PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 1600ドル以下の中国製4K TVが市場に続々投入

News

1600ドル以下の中国製4K TVが市場に続々投入

2013-05-10 掲載

全世界の4K(3840×2160)テレビ市場規模が1250万台規模にまで急成長すると予想され、中国のTVメーカーは本格的な動きを開始した。彼らの市場戦略は、今回も価格競争力である。

中国では国内連休(労働節)に合わせ、TCLやスカイワースが安価の4K TVを発売した。TCLは、55インチ4K TV「E5690」をCNY$9,999(1600米ドル、約16.4万円)、スカイワースは39インチの4K TVを既存の42インチ1080p HDTVを同価格のCNY$3,999で販売するという。いずれもパネル解像度は3840×2160(Ultra HD, UHD)。

中国で大手メーカーのTCLは米国にもTCLおよびRCAブランドとして製品を投入しており、今回の4K TVも米国市場にも同価格で投入する予定。1600ドルは現在同社が米国で販売している55インチの1080p HDTVと同じ価格になる。

E5690はクラウドテレビというキャッチのとおりスマートTVのモデルとなる。デュアルコアCPU、クアッドコアGPUプロセッサおよびAndroid 4.2 OSを搭載し、HDから4Kへのスケールアップにも対応するという。3Dはアクティブシャッター方式。

業界生産ラインの情報に強い台湾のDigiTimesによると、TCLの子会社であるCSOT(China Star Optoelectronics Technology:華星光電)では55インチの4K UHDパネルを、現行のフルHDパネルの2.1倍の価格で中国テレビメーカーに販売を始めているという。Innolux社といった国内のほかパネルメーカーの提示価格はHDパネル比2.3-2.5倍であり、CSOTの提示価格は今後、国内以外にも台湾のパネル生産ラインへも影響すると見られる。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2013-05-10 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[NAB2017]日立国際電気アメリカ、NABにてHD-HDRのメリットをアピール

Hitachi Kokusai Electric America(日立国際電気アメリカ)はNAB2017にて、HDR技術の取り組みをアピールする(セントラルホール/C4309)。 ... 続きを読む

4K HDR放送を前提に制作したドキュメンタリー番組「通学路」がスカパー!4K 総合チャンネルで放送開始

ランプ株式会社が制作した4Kドキュメンタリー番組「通学路」が2017年1月21日22:00より、スカパー!4K 総合にて放送される。 予告編。4K視聴も可能 「通学... 続きを読む

[CES2017]LG電子、新4K HDR+USB-C対応モニターをCESで公開。DCI-P3色域を95%カバーでデジタルシネマ制作環境にも

LG電子は、1月5日から米ラスベガスで開催される家電展示会「CES2017」にて、新しい汎用4K HDRテレビ「32UD99」を初披露する(ブースNo.11100)。 32U... 続きを読む

YouTube、4Kライブストリーミングに対応。4Kインターネットテレビ、Chromecast Ultraで新たな視聴体験

YouTubeは11月30日に、360°VRを含めて4K解像度でライブストリーミングが行えることを公式ブログにて発表した。12月1日には、ゲームアワード2016のイベントにて、初4... 続きを読む

総務省発表、4K/8K実用放送業務の認定申請の受付結果。キー局BS、衛星事業者10社が申請

総務省は10月19日、BS・東経110°CSによる4K/8K実用放送の業務の認定申請の受付結果を発表した。 今回、10者(社)から認定申請があり、東経110°CSによる4K試... 続きを読む

トップ > ニュース > 1600ドル以下の中国製4K TVが市場に続々投入