PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > NTT-ATのHEVCコーデックが4:2:2/10bitに対応。4Kコンテンツ市場を狙う

News

NTT-ATのHEVCコーデックが4:2:2/10bitに対応。4Kコンテンツ市場を狙う

2014-08-11 掲載

140811_rfs_hevc_top

NTTアドバンステクノロジ株式会社(NTT-AT)は、H.265/HEVCソフトウェアコーデック「HEVC-1000 SDK」およびファイル変換ソフトウェア「RealFeel FileConvert 4K」のアップグレードを発表した。HEVC-1000 SDKは8月7日よりリリースを開始しており、RealFeelは8月26日にリリース予定。

これらの製品が採用しているNECとNTTメディアインテリジェンス研究所が開発したHEVCエンコードエンジンが、4:2:2および10bitの4K“Range Extensions”に対応したことが起因。人間の目では歪が気づきにくい領域でデータを削減し、高い画質を維持しつつ高圧縮率を実現する「LQAアルゴリズム」や安定したCBR制御が主な特長。

HEVC-1000 SDKは、エンコーダーとデコーダーがセットになったソフトウェアコーデック開発キット。今回のバージョンアップで、カラーフォーマット4:2:2(12bit)、4:2:2(10bit)、4:2:2(8bit)に対応。符号化効率で20%以上、処理速度性能で40%以上向上しているという。またLinuxにも対応したことでマルチプラットフォームで利用できるようになった。

RealFeel FileConvert 4Kは汎用PCに搭載できるファイルコンバートソフトウェア。主要な映像メディア形式を入力できることで、4KのVODサービス向けのコンテンツ制作等で活用できる。新バージョンはカラーフォーマット4:2:2(10bit)、4:2:2(8bit)に対応、これまで以上の変換処理速度が期待できるとしている。

NTT-ATでは、HEVC-1000 SDKの今年度の売上数を600ライセンス、ソフトウェアを50本、そして次年度では700ライセンス、ソフトウェアは倍の100本を目標にしている。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-08-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

170120_omote_tsugakuro_top

4K HDR放送を前提に制作したドキュメンタリー番組「通学路」がスカパー!4K 総合チャンネルで放送開始

ランプ株式会社が制作した4Kドキュメンタリー番組「通学路」が2017年1月21日22:00より、スカパー!4K 総合にて放送される。 「通学路」は、様々なクリエイターが自身の... 続きを読む

170103_lg-32ud99_top

[CES2017]LG電子、新4K HDR+USB-C対応モニターをCESで公開。DCI-P3色域を95%カバーでデジタルシネマ制作環境にも

LG電子は、1月5日から米ラスベガスで開催される家電展示会「CES2017」にて、新しい汎用4K HDRテレビ「32UD99」を初披露する(ブースNo.11100)。 32U... 続きを読む

161205_4klive_top

YouTube、4Kライブストリーミングに対応。4Kインターネットテレビ、Chromecast Ultraで新たな視聴体験

YouTubeは11月30日に、360°VRを含めて4K解像度でライブストリーミングが行えることを公式ブログにて発表した。12月1日には、ゲームアワード2016のイベントにて、初4... 続きを読む

161021_top_3

総務省発表、4K/8K実用放送業務の認定申請の受付結果。キー局BS、衛星事業者10社が申請

総務省は10月19日、BS・東経110°CSによる4K/8K実用放送の業務の認定申請の受付結果を発表した。 今回、10者(社)から認定申請があり、東経110°CSによる4K試... 続きを読む

161020_vyu_top

Vyu360 4K 360°アクションカメラ、速攻資金調達達成。クリスマスシーズン前に299ドルで発売へ

米Vyu360がキックスターターで資金調達を開始したのは10月17日。それから24時間経たない内に目標額を達成し、商品化する全方位4Kアクションカメラ「Vyu360 4K VR 3... 続きを読む

トップ > ニュース > NTT-ATのHEVCコーデックが4:2:2/10bitに対応。4Kコンテンツ市場を狙う