PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 1600ドル以下の中国製4K TVが市場に続々投入

News

1600ドル以下の中国製4K TVが市場に続々投入

2013-05-10 掲載

全世界の4K(3840×2160)テレビ市場規模が1250万台規模にまで急成長すると予想され、中国のTVメーカーは本格的な動きを開始した。彼らの市場戦略は、今回も価格競争力である。

中国では国内連休(労働節)に合わせ、TCLやスカイワースが安価の4K TVを発売した。TCLは、55インチ4K TV「E5690」をCNY$9,999(1600米ドル、約16.4万円)、スカイワースは39インチの4K TVを既存の42インチ1080p HDTVを同価格のCNY$3,999で販売するという。いずれもパネル解像度は3840×2160(Ultra HD, UHD)。

中国で大手メーカーのTCLは米国にもTCLおよびRCAブランドとして製品を投入しており、今回の4K TVも米国市場にも同価格で投入する予定。1600ドルは現在同社が米国で販売している55インチの1080p HDTVと同じ価格になる。

E5690はクラウドテレビというキャッチのとおりスマートTVのモデルとなる。デュアルコアCPU、クアッドコアGPUプロセッサおよびAndroid 4.2 OSを搭載し、HDから4Kへのスケールアップにも対応するという。3Dはアクティブシャッター方式。

業界生産ラインの情報に強い台湾のDigiTimesによると、TCLの子会社であるCSOT(China Star Optoelectronics Technology:華星光電)では55インチの4K UHDパネルを、現行のフルHDパネルの2.1倍の価格で中国テレビメーカーに販売を始めているという。Innolux社といった国内のほかパネルメーカーの提示価格はHDパネル比2.3-2.5倍であり、CSOTの提示価格は今後、国内以外にも台湾のパネル生産ラインへも影響すると見られる。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2013-05-10 ]
[ TAG : ]

関連する記事

160617_nhk_top

NHKエンジニアリングシステム、4K/8K衛星放送運用規定セミナー開催

NHKエンジニアリングシステム(NES)は、4K/8K衛星放送の運用規定にフォーカスしたセミナーを7月21日(木)に開催する。NESでは過去にも「4K/8Kの衛星放送方式の規格」や... 続きを読む

160615_xjive-4k-proplus_top

伊藤忠ケーブルシステム、ProRes 422 HQ、DNxHR HQXデコード対応のXJiveシリーズ新モデル「4K UHD XJive Player PRO+」を発売

伊藤忠ケーブルシステム株式会社は、同社が取り扱うターボシステムズ株式会社の「4K UHD XJive」シリーズの新モデルとして「4K UHD XJive Player PRO+」を... 続きを読む

160609_DSC04525s_top

カンテレ、ハイブリッドキャストで4KライブをMPEG-DASHで配信実験。クラウド上の4K VODと選択視聴

2016年6月7日に、関西テレビ本社で開催された「テクニカルフェア2016」では、“カンテレ4K伝送実験・技術開発展示”というコーナーの一角で、放送通信連携機能ハイブリッドキャスト... 続きを読む

160606_gozilla2_top

日本映画専門チャンネルとスカパー、「キンゴジ」全篇4Kデジタルリマスター版を4K/2Kでサイマル放送

「キングコング対ゴジラ」<完全版>4Kデジタルリマスター TM&(C)1962 TOHO CO.,LTD. ゴジラシリーズ初のカラー作品で、ハリウッドでリメイクも予定されてい... 続きを読む

160524_BMD1_top_w

Blackmagic Design製品事例:WOWOWドラマ「撃てない警官」の場合

© 2016WOWOW /オフィス・シロウズ © 2010安東能明/新潮社 企画協力 新潮社 Blackmagic Designの発表によると、WOWOW... 続きを読む

トップ > ニュース > 1600ドル以下の中国製4K TVが市場に続々投入