PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 1600ドル以下の中国製4K TVが市場に続々投入

News

1600ドル以下の中国製4K TVが市場に続々投入

2013-05-10 掲載

全世界の4K(3840×2160)テレビ市場規模が1250万台規模にまで急成長すると予想され、中国のTVメーカーは本格的な動きを開始した。彼らの市場戦略は、今回も価格競争力である。

中国では国内連休(労働節)に合わせ、TCLやスカイワースが安価の4K TVを発売した。TCLは、55インチ4K TV「E5690」をCNY$9,999(1600米ドル、約16.4万円)、スカイワースは39インチの4K TVを既存の42インチ1080p HDTVを同価格のCNY$3,999で販売するという。いずれもパネル解像度は3840×2160(Ultra HD, UHD)。

中国で大手メーカーのTCLは米国にもTCLおよびRCAブランドとして製品を投入しており、今回の4K TVも米国市場にも同価格で投入する予定。1600ドルは現在同社が米国で販売している55インチの1080p HDTVと同じ価格になる。

E5690はクラウドテレビというキャッチのとおりスマートTVのモデルとなる。デュアルコアCPU、クアッドコアGPUプロセッサおよびAndroid 4.2 OSを搭載し、HDから4Kへのスケールアップにも対応するという。3Dはアクティブシャッター方式。

業界生産ラインの情報に強い台湾のDigiTimesによると、TCLの子会社であるCSOT(China Star Optoelectronics Technology:華星光電)では55インチの4K UHDパネルを、現行のフルHDパネルの2.1倍の価格で中国テレビメーカーに販売を始めているという。Innolux社といった国内のほかパネルメーカーの提示価格はHDパネル比2.3-2.5倍であり、CSOTの提示価格は今後、国内以外にも台湾のパネル生産ラインへも影響すると見られる。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2013-05-10 ]
[ TAG : ]

関連する記事

エクスプローラ、H.265/HEVC対応の4K映像伝送システムを発売

株式会社PALTEKのグループ会社で、映像技術をコアに映像伝送システムを展開している株式会社エクスプローラは、H.265/HEVCに対応したエンコーダ・デコーダからなる映像伝送シス... 続きを読む

SMPTE2022-6、SDI 12G対応のUHD QC&監視システムPHABRIX Qxシリーズ。世界初・リアルタイム12G-SDI物理層分析やHDR/WCGツール搭載

今月中旬に開催された「ケーブル技術ショー2017」にて、武蔵エスアイ株式会社が出展した製品の1つ、英PHABRIX社製「Qxシリーズ」を紹介する。 Qxシリーズは、2015年... 続きを読む

4K映像に特化した映画祭「4K徳島国際映画祭2017」開催決定!作品応募もスタート

株式会社プラットイーズは、とくしま4Kフォーラム実行委員会の一員として「4K徳島国際映画祭2017」を2017年11月25~26日に開催する。募集期間は2017年9月20日本映画祭... 続きを読む

シンクレイヤ、4K対応AndroidベースTVボックス、AI搭載UHD IPホームメディアハブを参考出展

シンクレイヤ株式会社は、7月20日から2日間、東京国際フォーラムで開催された「ケーブル技術ショー2017」に出展した。同社ブースではR-PON(Redundant-PON)を10G... 続きを読む

韓国で“4K(UHD)地上波放送”開始

韓国の地上波3社は、2017年5月31日午前5時から首都圏地域で地上波による超高画質(UHD:Ultra High Definition=4K)の本放送を開始した。UHD放送は、現... 続きを読む

トップ > ニュース > 1600ドル以下の中国製4K TVが市場に続々投入