PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > GoProから「スポーツマン・マウント」が発売

News

GoProから「スポーツマン・マウント」が発売

2014-07-22 掲載

既にソーシャルメディアなどで周知されているが、GoProブランドの新しいマウントが発売されている。その名も“スポーツマン・マウント”。狩猟や釣り、アーチェリーなど、今までGoProがお供しなかったスポーツのギアに装着できる設計になっている。

スポーツマン・マウントは直径10㎜から23㎜の棒状のものに取り付けられ、GoProを背中合わせに2台装着すれば、前後のオブジェクトのアクションをシンクロで捉えることができる。カメラ自身のアングルは、自由自在に変更できる。

140722_gopro_SportsmanMount_fish.jpg

パッケージには、スポーツギアに取り付けるクランプ、組合せでカメラを背中合わせに2台つけられるマウントキット、カメラをよりスタビライズするというバックドア・マウント(2セット:GoPro2/3および3+)、センターとサイド用ブラケットなど。バックドア・マウントはスケルトンタイプもついてくる。ギアはターゲットを捉えるスポーツを意識し、ギアは光を反射しない、つや消し黒仕上げ。

14072_gopro_SportsmanMount.jpg

GoProのサイトを見る限り、ハンティングやフィッシングのシーンをプロモーションしているが、クリップと固定マウントのセットはセーリングなど、様々なシチュエーションで利用できる。スポーツマン・マウントの価格はGoProオンラインで10,500円。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-07-22 ]
[ TAG : ]

関連する記事

160920_all_top

GoPro、「GoPro HERO5」と「Karmaドローン」、GoPro Plusサービスを一挙発表。4K動画、音声認識、スタビライゼーション機能搭載

GoProから、ティザー予告されていたドローン製品「Karma」と、次世代GoPro HEROアクションカメラの姿が同時に公開された。正式な発売日は10月を予定している。 ま... 続きを読む

160509_goproface_top

GoPro、187.4億円の四半期損失。ドローン発売遅延、製品売上鈍し

GoProは2016年5月5日、第1四半期による営業損失、1億750万ドル(おおよそ187.4億円)を計上した。売上高は昨年同時期の3億6310万ドルから49%のダウンで、1億83... 続きを読む

160427_moto_top

[NAB2016]GoPro、カスタマイズモデルをNABで展示。MotoGP、NHL、PGAなどのスポーツ放送で採用

GoProとNABとくれば、やはりスポーツ放送ソリューションに着目する。昨年はワイヤレス伝送システムを持つVislinkと中継カメラシステムHERO Castを打ち出したが、今回は... 続きを読む

160411_goproomni_top

[NAB2016]GoPro、オリジナルVRカメラリグOmniを正式発表。HERO4 Black Editionを6台実装、NABにて一般初公開へ

GoProは2016年4月7日、独自のVRカメラリグ「Omni」を正式に発表した。 同社はCES2016で初めてOmniの実機を公開している。今回の発表では外姿は変わらな... 続きを読む

160411_HEROSyncBac_top

[NAB2016]Timecode Systems、GoPro専用タイムコード同期アクセサリー「SyncBac PRO」を発表

英Timecode Systems社は、GoPro専用のタイムコード同期アクセサリー「SyncBac PRO」を2016年4月下旬に発売する。価格は未定。 SyncBac P... 続きを読む

トップ > ニュース > GoProから「スポーツマン・マウント」が発売