PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > ふるいちやすし > [東京Petit-Cine協会]Vol.04 動きを撮るということ その1

News

[東京Petit-Cine協会]Vol.04 動きを撮るということ その1

2009-10-30 掲載

さて、今回からプチシネ制作の為の基本テクニックやアイデアを紹介していこうと思う。仮にも「PRONEWS」と名付けられた所で書くにはいささかはばかれるような基礎的な事も書こうと思っているが、これは初心者の為だけの物ではなく、別の分野のプロが撮影や音の事にも手を広げていくための物でもあるのでお付き合い願いたい。

まずは基本の基本を考える

【静止画と動画の違い】

高まるデジタル一眼ムービーの流行によって、動画の作品を作ってみようというスチルカメラマンも多いと思う。動画とは言っても基本的には静止画の連続、高速パラパラ漫画だとも言えるので、カメラやレンズの事を知り尽くしたスチルカメラマンにとっても得意な分野であるはずなんだが、実はそこに落とし穴がある。いろんな意味で「動き」に対する考え方はスチルとムービーとでは大きく変えなければいけない。逆に静止画を撮る為に作られているデジタル一眼で動画を撮ろうとするビデオカメラマンにも注意が必要だ。この際これから何回かに分けて「動きを撮る」為に、また、「カメラを動かす」為に必要な注意点をじっくり解説していこうと思う。

【フレームレートとは】

初めに被写体の動きをどう捉えるか、カメラを固定した条件で動画の基本を学んでほしい。中でもフレームレートとシャッタースピードとの関係は動きを捉える上でとても重要で、特にスチルカメラとは大きく概念を変えなくてはいけないポイントなので、解っているつもりの人ももう一度確認しておいてほしい。まずフレームレート。簡単にいうと視聴者に一秒間、何枚の絵を見せるかということなんだが、これは単純に数が多いほど動きは滑らかになると理解して間違いない。ただし、滑らかであればあるほどいいかというと、そこは個人の主観によって変わってくるのだ。例えば昔ながらのフィルムにならった24フレームはテレビで使われている30フレームに比べると実際には早い動きはパタパタとちらつきやすい。だがそれも含めて映画っぽい高級感、フィルムっぽい質感があると好んで使う人が多くいる。

pc4pic01.jpg 業務用であればカメラにも編集ソフトにもフレームレートやシャッタースピードの細かい設定項目がある。(メーカーで多少表記に違いはあるが)よく理解して思い通り撮ってほしい。

プログレッシブかインターレースか?それが問題だ

また、映画館等の上映の為にフィルムに焼き付ける必要がある場合もフィルムと同じ24フレームで撮る。だが最も一般的に見慣れているのは30フレームだろう。この30フレームにも幾つかの種類がある。まずは1秒に30枚の絵を上から順番に描画していくプログレッシブ方式(30p)、もう一つは一枚の絵を1/60秒ずつ櫛状に分けて表示していくインターレース方式(60i)で、これも1/30秒に一枚の絵を完成させるという意味では30フレームと考えていい。これは一般的なテレビの方式で動きが一番スムーズに見てもらえる方式と言える反面、1フレームだけ抜き出すと1/60秒ずれた横縞模様のような物が見える事がある。この他にも細かいチェックや横ストライプの衣装がちらついたり、細かい文字や明朝体の文字の描画も苦手なので注意が必要だ。そういった意味で細かい文字を扱う事の多いコンピューターのディスプレイはプログレッシブ方式を採用している。

pc4pic02.jpg インターレースから抜き取った1フレーム。動いている物は1/60秒ずつ二つの画像が櫛状に映り込んでいる。一見とんでもない絵に見えるが、連続して動画として再生した時にはスムーズな動きに見える。

同じように見えてもこの差は大きい

pc4pic03.jpg
インターレースで小さい文字を縦にスクロールさせた時の1フレーム。明朝体は横の線が細い為、読みにくくなる。タイミングによっては「。」の位置がとんでもない事になっている。ゴシック体の方がいくらかマシだ。

さらに目的に合わせて撮影の時にも編集の時にも注意と研究が必要だ。いずれにしても1秒間に30枚という早さはテレビが誕生したときの電気的能力によって決められた物で、今回のハイビジョン化でもそれが変わる事はなかった。最新のテレビに1秒60フレームなんていうのも出てきてはいるが、どういう方式を使っているのかは各社バラバラでよく解らない。実際は60フレームで送出している局もなければ、記録しているDVDもまだないので、やはり基本は30フレームだと思って間違いない。

だが撮影時には少々事情が違っていて、最近では民生用のカメラでも60フレームで撮れる物が出てきている。しかし最終的には30フレームで再生する事は変えられないのでこれはスロー再生の時にスムーズな動きを再現する為の物だと考えて間違いないだろう。仮に半分の速度で再生すると30フレームの場合、同じ絵が2枚ずつ続く事になるが、60フレームで撮っておけば全てのフレームでスムーズな動きを描写できる事になる。これは特にPVやCMですごい威力を発揮する。

プロを目指すための奥深いポイントとは?

この他にもテレビの放送に於いては時間の管理が正確に行われなければいけないので、ドロップフレームや29.97/秒フレームが採用され、インターネットや携帯のストリーミングに於いては回線や再生機器の能力に合わせて15フレームや10フレームにレートを落とさなければいけなかったりする。プロを目指す人はもっとしっかり押さえておかなくてはいけない奥の深いポイントだ。

様々な要素を考えるとフレームに合わせた最も合理的なシャッタースピードは、60iなら1/60、30pで1/30、24pなら1/24という事になる。事実、ビデオカメラをフルオートで撮るとほぼ間違いなく1/60のシャッタースピードに固定される事になる。これはスチルカメラのフルオートとは全く違う動きなのでデジタル一眼で動画を撮ろうとした時には逆に注意が必要だ。

ここでスチルカメラを使っている人なら「ん?」と思う所だろう。この辺りのシャッタースピードは手持ちでブレないギリギリの所であり、少なくとも動いている被写体を捉えるには遅すぎるシャッタースピードだと言えるからだ。ただ動画に於いてはこのブレこそがスムーズな動きを撮る為の大きなファクターになっていて、静止画を撮るのとは大きく概念を変えなくてはいけないポイントなのだ。それについては次回詳しく書きたいので乞うご期待。


WRITER PROFILE

ふるいちやすし 自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。


[ Writer : ふるいちやすし ]
[ DATE : 2009-10-30 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[東京Petit-Cine協会]Vol.83 進化する映像の世界で「高画質」を見極めるということ

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 沖縄国際映画祭に参加 昨年夏、アメリカ・ワイオミング州で撮影監督を務めたドキュメンタリー作品「TETON~山の声」(浜野安宏監督・... 続きを読む

[東京Petit-Cine協会]Vol.82 ロンドン・フィルムメーカー国際映画祭

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 いざ、ロンドンでの映画祭に臨む 前回のアジア国際映画祭に続いて、ロンドン・フィルムメーカー国際映画祭(Internatio... 続きを読む

[東京Petit-Cine協会]Vol.81 映画祭とは素晴らしい出会いとアピールの場

txt:ふるいちやすし 撮影:田部文厚 構成:編集部 アジア国際映画祭に招聘される 今後アジア各地で催される、アジア国際映画祭の第一回が2017年2月1日~3日... 続きを読む

[東京Petit-Cine協会]Vol.80 映画を作った意味を証明するということ

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 「千年の糸姫」動く しばらく進展のなかった私の映画「千年の糸姫」(二宮芽生主演)に年末から一気に動きが出た。まずはロンドン... 続きを読む

[東京Petit-Cine協会]Vol.79 日本映画、そして世界へ出て行くこと

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 日本映画の閉塞感と未来とは 今年も様々な映画が話題となり、興行成績がどうだとか観客動員の記録がこうだとか、ワイドショーは囃... 続きを読む

WRITER PROFILE

ふるいちやすし 自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
柳下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > ふるいちやすし > [東京Petit-Cine協会]Vol.04 動きを撮るということ その1