PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Netflixの4K VODサービス、2作目が6月に登場

News

Netflixの4K VODサービス、2作目が6月に登場

2014-05-09 掲載

Netflixがオリジナル番組“ハウス・オブ・カード”の4Kリマスターを終え、セカンドシーズンから4K/HEVCストリーミングを開始している。ストリームは16Mbps。ハウス・オブ・カードは、制作開始から4Kカメラで収録しており、今後はマスターを4Kで仕上げていくという。

この新しい4K VODサービスに対応する受信機(テレビ)は、CESでも発表したサムスン製UH8550/9000で、今後はソニー、LG、Vizio社から対応アプリと再生コーデックを搭載した4Kテレビが登場してくる予定。Netflixでは、最高品質の視聴体験を得るための帯域幅として、家庭内で最低20Mbpsの確保を進めているが、Netflixがサービスを展開している米国、英国では一般家庭のブロードバンド幅は、いいところ平均で7-8Mbpsだ。サムスン製のHEVCデコード搭載の4KTVと高速ネットワークを持った環境のサービス加入者はまだ希少な存在だ。現在、この4Kストリーミングサービスは対応環境を持っている加入者であれば、追加費用なしで観ることができる。

4Kコンテンツのライブラリーにはハウス・オブ・カードのほかに、ネイチャー番組やハイエンドなタイムラプス技術のパイオニアとも呼ばれている撮影監督ルイシュワルツバーグ氏のビジュアルアート作品などが揃う。今後も4Kリマスター版の映画ジャンルを増やしていくほかに、直近ではAMCでちょうどシーズン5が終わった“ブレイキング・バッド”を、ファーストシーズンから全て4Kクオリティで配信することを明らかにしている。放送開始は2014年6月を予定している。

ブレイキング・バッドはソニーからライセンスを受けて通常のVODサービスで提供しており、今回の4Kサービス向けにはNetflix側でリマスターを施しているという。オーディオは5.1chに対応させている。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-05-09 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[NAB2017]NASA、史上初・宇宙からライブで4K映像を伝送。NABライブビューイングを成功

1,700社以上の出展社に103,000人という昨年よりも多い来場者数を記録した今年のNABshowでは、放送業界において超高解像度映像の魅力を引き出す技術や、これらに対応できる次... 続きを読む

[NAB2017]日立国際電気アメリカ、NABにてHD-HDRのメリットをアピール

Hitachi Kokusai Electric America(日立国際電気アメリカ)はNAB2017にて、HDR技術の取り組みをアピールする(セントラルホール/C4309)。 ... 続きを読む

パナソニック、放送番組をVODコンテンツに自動生成する「放送番組リアルタイムアーカイバシステム」を発売

放送番組リアルタイムアーカイバシステム パナソニック株式会社は、地上デジタル放送、BS放送、CS放送などの放送番組からインターネット配信用動画コンテンツを自動生成する放送番組... 続きを読む

4K HDR放送を前提に制作したドキュメンタリー番組「通学路」がスカパー!4K 総合チャンネルで放送開始

ランプ株式会社が制作した4Kドキュメンタリー番組「通学路」が2017年1月21日22:00より、スカパー!4K 総合にて放送される。 予告編。4K視聴も可能 「通学... 続きを読む

[CES2017]LG電子、新4K HDR+USB-C対応モニターをCESで公開。DCI-P3色域を95%カバーでデジタルシネマ制作環境にも

LG電子は、1月5日から米ラスベガスで開催される家電展示会「CES2017」にて、新しい汎用4K HDRテレビ「32UD99」を初披露する(ブースNo.11100)。 32U... 続きを読む

トップ > ニュース > Netflixの4K VODサービス、2作目が6月に登場