanced Video Codec High Definition)は2006年5月にパナソ... 続きを読む

[Cutting Edge]Vol.08 AVCCAMとPremiere Proで快適ネイティブ編集を実現

アドビ システムズが2009年10月23日に赤坂ブリッツで開催したAfter Effects Night Vol.03。その参加者のなかからパナソニックAVCCAM AG-HMC1... 続きを読む

AVCHDの編集は現実的?非現実的?~あれから1年ノートPCでも可能なAVCHDネイティブ編集~

難攻不落のAVCHD。1年後に魅せたその姿は? 昨年の今頃、トムソン・カノープス社から発表されたばかりのハードウェアエンコードボード"FIRECODER Blu"を紹介した際、筆者... 続きを読む

[小寺信良の業界探検倶楽部]Vol.05 今再注目のログ収録とは?

毎度お馴染み業界探検倶楽部、5回目の今回は、ハイエンドの映像制作で昨今急激に注目を集めている「Log収録」について探ってみました。もともとは映画制作から来ているというこの方法... 続きを読む

WRITER PROFILE

UserReport 業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > UserReport > ユーザーレポート(7) Panasonic AVCHDカメラレコーダー AG-HMC155