PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 米国ケーブル加入者のテレビ視聴動向の変化

News

米国ケーブル加入者のテレビ視聴動向の変化

2012-02-10 掲載

米国の一般家庭は、一週間のうち平均33時間をテレビ番組の視聴に費やしている。米ニールセンの新しい調査書によると、米国でブロードバンド・インターネット接続サービスだけが目的でケーブルおよび衛星放送サービスに加入している世帯数が著しく成長していることが判った。

反面、ケーブルテレビサービスのみという加入者数は減っている。インターネット経由でテレビを視聴している加入者の数が大きく伸びていることは明らかだ。加入者がケーブルや衛星放送サービスを止めて、インターネット上のテレビ放送サービスへ切り替える、所謂「コード・スワッパーズ、ケーブルカット」族になるかというのは判断できないが、インターネット接続サービスの加入者の増加は、クロスプラットフォーム・テレビ市場のどのセグメントよりも早く成長している、とニールセンは説明している。

と、いえどもインターネットTVのみという一般家庭の比率はまだ低く、テレビ保有世帯全体の4.5%に留まっている。しかし成長率は昨年から1年で22.8%であったという(2010年の第三四半期から2011年の同時期の比較)。インターネットでTVを観ている世帯の平均観賞時間は、お茶の間でテレビを観ている世帯の1/10と圧倒的に短い。それでも、ストリーミングビデオを観賞する時間の比較では、後者がストリーミングビデオを観る時間の倍の11.2分であった。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2012-02-10 ]
[ TAG : ]

関連する記事

「かながわCATVライブカメラ」サービスが開始

神奈川県ケーブルテレビ協議会会員のケーブルテレビ局10社でつくる“かながわCATV情熱プロジェクト”による、「かながわCATVライブカメラ」サービスが9月4日から始まった。 ... 続きを読む

リーダー電子、スマホで操作するデジタル放送シグナルレベルメーター「LF 10」を発売

リーダー電子株式会社は、日本国内における地上波、CATV、BS、110°CSデジタル放送に対応したチャンネル信号測定装置“シグナルレベルメーター”「LF 10」を2013年12月2... 続きを読む

KDDI/KDDI研究所/J:COMの3社、CATV網による2K/4K/8K超高精細映像の同時伝送実験に成功~ケーブル事業者も4K/8K放送対応体制に

KDDI株式会社、株式会社KDDI研究所、株式会社ジュピターテレコム(J:COM)の3社は、2K、4K、8Kの超高精細映像をまとめて高圧縮かつ階層的に扱える映像圧縮符号化方式を開発... 続きを読む

コンドーブロードキャスト、CATV事業者向け映像エンコードサービスを開始

株式会社コンドーブロードキャストは、メディアで保存されている映像資産を放送用ビデオファイルフォーマットへ変換するサービスを開始した。http://kondobc.co.jp/pro... 続きを読む

JCN、市場初Android4.0搭載STBのトライアルを開始

ジャパンケーブルネット株式会社(JCN)は、KDDIと共同で、次世代セットトップボックス(STB)の「Smart TV Box」を使ったサービス提供に向けて、事業者トライアルを8月... 続きを読む

トップ > ニュース > 米国ケーブル加入者のテレビ視聴動向の変化