PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > W杯、FIFA TVの4Kプロダクション

News

W杯、FIFA TVの4Kプロダクション

2014-07-09 掲載

©Sony Corporation All Rights Reserved.

世界が注目する一大スポーツイベント「2014 FIFA World Cup Brazil」にて、各国ともさまざまなテクニックを用いて実況中継が施されている。特に4Kに関しては、FIFA自身も支援しており、放送機材提供者として提携しているソニー社と一緒に、来週13日の決勝まで3試合の中継を4Kで実施している。BBCやTV Globoを含め11の放送局でも、このFIFA+ソニーが捉える4Kフィードを使って各国へ向けて放送を行っている。

現場では、FIFA放送運営を統括するHBSのもと、ライブプロダクションのオペレーションを英Telegenic社がサポートする。4K対応中継車は、国内放送権を持つGlobosatから出動している。中継車のビデオコントロールエリア(インスタント・リプレイ)には、20チャンネル対応のMVS-7000XスイッチャーやPWS-4400 XAVCサーバ、EVSサーバ、PVM-X300 4Kモニターや4KリアルタイムグラフィックにViz Trioが搭載され、オーディオコントロールエリアには、Lawo mc²56ミキサーが搭載されている。

140709_Globosat_4k_OB_van2.jpg

4K収録が行われるマラカナン・スタジアムには、12台のF55カメラ(レンズはフジノン製)が設置された。また今回はスローモーションリプレイに、F65のハイスピード(120fps)対応が試験的に使われている。また8台のHDカメラからのソースもアップコンバートして、主に4Kカメラでの捉えが難しいクローズアップなどで利用している。

昨年から経験値を積み重ねている4Kプロダクションにおいて、未だ調整が厳しいのは、現場でのカメラワークだという。シネマレンズのため、スピードあるスポーツ競技でのピントの合ったクローズアップ撮影は非常にテクニックを要する。

現地時間7月4日に開催された準々決勝の欧州対決にて、2回目の4K中継が行われた。ブラジルでは、TV Globoが市内でのパブリックビューイングを実施しており、またGlobosatはSporTVチャンネルで4K中継を放送している。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-07-09 ]
[ TAG : ]

関連する記事

160524_BMD1_top_w

Blackmagic Design製品事例:WOWOWドラマ「撃てない警官」の場合

© 2016WOWOW /オフィス・シロウズ © 2010安東能明/新潮社 企画協力 新潮社 Blackmagic Designの発表によると、WOWOW... 続きを読む

160520_front_top

SKNET、 4Kメディアプレイヤー「SK-DSPS4K」を発売

エスケイネット株式会社は、4Kメディアプレイヤー「SK-DSPS4K」を2016年5月下旬に発売する。希望小売価格はオープン、同社オンラインショップでの販売価格は税込79,800円... 続きを読む

160518_bt-sport-set-to-launch-first-4k-ultra-hd-live-sports_top

英BT、4KチャンネルなどリニアとOTTフローを統合したシステムを構築

英大手電気通信事業者BTの光4K TVサービスでは、2015年夏に開局したBT Sport Ultra HDチャンネルにて、UEFAチャンピオンズリーグ、FAカップ、Avivaプレ... 続きを読む

160416_kbs_top

[NAB2016]韓国から4K放送開発のセッション、来年はじまる地上波UHDTV放送について

NABでは“All-Badge Access Sessions”として、NAB展示フロアの入場バッチでも受講できるセッションが数多くある。その1つ、NAB初日18日には、2時から2... 続きを読む

160401_main_top

ケーブルテレビ業界共通4Kチャンネル、4月1日よりIPリニア放送も開始

日本ケーブルテレビ連盟(JCTA)は2016年4月1日より、ケーブルテレビ業界共通の4K専門チャンネル「ケーブル4K」のIP放送を開始した。開始当日に本方式で放映されたのは、ハート... 続きを読む

トップ > ニュース > W杯、FIFA TVの4Kプロダクション