PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > NTT-ATのHEVCコーデックが4:2:2/10bitに対応。4Kコンテンツ市場を狙う

News

NTT-ATのHEVCコーデックが4:2:2/10bitに対応。4Kコンテンツ市場を狙う

2014-08-11 掲載

NTTアドバンステクノロジ株式会社(NTT-AT)は、H.265/HEVCソフトウェアコーデック「HEVC-1000 SDK」およびファイル変換ソフトウェア「RealFeel FileConvert 4K」のアップグレードを発表した。HEVC-1000 SDKは8月7日よりリリースを開始しており、RealFeelは8月26日にリリース予定。

これらの製品が採用しているNECとNTTメディアインテリジェンス研究所が開発したHEVCエンコードエンジンが、4:2:2および10bitの4K“Range Extensions”に対応したことが起因。人間の目では歪が気づきにくい領域でデータを削減し、高い画質を維持しつつ高圧縮率を実現する「LQAアルゴリズム」や安定したCBR制御が主な特長。

HEVC-1000 SDKは、エンコーダーとデコーダーがセットになったソフトウェアコーデック開発キット。今回のバージョンアップで、カラーフォーマット4:2:2(12bit)、4:2:2(10bit)、4:2:2(8bit)に対応。符号化効率で20%以上、処理速度性能で40%以上向上しているという。またLinuxにも対応したことでマルチプラットフォームで利用できるようになった。

RealFeel FileConvert 4Kは汎用PCに搭載できるファイルコンバートソフトウェア。主要な映像メディア形式を入力できることで、4KのVODサービス向けのコンテンツ制作等で活用できる。新バージョンはカラーフォーマット4:2:2(10bit)、4:2:2(8bit)に対応、これまで以上の変換処理速度が期待できるとしている。

NTT-ATでは、HEVC-1000 SDKの今年度の売上数を600ライセンス、ソフトウェアを50本、そして次年度では700ライセンス、ソフトウェアは倍の100本を目標にしている。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-08-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

エクスプローラ、H.265/HEVC対応の4K映像伝送システムを発売

株式会社PALTEKのグループ会社で、映像技術をコアに映像伝送システムを展開している株式会社エクスプローラは、H.265/HEVCに対応したエンコーダ・デコーダからなる映像伝送シス... 続きを読む

SMPTE2022-6、SDI 12G対応のUHD QC&監視システムPHABRIX Qxシリーズ。世界初・リアルタイム12G-SDI物理層分析やHDR/WCGツール搭載

今月中旬に開催された「ケーブル技術ショー2017」にて、武蔵エスアイ株式会社が出展した製品の1つ、英PHABRIX社製「Qxシリーズ」を紹介する。 Qxシリーズは、2015年... 続きを読む

4K映像に特化した映画祭「4K徳島国際映画祭2017」開催決定!作品応募もスタート

株式会社プラットイーズは、とくしま4Kフォーラム実行委員会の一員として「4K徳島国際映画祭2017」を2017年11月25~26日に開催する。募集期間は2017年9月20日本映画祭... 続きを読む

シンクレイヤ、4K対応AndroidベースTVボックス、AI搭載UHD IPホームメディアハブを参考出展

シンクレイヤ株式会社は、7月20日から2日間、東京国際フォーラムで開催された「ケーブル技術ショー2017」に出展した。同社ブースではR-PON(Redundant-PON)を10G... 続きを読む

韓国で“4K(UHD)地上波放送”開始

韓国の地上波3社は、2017年5月31日午前5時から首都圏地域で地上波による超高画質(UHD:Ultra High Definition=4K)の本放送を開始した。UHD放送は、現... 続きを読む

トップ > ニュース > NTT-ATのHEVCコーデックが4:2:2/10bitに対応。4Kコンテンツ市場を狙う