PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、新発想レンズスタイルカメラQX10/QX100を発表。無線接続でスマートフォンがサイバーショットに

News

ソニー、新発想レンズスタイルカメラQX10/QX100を発表。無線接続でスマートフォンがサイバーショットに

2013-09-09 掲載

ソニーから、IFA直前に流出されたPVビデオが話題になった、レンズだけの外観を持つサイバーショット「DSC-QX10」「DSC-QX100」が発表された。

QX10/QX100は、レンズとセンサのみで構成されており、ファインダーや操作はWi-Fiで接続したスマートフォン(Android対応もしくはiPhone)から行うようになっている。また近距離無線通信技術NFCでも利用できる。ソニーは、IFAで発表したXperiaの新フラッグシップ「Xperia Z1」との最強コンビネーションをアプローチする。

130909_sony-qx10-100_01jpg.jpg

QX10は1820万画素で、センサは1/2.3インチ。F3.3-5.9ソニーGレンズで、ズームは最大10倍。本体の重さは105g。価格は249ドル。

QX100は2020万画素で、RX100 MII同等の1インチセンサ、F1.8-4.9のカール・ツァイスレンズ搭載。ズームは最大3.6倍。本体の重さは165g。価格は499ドル。

両モデルとも、BIONZイメージプロセッサを搭載。動画(1440×1000@30fps)も収録でき、スタビライザー”光学ステディショット”を採用している。

スマートフォンに装着して使うには、専用アクセサリを使う。スマートフォンとカメラの間はWi-Fiで接続し、専用のアプリ”PlayMemories”をスマートフォンにインストールして使う。スマートフォンがデジタルカメラのような外観になるが、レンズ部分が重いので多少バランスが難しい。ただカメラ本体には三脚が取り付られるので、固定して撮影することでアンバランスは補える。

ヨーロッパでは今秋9月20日から発売開始されるが、日本での販売予定はまだ発表されていない。プロモーションビデオは以下より。

http://www.sony.co.uk/hub/lens-style-camera

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2013-09-09 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、2017映像制作機器 新商品内見会を開催。インスタントHDRワークフローや各種新製品のデモを公開

ソニーは、6月7日~8日、東京品川のソニー本社で2017映像制作機器 新商品内見会を開催した。今年4月にラスベガスで開催されたNAB2017に出展した機材やシステムを中心に、ソニー... 続きを読む

ソニー、フルフレーム36x24mmセンサー採用の次世代CineAltaカメラ開発を明らかに

デジタル画像技術を映画製作に取り入れた革新的カメラとして知られるソニーのCineAltaブランドカメラ。米ソニーはCine Gear Expoにて、アスペクトに依存しないフルフレー... 続きを読む

ソニー、デジタル一眼カメラ「α9」のプロフェッショナル向け撮影体験会を開催

バスケットの撮影を通じてα9のブラックアウトフリーやAFの性能を体験する ソニーは、5月24日に東京都江東区のスポーツ施設で同社のソニー・イメージング・プロ・サポート会員を対... 続きを読む

ソニープロフェッショナルセミナー「MCX-500を使った小規模ライブ収録の実例」を開催

ソニービジネスソリューション株式会社は、2017年6月2日にコンパクトライブスイッチャ―「MCX-500」をテーマにしたソニープロフェッショナルセミナー「MCX-500を使った小規... 続きを読む

銀一、保護ガラスフィルムExtra GlassシリーズのSony α9用を発売

銀一は、旭硝子社製GRAMASシリーズの保護ガラス技術を、銀一監修の元でハイエンドデジタルカメラや映像機材に最適化した保護ガラスフィルムのExtra Glassシリーズ新製品として... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、新発想レンズスタイルカメラQX10/QX100を発表。無線接続でスマートフォンがサイバーショットに