PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Light Stageデバイスでアカデミー科学工学賞共同受賞のポール・デベヴェック氏による講演が慶應大学日吉キャンパスで開催

News

Light Stageデバイスでアカデミー科学工学賞共同受賞のポール・デベヴェック氏による講演が慶應大学日吉キャンパスで開催

2010-08-26 掲載

12月に韓国で開催されるSIGGRAPH ASIA 2010が主催する、HDRベースの光源技術のパイオニア、ポール・デベヴェック(Paul Debevec)氏による特別講演が9月16日に慶應義塾大学日吉キャンパス協生館にて開催される。

「From Spider-Man to Avatar, Emily to Benjamin: Achieving Photoreal Digital Actors」と題するデベヴェック氏の講演では、自身の研究を通したCG世界の洞察やインタラクティブ技術について語られる。

デベヴェック氏は現在、南カリフォルニア大学内のクリエイティブ技術研究所のグラフィック研究部長と、同大学ビタービ工学部のコンピュータ理学の研究助教授を務めており、HDR(ハイダイナミックレンジ)イメージベースのモデリングとレンダリング技術の先導者として知られている。1996年には、写真からフォトリアルな構造モデルを生成するイメージベースのモデリング/レンダリングシステム「Façade」を発表、バークレー大学のバーチャル・シネマトグラフィー(SIGGRAPH 97の作品)「The Campanile Movie」で起用された。この技術はその後、ハリウッド映画「マトリックス」の連弾シーンのバーチャル背景にも採用されている。

デベヴェック氏の研究するHDRベースの光源技術は、オリジナルアニメーション「Rendering with Natural Light」、「Fiat Lux」と「The Parthenon」に活用したのち、初のHDRイメージ編集プログラムとして開発された。デベヴェック氏の最近の研究成果としては、アンビエントと入射光といったCGで活用できる現実世界のイルミネーションを記録するメソッドをもとに開発された、人面の外姿をデジタイズするデバイス「Light Stage」で、これにより、2010年にアカデミー科学工学賞を共同受賞している。デベヴェック氏が研究してきた技術は、映画マトリックスの他にも、「スパイダーマン2・3」、「キングコング」、「スーパーマン・リターンズ」、「アバター」に採用されている。

講演は慶應義塾大学日吉キャンパス協生館の藤原洋記念ホールにて19時より行われる。参加申し込みは、メール(siggraphtokyo0916@ gmail.com)にて申し込むことができる。


[ Category : ]
[ DATE : 2010-08-26 ]
[ TAG : ]

関連する記事

クレッセント、シーグラフアジアでユーザー会を開催

クレッセント株式会社(東京都中央区)は、今週16日から横浜で開催される「シーグラフアジア2009」にブース出展をする(展示は17日から。ブース番号:B02)。 ブースには、Vico... 続きを読む

シーグラフアジアの基調講演にヒューマンコンピュータインタラクション分野の第一人者、暦本純一氏が登壇

ACM(the Association for Computing Machinery)とシーグラフアジア2009 実行委員会から、今年12月に横浜で開催される「SIGGRAPH ... 続きを読む

トップ > ニュース > Light Stageデバイスでアカデミー科学工学賞共同受賞のポール・デベヴェック氏による講演が慶應大学日吉キャンパスで開催