PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > NTT-ATのHEVCコーデックが4:2:2/10bitに対応。4Kコンテンツ市場を狙う

News

NTT-ATのHEVCコーデックが4:2:2/10bitに対応。4Kコンテンツ市場を狙う

2014-08-11 掲載

140811_rfs_hevc_top

NTTアドバンステクノロジ株式会社(NTT-AT)は、H.265/HEVCソフトウェアコーデック「HEVC-1000 SDK」およびファイル変換ソフトウェア「RealFeel FileConvert 4K」のアップグレードを発表した。HEVC-1000 SDKは8月7日よりリリースを開始しており、RealFeelは8月26日にリリース予定。

これらの製品が採用しているNECとNTTメディアインテリジェンス研究所が開発したHEVCエンコードエンジンが、4:2:2および10bitの4K“Range Extensions”に対応したことが起因。人間の目では歪が気づきにくい領域でデータを削減し、高い画質を維持しつつ高圧縮率を実現する「LQAアルゴリズム」や安定したCBR制御が主な特長。

HEVC-1000 SDKは、エンコーダーとデコーダーがセットになったソフトウェアコーデック開発キット。今回のバージョンアップで、カラーフォーマット4:2:2(12bit)、4:2:2(10bit)、4:2:2(8bit)に対応。符号化効率で20%以上、処理速度性能で40%以上向上しているという。またLinuxにも対応したことでマルチプラットフォームで利用できるようになった。

RealFeel FileConvert 4Kは汎用PCに搭載できるファイルコンバートソフトウェア。主要な映像メディア形式を入力できることで、4KのVODサービス向けのコンテンツ制作等で活用できる。新バージョンはカラーフォーマット4:2:2(10bit)、4:2:2(8bit)に対応、これまで以上の変換処理速度が期待できるとしている。

NTT-ATでは、HEVC-1000 SDKの今年度の売上数を600ライセンス、ソフトウェアを50本、そして次年度では700ライセンス、ソフトウェアは倍の100本を目標にしている。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-08-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

120709_nhk2

NHK、リオ五輪にて4Kライブストリーミング&VODを実験実施

NHKは、8月5日から始まるリオデジャネイロ夏季オリンピックにて、「リオオリンピックの実験的な4Kネット配信」を実施する。スーパーハイビジョン試験放送する競技中継の一部を4Kに変換... 続きを読む

160707_main_top

ケーブル4K、ケーブル初の4K中継放送を8月に実施

ケーブルチャンネルの「ケーブル4K」は、8月11日と15日に初の4K中継放送を実施する。ケーブル4Kは、一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟が主体となって、全国のケーブル局が制作した... 続きを読む

160706_too_PrVR--View_top

Too、九州放送機器展にて「Adobe Premiere Pro最新アップデート」セミナーを開催

株式会社Tooは、来る7月22日(金)に福岡国際センターで開催される「九州放送機器展2016」にて「Adobe Premiere Pro最新アップデート-4K/8KからVRまで」セ... 続きを読む

160617_nhk_top

NHKエンジニアリングシステム、4K/8K衛星放送運用規定セミナー開催

NHKエンジニアリングシステム(NES)は、4K/8K衛星放送の運用規定にフォーカスしたセミナーを7月21日(木)に開催する。NESでは過去にも「4K/8Kの衛星放送方式の規格」や... 続きを読む

160615_xjive-4k-proplus_top

伊藤忠ケーブルシステム、ProRes 422 HQ、DNxHR HQXデコード対応のXJiveシリーズ新モデル「4K UHD XJive Player PRO+」を発売

伊藤忠ケーブルシステム株式会社は、同社が取り扱うターボシステムズ株式会社の「4K UHD XJive」シリーズの新モデルとして「4K UHD XJive Player PRO+」を... 続きを読む

トップ > ニュース > NTT-ATのHEVCコーデックが4:2:2/10bitに対応。4Kコンテンツ市場を狙う